コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

アフターコロナのポーランド予想!衛生意識は向上してもマスクはしない

アフターコロナのポーランド旅行
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

サッと3分程度で読めます

 

読者さん
海外旅行が安心して行けるようになったら、まずポーランドに行きたい!待ち遠しいけど、ちょっと心配だな…。
あやか
これまでに海外でのアジア人差別が話題になったり、マスクをしないとかで色々気になるニュースがありましたよね。
読者さん
そうそう。観光業の人たちはともかく、道ゆく人とかにイヤな顔されないかな。やっぱり気持ちよく旅行したいから。
ポーランドの入国・規制情報

ヨーロッパおよびポーランドの新型コロナ対策措置・入国制限に関する情報

.

パンダ

アフターコロナのポーランド

❶ これまで通り外国人ウェルカム
❷ 消毒や除菌などは積極的に行う
❸ 風邪でもマスクは着用しない
❹ 博物館は展示数を若干減らす
❺ チケットは事前購入がベター
❻ ホテルや交通系の物価が上がる

.

あやか
あくまで私の予想ですが、ざっくりまとめるとアフターコロナのポーランドは上記の点が当てはまるかな、と思います。
読者さん
なるほど〜。
もうちょっと詳しく聞かせて!

.
.

消毒

1. これまで通り外国人ウェルカム

アジア人でも分け隔てされない

 コロナ禍でもポーランド国内や近隣諸国からのお客さまをご案内する機会がありますが、差別されたという話は聞きません。観光客が減ってアジア人が珍しくなっても今まで通りふつうに声を掛けてもらえるし、初めて見る人にイヤな顔をされたり差別発言を受けたこともないです。ポーランドでも観光/飲食業界は切羽詰まっているので、アジア人含め、外国人はいつでもウェルカムでしょう。

ポーランドで体験したコレってアジア人差別?在住者が明かす具体例4つ

新型コロナ影響による海外アジア人差別の現状/不快な発言への対処法

.

2. 消毒や除菌などは積極的に行う

衛生意識は以前より高くなる

 2021年3月現在、ポーランドでは飲食店やスーパー、ホテル、観光施設など不特定多数の人が出入りする場所では消毒スプレーの設置が義務付けられています。これもコストがかかるので収束後は設置する場所が減るでしょうが、スタッフはコロナ禍前よりも頻繁に店内・施設内を消毒すると思います。ドラッグストアで入手できる抗菌グッズも増えているので、衛生意識は向上するでしょう。

ドラッグストアで買えるもの(ポーランド語)

ポーランド語×ドラッグストア|フェイス, ボディ, ヘアケア, 薬&掃除用品

.

3. 風邪でもマスクは着用しない

欧米人はマスクにうんざり!

 コロナ禍前の欧米では、一般人が店頭でマスクを入手することは不可能でした。それがここ1年で誰もが外出時にマスクをし、マスクはどこでも買えます。しかし、できればしたくない人ばかり。着用義務が解除されれば自ら進んで使用することはなさそう。一方、密室空間での咳には以前よりも敏感になっているので、咳き込むほど調子が悪い人は外出そのものを控えるようになるでしょう。

.
.

4. 博物館は展示数を若干減らす

あるいは展示スペースを増やす

 感染予防におけるソーシャルディスタンスという概念が生まれて以来、多くの博物館や美術館が展示の配置や数を変更しています。展示物と展示物の距離をできるだけ空けるため、展示数が少なくなってしまったところも多々…(特にアウシュヴィッツは徹底している状況)。また同様の感染症がいつ流行っても対応しやすいよう、密になりそうな展示方法はなるべく避けるようにするでしょう。

◯曜日がお得!入館無料の日があるクラクフの博物館一覧

◯曜日がお得!入館無料の日があるワルシャワの博物館一覧

▲無料の日は現地入手が基本なので注意

.

5. チケットは事前購入がベター

ただしこの傾向は前からあった

 コロナ禍以降、博物館や美術館など入館料を必要とする施設ではオンライン決済(事前購入)を導入するところが増えました。同様に時間ごとの人数制限も設けられていますが、これはポーランドでは以前からごくふつうにあったこと。教会など、宗教施設では基本的に現地購入となります。スムーズに確実に観光するためにも、訪問前は公式HPを確認してチケットを購入しておきましょう。

【最新版】アウシュヴィッツ博物館ネット訪問予約の手順を画像付きで丁寧解説

ヴィエリチカ岩塩坑オンラインチケットの購入方法

.

6. ホテルや交通系の物価が上がる

もうすでに上がりはじめている

 コロナ禍がなくとも物価は年々上がっていますが、損失が大きかった分、ホテルや観光施設、交通系の料金は全体的に上がりそうです。たとえば、クラクフの公共交通機関は以前まで20分乗車で2.80PLN(約84円)でしたが、2021年2月から4PLN(約120円)となっています。ホテルも今はかなり安いですが、観光業が完全復活すれば大幅値上げはやむを得ないかもしれません。

旅行予算

観光ガイドが教えるポーランド旅行予算の目安|1日5千円あれば満足感アリ

.
.

ちょっと、つぶやいていい?
アイコン 初めてのロックダウンが実施されてから早1年が経とうとしています。年内に観光業界が盛り返すかはかなり微妙ですが、ワクチン接種済みであれば行動範囲はかなり広がりそう(免疫パスポート)。ただ、ワクチンの持続期間が分かっていないので、仮に今ワクチンを打ったとしても半年以内有効とか制限がつきそう…。
 最後に日本に帰ったのは2019年の年末から2020年の年始にかけて。一応、去年の頭までは日本にいたんですよね。トータル1ヵ月ほど。日本に帰れるのは早くとも今年の冬か、来年かと思っています

COVID-19ワクチン

【各社別副反応】新型コロナのワクチン接種前に知っておきたいこと5つ

.
.

 

ひと言応援メッセージ送信&投げ銭できます (^ ^)   ポーランドなびを応援する
あやか
この記事がお役に立ったら、Facebookページをフォローしていただけると嬉しいです!
Facebookページをフォローしよう

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

こちらの記事もおすすめです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です