コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

ついに明日ワクチン接種!そろそろ変化が見えだしたポーランドのようす

5月の近況
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

この記事の内容
 コロナ禍&マスク必須の生活が始まって1年以上経ち、疲れも溜まってきました。一方で自分は最悪と言うほどの状況ではなく、またその一方でいつどう転ぶか分からないもの…
 5月半ば現在、ポーランドでは順調にワクチン接種も始まり、
制限緩和も次々と発表されています。このまま元の生活がゆっくりと戻ることを願うばかり!
.
.

アイコン
この記事の目次
順調に進んでいるワクチン接種
次々と制限解除、感染者も激減
平日ミサのほうが人が多い?
5ヶ月ぶりにショッピングモールへ
ポーランドのオリンピックニュース
夫がステイホームを上手に満喫中
この記事のまとめ
アフターコロナのポーランド予想!衛生意識は向上してもマスクはしない

.

.

順調に進んでいるワクチン接種

医者

 3月にワクチン接種の記事を書いた時点では「一般接種が始まったら早く打ちたい」という希望を出しただけだったんですが、早くて7月頃じゃないかと予想していました。

 しかしあっという間に一般接種が開始し、私たち夫婦は4月28日に手続き完了。
予約時の本人確認は銀行アプリを通して済ませることもあり、10分程の登録作業でした。

 しかも接種は5月15日で「案外早いな〜」と思っていたら、隣の市でもよければ5月5日に接種できるとのこと!(変更はせず)
時間さえ問わなければ最短翌日に接種できるくらいで、接種スピードはかなり順調です。

 さらに驚きなのが、通りかかった接種会場(大型スーパーの駐車場)で呼び止められてそのまま接種した人もいるんですよ。
本当に接種できるかは分からなくとも、空きを待って当日接種しようとする人もいます。
.

夫Piotr
5月14日現在、ポーランドでワクチンを少なくとも1回接種した人の割合は29.36%、2回接種した人の割合は11.21%!
あやか
日本も予約開始直後はトラブルがあったみたいだけど、ポーランドもあったよ。日本もスムーズにいきますように…。
ファイザー製ワクチン接種報告

【ファイザー2回接種完了】新型コロナワクチン接種報告|完了証明もゲット

COVID-19ワクチン

【各社別副反応】新型コロナのワクチン接種前に知っておきたいこと5つ

参考:NHK 世界のワクチン接種状況

 

次々と制限解除、感染者も激減

ワルシャワ 人々

 5月15日以降、マスクなしで外出可能(他人と1.5mの距離を確保できる場合)+外なら飲食店でも食事ができるようになります!

 それでも基本的には外出時はマスクが必要であり、テラスで飲食できるからってお出掛け頻度を一気に増やそうとは思いません。
一方で目に見えるかたちで制限が緩和され、ワクチン接種も進んでいるのは嬉しいです。

 ただ、こうやって制限緩和が始まると気の緩みが出て、また制限緩和→強化→緩和のループにはまってしまうかもしれません。
ちょうど今週から暖かくなるので、週末だけでも遠出するぞ!っていう人は増えるかも。

 私は基本ステイホームですが、経済を回す必要があると強く思っています。
だから今月中にどこか1回でも外食しに行きたいし、クラクフにたくさんあるお気に入りのお店が閉店になってないことを願うばかり。
.

夫Piotr
この頃の新規感染者は4,000人台を推移してるけど、3月下旬あたりは多い時で1日3万人!身近でも感染者が増えてた。
あやか
3〜4月は復活祭前後で浮かれる人も多かったからね。でも、日本に住んでる人からすると1日何万人とか絶叫レベル…。

 

平日ミサのほうが人が多い?

教会 ミサ

 禁止のお達しがでない限り、毎週日曜日は家族3人で教会のミサに参加しています。
専有面積での人数制限があるため、コロナ禍に入ってからは参加者はかなり減りました。

 そしてこの間、平日の夕方から行われるミサに参加する機会がありました。
そこそこ大きな教会になるとほぼ毎日ミサをやっていますが、自発的に平日のミサに通う信者は全体の数割くらいかな?と思います。

 だから平日のミサはスカスカかと思いきや、日曜日の2倍以上の人がいて衝撃!
神父さんも5人くらいいたので、それはもう日曜日より日曜日らしいミサに見えました。

 日曜日はミサの回数を増やして分散させていますが、平日のミサは今まで通りなので人数が増えてしまうのかもしれません。
それでも人数制限はきちんと守られていて、多すぎたら立て札?みたいなのが置かれます。
.

夫Piotr
みんな日曜日は多いって思って行かないのかもね。多かったら中には入れないし。でも、それでバランス取れてる。
あやか
ベビーカーと高齢者の人は明らかに減ってる!当然といえば当然だけど、みんなYouTubeとかで見てるのかな〜。
.
.

.
.

5ヶ月ぶりにショッピングモールへ

ショッピングモール

 先々週、久しぶりにショッピングモールが開いたので娘の服を買いに行きました。
完全閉館ではないものの、スーパーとドラッグストアくらいしか開いていなかったんです。

 ポーランドのアカチャンホンポ的な smykスメク メガストアに行ってきたんですが、私はここのブランドの服がなんとなく好き。
価格帯は ZARA と同じくらい手頃で、すぐ成長する子どもにはちょうどいい感じです。

 最後に行った去年12月はベビーウェアコーナーで80サイズの服を買ったんですが、1歳9ヶ月の現在、90サイズがピッタリ。
そして90サイズはベビーじゃなくキッズコーナーになることを知り、成長を実感

 平日の夕方だったためか大きなショッピングモールでもそれほど人はおらず、家族連れやカップルとたまにすれ違う程度。
飲食店がすべて閉まっていたので、深夜のショッピングモールに来たような感じでした。
.

夫Piotr
そういえば、smykとROSSMAN(ドラッグストア)しか行ってないよね。子どもとの買い物はエネルギー使う!
あやか
買い物帰りにお気に入りのアイス食べに行こうと思ってたけど、気温10℃+強風じゃそんな気分にもならなかった。
ポーランドのアパレルブランド

ポーランド発人気ファッションブランドBEST10|日本人も絶対欲しくなる

 

ポーランドのオリンピックニュース

オリンピック

 ポーランドでも「大多数の日本人はオリンピックを望んでいない」というニュースが上がっていますが、ポーランドのオリンピック公式はそのことについて触れていません。

 ポーランドオリンピック委員会会長のアンジェイ・クラシニツキ氏のインタビューによると、東京へ行くポーランドのオリンピック選手は最大240人の見込みだそうです。
一方でTVPニュースでは、339種目のうち96種目の参加&現時点で約160人とのこと。

 同氏のインタビューはオリンピック開催が日本とIOCにとって困難であることを強調しながらも、4〜5年間と大会のために準備してきたアスリートに寄り添ったものでした。

 私は反対派で、「大多数の人が望まないオリンピックを今開催することに、果たして本当に意義があるのか」と感じています。
参加する選手を非難するつもりはなく、どちらかと言うと関係者さんの行動が心配かも。
.

夫Piotr
オリンピックは平和の祭典って言うけど、平和の定義ってハッキリしてないよね。戦時中よりは平和なんだろうけど。
あやか
日本はただただ不運としか言えない。でも真夏&湿気で冬ほどウイルスが活性化しないのは不幸中の幸いかもしれない。

 

夫がステイホームを上手に満喫中

ベランダ

 夫が色んな植物を育てていて、いつの間にか家の中でバナナを育てていました。
バナナって観葉植物にもなるみたいですよ。

 実家の庭や家庭菜園の影響なのか、ステイホームで園芸ブームと言わんばかり。
私は小さい虫も不快に思ってしまうほど虫が苦手なのでまったく参加しておらず、日頃の水やりもお世話もすべて彼一人でやってます。

 いつの間にかローチェストの上に8つもの鉢が並べてあって「もう増やさないで」って言ったら、今度はベランダを菜園化!
私はベランダにはほとんど出ないし、ノータッチなのでどう使ってもらってもいいですが(洗濯物は専用の部屋で乾燥させてます)。

 昨日も実家から新しい鉢を2つゲットし、さっそくベランダで植え替え作業中
親に「この前初めてホームセンターの園芸コーナーを覗いたんだけど天国だった」という話をしていたのでこれから本格化しそう…
.

夫Piotr
ミニトマト、ラズベリー、ブルーベリー、プラム、サクランボ、ほかにも色々育ててるよ。夏の収穫が楽しみだなぁ。
あやか
いくら何もしなくていいって言われても、部屋がどんどん狭くなるのがイヤ!もうベランダ以外は置かないでね。泣
ステイホーム

コロナ禍で職を失った観光ガイドはどうしてる?ポーランドにいる私の場合

.
.
.

この記事のまとめ
アイコン 新型コロナに関する話題も挟みながら、久しぶりに日常的なことを書いてみました。読者さんはコロナニュースにうんざりしていると思いますが、ポーランドでのリアルな話はいかがだったでしょうか。ポーランドでのワクチン接種がかなり進んでいる(100人あたりの接種回数は世界10位)ことに驚いた方もいるはず。私も何回か数え直すほど驚いてしまいました。
 そして、5月からは段階的に制限解除も始まり、雰囲気は明るくなってきています。まぁ、日本の第4波関連のニュースを見ているとやっぱり気持ちは沈みますが。何でもない日常にも感謝して生きないと…!

アフターコロナのポーランド旅行

アフターコロナのポーランド予想!衛生意識は向上してもマスクはしない

 

ひと言応援メッセージ送信&投げ銭できます (^ ^)   ポーランドなびを応援する
あやか
この記事がお役に立ったら、Facebookページをフォローしていただけると嬉しいです!
Facebookページをフォローしよう

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2021

こちらの記事もおすすめです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です