コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

【信者が徹底解説】キリスト教の最大教派・カトリックってどんな教え?

The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

この記事の内容
 文化庁による2019年度宗教統計調査をもとに計算すると、日本にいるキリスト教徒の割合は約1.07%。その中でもカトリック教徒は44万人強となっており、これは日本全人口の0.3%にあたります。また都道府県別で見るとカトリック教徒が最も多いのは圧倒的に東京ですが、2番目は長崎です。
 
 キリスト教そのものについては別記事 なぜ、キリスト教徒はイエスを信仰するのか をご覧ください。当記事では「カトリックとはキリスト教の中でどういった教えを持つ教派か」というテーマでカトリックについて解説します。
 
教会
この記事の目次
カトリック教会の概要
  階級組織で成り立つ宗教機関
  真面目だが柔軟な考えをもつ
  一体感に重きを置く教派

ローマ教皇ってこんな人
  イエスの一番弟子の後継者
  平和活動で世界を駆け回る

カトリック教会の考え方
  罪への意識が果てしない
  分け隔てなく人を愛する
  婚姻の無効と例外の再婚
  教会は「神の家」でもある

天国は想像すらできない場所
日本人が知るべきコルベ神父
この記事のまとめ


.


.

カトリック教会の概要

ローマ教皇(ローマ法王)を頂点とした、約13億人という世界最多の信者を持つ世界最大のキリスト教組織、それがカトリックです。

キリスト教の教派はカトリック(+ロシアやギリシャなどの正教会)とプロテスタントの2つに大きく分けることができます。
まずはカトリックについて把握し、それからプロテスタントにも少し触れてみましょう。

 

階級組織で成り立つ宗教機関

Embed from Getty Images

カトリックは教会が最大の権限を持つというのが特徴であり、個々の自由な信仰に任せるプロテスタントとは大きく異なります。

カトリック教会に所属する人々は多い順に一般のカトリック教徒、修道士・修道女、助祭、司祭(神父とも)、司教、大司教、枢機卿すうききょう、そして最後にローマ教皇となっています。

カトリックの階級 つまりピラミッド型の階級組織となり、上にいる少ない者ほど権限が強く、その頂点がたった一人のローマ教皇というわけです。

会社にも階級組織があるように、世界中に十数億人も信者がいるカトリック教会にとって皆を同じように扱うことは不可能…。
カトリック教徒ではこのしくみに不満を持つ者は一人もおらず、その根本的な部分に意義があるならばプロテスタント教会へ移ります。

あやか
ちなみに聖職者は私物をほとんど持っていません。ローマ教皇クラスになると各企業や団体から高価な贈物を頂くこともありますが、たいてい競売に出されてチャリティー資金になっています。例えば、下記ニュースのランボルギーニは日本円にして約8千5百万円で落札され、慈善基金に分配されたそうです。
ローマ法王、贈呈されたランボルギーニ サイン付きで競売へ

 

真面目だが柔軟な考えをもつ

Embed from Getty Images

プロテスタントや無神論者に「カトリックはどんなイメージ?」と聞くと「すごく厳しそう」という答えがよく返ってきます。
私自身も結婚を機にカトリックになりましたが、非カトリックの人たちから「大変だね」といった同情の言葉?を多く貰いました。

例えば婚前交渉禁止、離婚できない、同性愛は認めないとかが表向きには有名です。
詳細は「カトリック教会の考え方」で触れますが、とにかくプロテスタントに比べて「してはいけない」という教えが多いのは事実

しかし、現在のカトリックは根本的な教義からは外れない程度に時代のニーズに合わせて変化しており、案外柔軟なんです
世界平和に向けてイスラム教や仏教など他宗教のリーダーとも話し合いますし、信仰問わずローマ教皇を尊敬する人が多いのも事実です。

またプロテスタント教会との和解も進んでおり、互いに長年の対立が生まれる原因となった宗教改革すらも共同で記念しています。
.

契機となった第2バチカン公会議
 今から50年以上も前の1962年〜1965年、ローマ教皇パウロ6世のもとで第2バチカン公会議が開かれました。この会議ではカトリック史上初めて世界五大陸から参加者が集まり、教会の現代化をテーマに多くの議論がなされました。この公会議以降、教会は比較的柔軟な考え方に変わったと言われます。またミサのかたちも大きく変わり、20世紀半ばでも未だ伝統的にラテン語で行われていたミサはようやく世界各国の言語で行われるようになりました。
ピオトル
公会議以前は聖書の朗読もラテン語で、一般の信徒はミサに参加しても内容がさっぱり分かりませんでした。今では神父さんの説教中にジョークが出て信徒がクスッとする場面もあったり、子ども向けに絵を使った易しい説教もできますが、当時はあり得なかったでしょう。

 

一体感に重きを置く教派

Embed from Getty Images

16世紀、カトリックの合理化された階級組織がゆえに教会が力を持ちすぎたことが原因で「宗教改革」という分裂が起きました。

当時の政治闘争や思想、文化、経済など複雑な背景もありましたが、そのほぼすべてに教会が絡んでいたのは社会問題でした。
そこで、修道生活を送っていたドイツ人聖職者マルティン・ルターはこう訴えたのです。

ルター
免罪符を買わなければ罪は許されないってどう考えてもおかしいじゃないか!我々はローマ教皇に貢がないと救われないのか?なぜ聖職者は結婚してはいけないんだ?
よし、ローマ教皇に直談判だ!
.
ルターは「救いへの道は信仰にある」と説きましたが、結果的に破門されました。
しかし一部の賛同した人々はルターに付き、カトリックの教義に納得のいかない人々が集まってプロテスタント教会が生まれたのです。

ただ、今や世界には4万をも超えるプロテスタン教派があると言われています。
プロテスタント同士でも聖書の解釈がちがうだけで分裂を繰り返すので、そうなると「プロテスタントA教会とN教会では言っていることがバラバラ…!」となってくるんですね。

対して、一つだけのカトリック教会は一体感が強く感じられる伝統的教派と言えます。
.
本来のカトリックの姿
 中世のカトリック教会は十字軍遠征や異端審問、免罪符の発行などで多くの人々を苦しませました。ローマ教皇が過去の悪事について正式に謝罪したのは、宗教改革から約500年後のことです。
 しかし、これらの罪深き史実と「聖書の教え」はまったく異なるもの。カトリック教会が起こした災いは人によって起きたことであり、今のカトリックを批判する理由にはなりません。また中世からカトリックの修道院は多くの弱い立場の人々を助けており、そのような平和活動や善行も数知れないのです。

.
.

ローマ教皇ってこんな人

日本ではローマ法王と呼ばれる場合もありますが、正式には「ローマ教皇」です。
現在のローマ教皇は使徒ペトロから数えて266代目であり、アルゼンチン出身の教皇フランシスコが2013年から就任しています。

ところで、国交や政治など公的な場において世界で最も偉い人は天皇陛下とローマ教皇と言われているのをご存知でしょうか。
世界最古の王室の皇帝が天皇陛下、世界一長く存続する宗教機関のトップがローマ教皇であり、平和を願う姿も重なる面があります。

 

イエスの一番弟子の後継者

Embed from Getty Images

イエス・キリストは生前、十二使徒の一人であるペトロに鍵を託しました。

それは死後の楽園、新しいエルサレム(天国)へ行くための鍵であり、その鍵を受け継ぐ後継者がローマ教皇というわけです。
実際に目に見える鍵ではないのですが、このことはしっかりと聖書にも書かれています。

マタイ 16:17-19
 
―これに答えて、イエスはペトロに仰せになった。「〜(省略)わたしはこの岩の上に、わたしの教会を建てる。陰府の国の門もこれに勝つことはできない。あなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、すべて天でもつながれ、あなたが地上で解くことは、すべて天上でも解かれる。」
この意味は、イエスはペトロだけに死後の楽園の鍵を渡したのではなく、それぞれの教会に鍵を渡したと解釈してください(ただし教派によって解釈の仕方が複数あります)。

しかしペトロがその言葉をイエスから直接授かっため、カトリックでは伝統的にペトロの後継者をローマ教皇として定めているのです。

Embed from Getty Images

ちなみに世界遺産にも登録されている世界最小の国、バチカン市国はカトリック教会のもつ国土であり、統治者はローマ教皇。
カトリックの総本山かつローマ教皇の居住地になっており、人口は約850人だそうです。

私も訪れたことがありますが、バチカン市国の広場にある140体の聖人像と柱、サンピエトロ大聖堂(写真上)は圧巻。
その歴史的価値からも目を見張るものがあり、一生に一度は行くべき場所と言えます。

あやか
十二使徒ペトロの本名はシモン。ペトロはギリシャ語で「岩=教会の礎石」という意味で、イエスはシモンを特に信頼していたのでそう呼んでいました。ポーランド語でペトロはピオトル(Piotr)といい、私の夫もピオトル、義兄もピオトル、とにかくすごく人気の名前です。

 

平和活動で世界を駆け回る

Embed from Getty Images

写真上は2014年、バチカンでの安倍総理と教皇フランシスコの謁見えっけんのようす。
詳細は外務省HP 「安倍総理大臣のバチカン訪問」で確認できますが、このように教皇は世界中のあらゆるリーダーと会談を行い、世界平和の実現を模索しているのです。

ローマ教皇のイメージを一新したのは、スラブ人/ポーランド人初の教皇となった第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世
選出された1978年、母国ポーランドは共産党政権下における抑圧に苦しんでいました。

青年時代に第二次世界大戦とナチスによる迫害を経験し、その後はソ連による圧政からの解放を強く望みつつ神父として戦い、誰よりも世界平和を願った人物の一人と言えます。

ヨハネ・パウロ2世については、ウィキペディアにもこのように書かれています。

「冷戦末期において、世界平和と戦争反対への呼びかけと、呼びかけだけにとどまらない数々の平和行動を実践し、一党独裁にあった母国ポーランドを初めとする民主化活動の精神的支柱としての役割も果たした。生命倫理などの分野でのキリスト教的道徳観の再提示を行い、また、宗教間の問題に温和な態度で臨み、他宗教や文化との対話を呼びかけたことは宗教の枠を超えて現代世界全体に大きな影響を与え、多くの信者・宗教関係者から尊敬されている。」— Wikipedia

Embed from Getty Images

故ヨハネ・パウロ2世の訪日から38年経った2019年11月、フランシスコ教皇が来日したのをご存知の方も多いでしょう。

たったの4日間で東京・長崎・広島を訪れながらさまざまな行事にも出席し、総勢8万人の前でミサを行い、教皇だけに強行突破スケジュールなんて言われたりもしました。

長崎と広島では核廃絶を訴えながら平和を願う演説を行い、東日本大震災の被災者の方々と面会して復興を祈り、安倍総理との対談では核兵器のない国の実現、そして北朝鮮による拉致問題についても意見交換されたようです。

ピオトル
ポーランドの一般家庭にはヨハネ・パウロ2世の写真が飾られていたりしますが、これはごく普通の光景です。ヨハネ・パウロ2世はポーランド人のローマ教皇として大きな誇りでもあり、また聖人として広く崇敬されています。もし皆さんがポーランドを訪れれば、至るところでヨハネ・パウロ2世の写真や絵、銅像を見かけることでしょう。

.
.

カトリック教会の考え方

カトリックは客観的に見ると、男女関係や倫理的問題に対して厳しい宗教です。
世界がリベラル化しつつある現代、カトリックの教義はしばしば時代遅れのように映り、それも教会離れが進む原因かもしれません。

とは言っても、世界最大の信者をもつカトリックが衰えることはないでしょう。
次に触れるカトリックの主な考えを把握すれば、新たに見えることがあると思います。

 

罪への意識が果てしない

Embed from Getty Images

カトリックでは告解こっかいという、自分が犯した罪のゆるを得るための「信仰儀礼」を最低でも年に一度は行います。
神父さんに直接話を聞いてもらうため、慣れるまではどうしても苦手意識を抱くものです。

さて、私が夫と付き合いだして間もない頃、こんな会話をしたことがありました。
.

夫ピオトル
結婚した男女は、その後もお互いにとって常に魅力的でなくてはならないんだよ。もしそれを怠ったのなら、それは罪。家事を手伝わないのも罪、そもそも良い夫として、妻として心がけないのが罪だから。
あやか
……。何でもかんでも罪にして、これじゃ自由がないとは思わないの?神様はそんなに心が狭いの?

 

そこまで罪意識?!

なんとカトリックの教えでは、ちょっとした口ゲンカや八つ当たり、飲み過ぎなど日常の些細な過ちも罪になると言うのです。
もちろん当人がそれを罪と思わなければ罪意識すらありませんが、それでも「あれは悪かったな」と感じることなんて山ほどあります。

しかし裏を返せば、そのような過ちを犯せること自体が自由であり、私たちはその自由によって神にこたえることができるのです。

7つの秘跡
7つの秘跡(サクラメント)
神は、私たちが罪を犯さずに生きていくのがどれだけ困難であるかを知っています。

だからこそ、最初の秘跡「洗礼」の後に6つの秘跡(サクラメント)を与えました。
秘跡とは「神からの恵み」であり、イエスは人が罪を犯したとしてもそれらを悔い改めることによってすべての罪は赦されるとしました。

告解は罪を犯した罰ではありません。
自分が犯した過ちを反省するために告白するのであって、またその罪を直接打ち明けることによって当人の気持ちも楽になるのです。
.
中には赦されない罪もある
 すべての罪は赦される、と書きましたが、犯した罪の度合いによってはまさしく「神のみぞ知る」ところ。最も重い罪はどんな理由があるにせよ、中絶と自殺です。中絶は、胎児は意思表示も抵抗をすることも出来ないまま堕ろされるので殺人より重い罪とされます。また自殺の場合は、自ら命を絶ってしまっては赦しを請うことも反省すらもできません。しかしこれらの罪を犯した者が地獄に行くかどうかは神が決めること。ローマ教皇も「誰が天国に行くか地獄に落ちるかは私の判断することではない」と述べてます。

 

分け隔てなく人を愛する

Embed from Getty Images

聖書には「相手が罪人であろうとその人をゆるし、愛しなさい」と記されていますが、これがつまり隣人愛りんじんあいというもの。
しかし、いったい誰が凶悪犯罪者に対して温かく接することが出来るというのでしょう?

そこで、率直に神父さんに聞いてみたところ、「罪人ですら赦すことが出来ずに、どうして神が人を愛することができるだろうか」という思いもよらぬ答えが返ってきました。

確かに、それもそうです。

現実的に一人ひとりが実践できるかどうかは別としても、昔から多くのキリスト教徒たち(特に修道士や修道女)は伝染の危機も顧みず病人の世話を行ったり、貧しい人々に恵みと施しを与えたり、自らの人生を人々のために尽くすといった善行を繰り返してきました

また1981年、故ヨハネ・パウロ2世がバチカンである人物に銃撃されて重傷を負うという暗殺未遂事件がありましたが、ヨハネ・パウロ2世は後に犯人と刑務所で面会しており「私は彼を心から赦します」と述べています。

あやか
カトリックではカリタスという援助活動があり、献金を通して難民、戦争や自然災害の被災者を支援できるシステムがあります。
たいていミサの最後に神父さんが「今、◯◯◯で困難な状況の人々のために献金をお願いします」と呼びかけ、ミサ終了後に専用ボックス/カゴにお金を入れていきます。

 

婚姻の無効と例外の再婚

Embed from Getty Images

カトリックでは互いの自由意志に基づいて結婚をした場合、まず離婚できません。
宗教上離婚という概念がなく、カトリック教徒が法律に乗っ取って離婚した場合は黒い羊(厄介者)として見られることが多いです。

ただ万が一に備えて婚姻の無効という救済措置があり、教会が認めれば成立します。
結婚前にさかのぼり婚姻を無かったことにするという意味であり、これを簡単に認めてしまうと「婚姻の無効」の乱用が起こり得るため、相当なレベルでないと認めてもらえません。

また、特別に再婚を許すこともあります。
たいていは死別で子どもがいる場合に適用されるのですが、それは子どもが幼ければ幼いほど一人で育てていくことが困難だからです。

そうは言っても人間同士なので、相手を見誤ったり騙されることもあるでしょう。
そこで結婚前に個別で神父さんと面談を行い、結婚後に「こんなはずじゃなかった」という事態を出来る限り防ぐようにしています。
花束を持つ少女

入信プロセスを分かりやすく解説|成人洗礼を決意してから結婚までの流れ

 

教会は「神の家」でもある

Embed from Getty Images

キリスト教文化のヨーロッパにおいて、「教会は祈る場所だから必要以上にお金を掛けることはない」という声がたまに聞かれます。

確かにカトリックとプロテスタントそれぞれの教会を比べると、カトリックはとんでもなく豪華絢爛な内装が多いのは事実。
祭壇には黒と金の繊細な装飾が施され、光の芸術が際立つ美しいステンドグラスが目を惹き、神に対する尊厳を感じることが出来ます。

その素晴らしい装飾の数々こそが、信者にとって教会がどれほど大切な場所であるのかを物語っているのではないでしょうか。

カトリックにとって教会とは祈るだけの場所ではなく、神がおられる家でもあります。
ならば、自分の家や所有物以上にお金をかけるのは当然のことなのかもしれません。

また、政府が教会に修復費を援助するのを嫌う人もいますが、キリスト教文化は現代のヨーロッパを作り上げた基礎と言える部分。
美しい教会を自国に持つのであれば、自身がキリスト教信者でないにしてもその文化に誇りを持つべきではないのかな、と私は思います。

ピオトル
キリスト教にはもう一つ、正教会オーソドックスというカトリックと教義のよく似た伝統的教派があります。カトリックとの共通点も多く、正教会の装飾も芸術的に素晴らしいです。特に祭壇の周りにあるイコンと呼ばれる聖画の数々には圧倒されます。

.
.

天国は想像すらできない場所

Embed from Getty Images

端的に言うと、キリスト教徒は死後天国へ行くために聖書の教えを守っています。
しかし聖書には天国に関するヒントがいくつかあるものの、死後に起きること、天国という場所について具体的に言及していません。

ただ間違いなく言えるのは、天国は「永遠の幸福に満ちているところ」であること。

白い衣を羽織った天使がたくさん飛んでいて、自分も自由に飛び回ることができて、綺麗なお花畑が一面に広がっている……
なんていうのは、私たちがつくったステレオタイプの仮想天国なので一旦お忘れください。

肩透かしを食らったかもしれませんが、実は天国は想像すらできない場所です。
そこで、「カトリック教会の考え方」で触れた「例外の再婚」について考えてみましょう。

Embed from Getty Images

カトリックでは離婚という概念がないにも関わらず、再婚することができます。
そうすると、「もし自分が先に死んで夫(妻)が再婚したら、死後再会したときの自分の立ち位置はどうなるんだ」と思いませんか?

しかしそもそも私たちが結婚するのは幸せになりたいからであり、この世は愛する人と一緒になることで幸せを感じる世界です。

でも「永遠の幸福で満ちている天国」では幸せになるために誰かと寄り添う必要はなく、悲しみや妬みなど負の感情も一切ありません

その証拠に、教会で行われるカトリックでの結婚式ではこのような誓いを述べます。

花嫁
新婦となる私は、新郎となるあなたを夫とし、良いときも悪いときも、富めるときも貧しきときも、病めるときも健やかなるときも、死がふたりを分かつまで、愛し慈しみ貞節を守ることをここに誓います。

※新郎も同じように言います

聖書によって確実に言えることは、死は神によって意図的につくられた別れであり、天国における幸福は「愛」ということ。
それ以上のことはこの世にいる限りよく分かりませんが、神を信じ、善き人であろうと努力することが救われる道へとつながるのです。

【神のいる世界に賭けよ】死後、天国へ行くまでは海外旅行とよく似ている

 

日本人が知るべきコルベ神父

アウシュヴィッツで殉教したコルベ神父(1894〜1941)は6年間、ポーランド人宣教師として長崎で過ごしました。
カトリックであるないに関わらず、日本人の皆さんにぜひ知っていただきたい人物です。

【まとめ】アウシュヴィッツで殉教した聖コルベ神父の生涯

.

この記事のまとめ
 成人洗礼を受けた私だからこその視点で、カトリックについて特に知ってほしいことを解説しました。伝統的な教派だけに「理由はどうであれ、よくないことはよくない」とハッキリ言うこともありますが、結局のところ、このような考えは神からのお告げである聖書に由来するもの。
 
 またこのブログテーマに関連付けて言えば、ポーランドとカトリックは切り離せない関係であり、その理解なしにポーランド史をひも解くことはできません。そういう意味でも私は苦悩しながらもカトリックになってよかったと思っています!

誕生1050周年!信仰に見るポーランド歴史物語

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページのイイネの数でパワーをもらっています!


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2020

こちらの記事もおすすめです



3 件のコメント

  • アバター クタビレッチドツカレンスキー より:

    信じれる心の教えを持つことのできる人は幸せでしょうね。砂漠に花開いたキリスト教を見たいので「イスラエル・ヨルダン」へ行ってきます。キリスト集会所という所へ行ってみましたがなじめませんでした。

    • アバター Ayaka より:

      もともとキリスト教に無縁だった人が、大人になってから信仰心を持つのは簡単なことではありませんね。私も神父さんとカトリックの勉強をしている時、葛藤の連続でした。
      確かにエルサレムなど聖地に行くと、イエス・キリストの存在を実感するかもしれましせん。今日はエルサレム滞在なので、もう一度キリスト教の聖地を見てきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です