コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

【12世紀初頭〜】ポーランドの歴史|国家分裂で身内同士が2百年以上も対立

ポーランドの歴史 12世紀前半
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)
ポーランドの歴史

 当記事では、ボレスワフ3世の治世と彼の遺言である 年長制領土相続制度(200年以上にわたる国家分裂時代)について説明します。

.

ポーランドの時代区分

ピャスト朝 966年〜1370年
 10世紀〜992年(ミェシュコ1世)
 992年〜1025年(ボレスワフ1世)
 1025年〜1102年(4人の君主)
 1102年〜1320年(国家分裂時代)
 今ここ!
アンデガヴェン家 1370年〜1385年
ヤギェウォ朝 1386年〜1572年
ポーランド・リトアニア共和国 1569年〜1795年
ポーランド分割 1772年〜1892年
ポーランド共和国(第2共和制) 1918年〜1939年
ポーランド人民共和国 1947年〜1989年
ポーランド共和国(現在)1990年〜

ポーランドの歴史

7分で分かるポーランドの歴史!建国から社会主義脱却までの千年を総括

.

ボレスワフ1世

7代目君主:ボレスワフ3世 曲唇公
Bolesław III Krzywousty
(1086〜1138)

※ボレスワフ3世以降は頻繁に君主が変わるので省略

.
.
.

ボレスワフ3世曲唇公の時代の領土

▲ボレスワフ3世が1138年までに治めた領土

Bolesław III Krzywousty の治世

1102年(日本 鎌倉時代)
手ごわい異母兄弟の共同政治

ヴワディスワフ・ヘルマンの死後、ポーランドは2つに分割される。へルマンの息子ボレスワフ3世とズビグニェフが同等の立場で統治するはずが、2人は与えられた領土に不満があった。争った末、ボレスワフ3世がクラクフを治めることになる。
.
一般的にズビグニェフはポーランドの君主としてあまり知られていない。彼は長男だったが、母の属する教会の関係で最初から不利な立場にあった。攻撃的で野心溢れる弟ボレスワフ3世と、平和的解決・共存を望むズビグニェフは常に対立していた。

1107年
兄を追放、共同政治の終わり

ボレスワフ3世はチェコへの遠征と侵略を何度も繰り返し、チェコは報復するも、それは地理的に近いズビグニェフの領土だった。2人の溝はますます深くなり、優勢だったボレスワフ3世はズビグニェフを追放。後に戻って来れたが間もなく殺害された。

1107年〜1138年
ボレスワフ3世の独立統治

ポメラニア地方の征服を目指し、1119年までにグダニスク含む領域を獲得。ハンガリー国王が亡くなるとハンガリーに標的を定めるが、遠征失敗。政治的孤立に陥り、教会政策も断念したが晩年には持ち直した。しかし皇帝への服従を余儀なくされる。

1138年
年長制相続制度で仲間割れ

自身が兄と領土で激しく争ったこともあり、ボレスワフ3世は遺言で年長制相続制度(継承法)を導入した。君主の息子たちの間で領土を分割し、年功序列に従って年長者が最高権力を握るというもの。しかし、12世紀末には地域崩壊と分裂が始まった。

1241年・1259年・1287年
モンゴルのポーランド侵攻

13世紀初頭にモンゴル帝国が成立し、急速に勢力を拡大した。モンゴル軍のヨーロッパ遠征でポーランドは3度も侵攻を受ける。都市は徹底的に壊滅され、捕虜や虐殺で大幅に人口を失ってしまった。これにより国家統一プロセスが大幅に遅れてしまう。

13世紀末
国内でようやく国家統合の兆し

.

夫Piotr
この時代、最初から後継者にするつもりでない男子は聖職者になるのがお決まりコース。ズビグニェフもそうだった。
あやか
そこから短期間でもポーランドを治めたのはスゴイ!ボレスワフ3世は最初こそ調子がよかったけど、最後は失速したね…。
.

もっと詳しく知りたい方へ

.
.

.
.

最初の年長制相続制度の配分

ボレスワフ3世の遺言による分割

 ボレスワフ3世の(口頭による)遺言によると、「ポーランドを5つの地区(公国)に分け、4人の息子にそれぞれを与える。年長者は長子領としてクラクフ公国を治めることができ、またポーランドの最高権威者と見なす」とのことでした。
 そこで長男ヴワディスワフ2世は首都クラクフのある長子領とシロンスク/シレジア領、つづいてボレスワフ4世はマゾフシェ領、ミェシュコ3世はヴィエルコポルスカ領を治めることに。実はもう一人、カジミエシュという息子がいましたが、ボレスワフ3世が亡くなったあとに生まれたようです(あるいは聖職者にするつもりだった)。真ん中のピンクのウェンツィツァ地方はボレスワフ3世の未亡人となったサロメアに渡りましたが、彼女が亡くなったあとは長子領に移されることになっていました。

.
.

すぐに始まった地域崩壊

めまぐるしく変わるクラクフ公

 ボレスワフ3世は後継者争いを回避するため、名指しで領土を与えたと考えられます。しかし、この相続制度は再び国家統合がなされる14世紀前半までに多数の内戦と地域細分化をもたらしました。年長者が必ずしも賢明な判断ができるわけではなく、また複数回の結婚により跡継ぎも多く、また彼らも最高権威者の座を狙っていたからです。
 早くも1146年に長男ヴワディスワフ2世は追放されており、ボレスワフ4世が長子領を治め、彼の死後も頻繁に権力争いが繰り広げられました(約200年の間で30以上)。12世紀の終わりには深刻な地域崩壊が始まり、年功序列の原則は1180年に開催されたウェンツィツァ議会で撤廃されています。

.
.

謎の殺人事件、ゴンサヴァの血浴

中世の戦い

 1227年秋にポーランド諸公の地区会議がゴンサヴァ(ヴィエルコポルスカ地方)で開かれた際、「ゴンサヴァの血浴」として知られる殺人事件が起こりました。殺害されたのはクラクフ公レシェク・ビャウィ。やはり、これも長子領をめぐる権力争いの末の悲劇でした。誰が首謀者だったのかは不明のまま。また、ヘンリク1世というシロンスク領を治めていたのちのポーランド大公も重傷を負いました。ちなみにレシェク・ビャウィは入浴中に襲われ、なんとか仲間とともにグニェズノへ向かって馬で逃げたものの、攻撃者に追いつかれて止めを刺されたのだとか…。かなりの殺意が感じられます。

.
.

モンゴルの侵攻で壊滅的被害

ポーランドのモンゴル侵攻

3度あったモンゴルのポーランド侵攻|13世紀のポーランドは地獄絵図だった

.

13世紀末に国家統一の兆し

大聖堂

 分裂した地域はそれぞれピャスト公家の親戚が治めるようになり、ザトル公国、オポーレ公国、オレシニツァ公国、オシフィエンチム公国…と国内にはどんどん公国が増えていきました。細分化すればするだけ各公国の戦力や権力が小さくなるため、いざ周辺国と戦うとなった際は不利となります。このままいくと国家消滅を招きかねないうえ、統一されていない国では大公ですら戴冠できません。そうして、13世紀末になってようやく「真面目に国家を統一しよう」という動きが出てきました。
 
 1295年にはボレスワフ2世以来、216年ぶりにポーランド大公プシェミスウ2世がポーランド国王として戴冠。国家統一のために努力する彼は教会から絶大な支持を得たのです。しかし翌年に殺害され、ポーランドが王国に戻ったのは束の間でした。次に1300年、チェコ国王ヴァツワフ2世がポーランド国王として戴冠します。しかし、貴族の後援あって戴冠したヴァツワフ2世にはそれほどの権力がなく、彼の治世も長く続きませんでした(よその国の国王なのでそれでよし
)。そして、後継者として息子ヴァツワフ3世が戴冠するも1306年に殺害され、ようやく次に現れたのが「国家を統一した王」として知られるヴワディスワフ1世です。

14世紀前半 ピャスト朝の最期

【国家再統合の14世紀】ポーランドの歴史|初のクラクフでの戴冠で再スタート

.
.

 

ひと言応援メッセージ送信&投げ銭できます (^ ^)   ポーランドなびを応援する
あやか
この記事がお役に立ったら、Facebookページをフォローしていただけると嬉しいです!
Facebookページをフォローしよう

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2021

こちらの記事もおすすめです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です