コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

3度あったモンゴルのポーランド侵攻|13世紀のポーランドは地獄絵図だった

ポーランドのモンゴル侵攻
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

サッと3分程度で読めます

 

夫ピオトル
中世ポーランド最大の危機といったら、3度もあったモンゴルの侵攻!モンゴルの攻撃力は周辺国の比じゃなかった…。
あやか
クラクフにもモンゴルの侵攻の爪痕が残ってるし、それにまつわる伝説もある。観光ガイドのときは必ず説明するよ。
夫ピオトル
モンゴルには散々な目に遭わせられたけど、学ぶこともあったのは事実。ボロ負けでも戦力は確実にアップしたんだ。
ポーランドの歴史

7分で分かるポーランドの歴史!建国から社会主義脱却までの千年を総括

日本もモンゴルに侵攻されました(元寇げんこう
1274年-文永ぶんえいの役、1281年-弘安こうあんの役

チンギスカン
モンゴルのポーランド侵攻の背景

 1206年、現在のモンゴル一帯の有力家系出身チンギス・カン/ハンが周辺遊牧民や部族を統合し、モンゴル帝国を築いた。建国と同時に勢力を急速に拡大し、チンギス・カンの後継者オゴデイ・カンは西へ向かって世界征服を狙う。このヨーロッパ侵攻の最終目標はハンガリーとブルガリアを支配下に置くことであり、ポーランドはモンゴル軍・ハンガリー突入部隊の経由地に過ぎなかった。モンゴル軍は通った道や街を驚異的な攻撃力で破壊し、ポーランドをたちまち壊滅的状況に陥らせる。

.
.

ボレスワフ3世の遺言による分割

当時のポーランドの状況

 1138年の君主ボレスワフ3世の遺言により、ポーランドはいくつもの地域に分割され、それぞれを息子たちが統治することになっていた。また年長者はポーランドの最高権威者と定められ、首都クラクフがあるクラクフ大公国一帯を治めることができるという特権付きだった。これがポーランド国家の長い分裂と権力争いを生み、その真っ只中でモンゴル軍がポーランドを襲う。この絶対絶命の危機に協力し合う者もいたが、国の復興にも時間がかかりポーランドの地方分権化が進む結果となった。

ポーランドの歴史 12世紀前半

【12世紀初頭〜】ポーランドの歴史|国家分裂で身内同士が2百年以上も対立

.
.

レグニツァの戦い
1241年1月〜4月(日本 鎌倉時代)
第1次ポーランド侵攻

1240年12月、チンギス・カンの孫バトゥ率いるモンゴル軍がヨーロッパ侵攻開始。1月にはポーランド東部に入り着実に周辺地域を攻め落とし、3月には首都クラクフを攻撃。深刻なダメージはあったがヴァヴェル周辺は辛うじて守られる。モンゴル軍はさらに西へ向かい、ヴロツワフとその一帯を破壊してハンガリー南部へ移動した。


レグニツァ/ワールシュタットの戦い
 1241年4月9日、ポーランド西部のレグニツァで起こった戦闘。相当数のポーランド軍と地方騎士団がモンゴル軍に立ち向かうが、モンゴル軍の圧勝。ポーランド軍を率いたヘンリク2世(当時のクラクフ公)は捕虜となりレグニツァ城でさらし首となった。

レグニツァってどんな街?

1259年末から翌年にかけて
第2次ポーランド侵攻

第1次侵攻で軍を率いたバトゥの弟ベルケが先頭に立ち、ハンガリー国王ベーラ4世とクラクフ公ボレスワフ5世に向けて攻撃開始。首都のあるマウォポルスカ地方ではモンゴル軍の動きを想定して早くから守備を固めていた。しかしモンゴル軍の戦闘力は脅威的であり、1260年2月にサンドミエシュを降伏させ、クラクフを再び破壊した。

1287年末から翌年にかけて
第3次ポーランド侵攻

チンギス・カンの孫ノガイ率いるモンゴル軍が再度サンドミエシュとマウォポルスカを侵略。これまでの侵攻と比べて小規模であり、レシェク2世(当時のクラクフ公)の防衛計画によって優位な立場を取った。モンゴル軍はポーランド・ハンガリー連合国軍の動きを見て早々と撤退を決め、結果的にはクラクフにてモンゴル軍の敗北で終わる。

13世紀末
国内でようやく国家統合の兆し

.

夫ピオトル
まさに、2度あることは3度ある…。最後はモンゴル軍が自ら撤退したけど、それでもかなり被害があったみたい。
あやか
ポーランドがモンゴル帝国の一部になる可能性もあったけど、そのときのモンゴルにその気がなくて本当によかった!
.
.

モンゴルのポーランド侵攻による影響

深刻な略奪被害と主要都市や街の破壊
ポーランド中央〜南西部の荒廃
数万人の捕虜と虐殺による人口減少
ヘンリク1世の急死でさらなる地方分権化
ポーランド国家統一の動きが後退
ポーランドと周辺国の関係の弱体化
人口減少を補うための移民計画が進む
ドイツ移民増加による西部地域のドイツ化
要塞強化・増築、戦術・戦闘力の向上

.
.
.

ちょっと、つぶやいていい?
アイコン 私はもともと歴史や世界史には興味がなく、ポーランドに来てから歴史をやり直しました(日本史はまだ)。それでも、小学生で初めて習った元寇は衝撃的だったのでよく覚えてます。”てつはう” という火薬で攻撃するところの絵も…。
 そういえば、ポーランドでできたモンゴル人の友だちを家に招待したとき、お土産に渡されたのがチンギスハン(今はチンギスカンって習うらしい)のストラップでした。さすが、モンゴルの英雄

ポーランドの歴史

7分で分かるポーランドの歴史!建国から社会主義脱却までの千年を総括

.
.

 

ひと言応援メッセージ送信&投げ銭できます (^ ^)   ポーランドなびを応援する
あやか
この記事がお役に立ったら、Facebookページをフォローしていただけると嬉しいです!
Facebookページをフォローしよう

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2021

こちらの記事もおすすめです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です