コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

【日×ポ国際結婚と馴れ初め】宗教の壁を乗り越え、出会って8ヵ月で婚姻届

The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

この記事の内容
 明らかに外国人であるポーランド人夫と一緒にいると、「どこで出会ったの?」「なんで結婚したの?」とよく聞かれます。また国際結婚といえば、言語や文化の問題とか、両親に反対されてなかなか結婚できないとか、そんなイメージもあるのではないでしょうか。
 
 まぁ、私たちの場合はすんなり結婚しちゃったんですが、色々珍しいパターンかもしれません。当記事ではそんな私たちの馴れ初めに触れながら、生涯を共にするにあたって最初にぶつかった壁についてもお話ししたいと思います。
.
 
ポッ
この記事の目次
付き合った期間はたった4ヵ月
出会いから結婚までのタイムライン
私たちの結婚は予言されていた
結婚式より先に訪れた大イベント
結婚したのに婚約者だった8ヵ月
すぐに結婚を決意できた理由
この記事のまとめ


.


.

付き合った期間はたった4ヵ月

結婚式の一場面私たちが初めて出会ってから婚姻届を出すまでの期間は、たったの8ヵ月!
恋人としての交際期間は約4ヵ月、色々と事情があり二人での結婚生活が始まったのは婚姻届を出してからちょうど一年後のことです。

彼と出会った頃の私はまだ学生で22歳、大阪で一人暮らしをしていました。
彼は当時28歳、建築事務所で働く設計士。

日本へは休暇で来ており、高層建築物や新幹線に魅入られて3回目の来日でした。
ちなみに私も旅好きで、彼と初めて会った時点でもう2回もポーランドへ訪れていました

箕面の滝 私はたまに友人と大阪で外国人観光案内のボランティアをしていたのですが、それがきっかけで彼と知り合うことになります。
彼が訪れた時期は紅葉シーズンだったので当然のように箕面の滝へ連れて行きました。

日本政府観光局から発行された善意通訳バッジを持っていたり、当時は張り切って色んなボランティアをやっていたように思います。

 

出会いから結婚までのタイムライン

2分で読めるよ
2013.11
初めての出会いは大阪
事前のメールやり取りで、私が2回もポーランドへ訪れていることを知った彼。かなり驚いたと同時に、ぜひ会ってみたいと思ったそうです。箕面の滝を案内し、夕食に親子丼を作ってあげました(まったく卵を割れなかった彼に仰天した)。トータルで5時間くらい過ごしましたが、その時は互いに「いい友達ができた」という感覚でした。
2014.02
ジョージアの空港で再会
観光案内をした日、冬休みのコーカサス地方(カスピ海と黒海に挟まれた地域)旅行計画を彼に話していました。そして、その後のメール交換の中で彼も参加することが決定。待ち合わせ場所はジョージア、トビリシ空港!5日間ほどいっしょにいましたが、心配性の彼が若干鬱陶しかったです。。
2014.03
ポーランドで2度目の再会
コーカサス地方は3ヵ国周り、半分は一人行動でした。その後はポーランドへ向かい、彼とまた空港で再会。ちなみにポーランド行きは随分前から決めていました。実家へ招待され、滞在中に彼とロマンチックな展開に(私はその気なし)。帰国後の3月下旬にメールで告白され、付き合うことに…!
2014.05
六甲山でのプロポーズ
プロポーズ突然、5月に日本へ行くと言われ、最終日に婚約指輪をもらいました。ちなみにこの頃、3月に卒業した私は派遣会社を通してフルタイムでお仕事。数年後に辞める前提だったので正社員は最初から考えておらず、結果的に正解。また、この5月に初めて結婚したい相手がいることを親に報告しました。
2014.07
日本で婚姻届を提出する
当初は2年後に結婚するつもりがどんどん短くなり、7月に再来日した彼と婚姻届を提出。その後に私の家族と初めて顔合わせし、かなり気に入ってもらえました。(婚姻届出した後だけど)結婚快諾となり、翌々月のポーランド移住が決定。結局半年も働いていないですが、貯金は案外できました。
2014.09
ついにポーランドへ移住する
彼がまた日本へ来て、片道航空券でいっしょにポーランドへ。彼の実家で約10ヵ月の同居生活(計6人)が始まりました。宗教上、”教会で結婚式を挙げて初めて正式な夫婦” だったので、法律上は夫婦でも実際は婚約者扱いでした。結婚式までの間、ポーランド語とカトリックの勉強で精いっぱい。
2015.04.25
カトリック教会で結婚
この年の復活祭にカトリックとして洗礼を受け、その20日後に教会で結婚しました。晴れて正式な夫婦!新居も前月に購入済みだったもののリフォームが進まず、ハネムーンから帰ってきた後も同居生活を続けることに。やっと新居に移ったのは結婚式から3ヵ月経った7月のことでした。
結婚式からもう5年以上!

.

.

私たちの結婚は予言されていた

恋の予言上のタイムラインにも書いた通り、3回目の再会で彼の実家に招待してもらいました。

その時はまだ恋心すらなかったのですが、彼の家族や素晴らしい人たちに出会って「ポーランド最高!」と思ってました。
ただこの時点ですでに30以上もの国々を訪れた経験があり、何回も行っていたお気に入りの国はポーランドだけではありません

それでも彼の素敵な家族と数日過ごせたことは、もう一生忘れられない思い出
帰国後、FBのアルバムにこんなメッセージを添えてコーカサス地方やポーランド他数ヵ国を旅した時の写真を載せることにしました。

あやか
 3rd time visiting Poland, lovely as ever. Now, I have a big family in Poland! This experience was absolutely special in this trip. Thanks a million, see you in the summer.
 
(3回目のポーランド訪問、相変わらず素敵な国でした。今、私にはポーランドに大家族がいます!この経験は今回の旅行の中でもかなり特別なものでした。本当にありがとう。また夏に会いましょう。)
.
もちろん、「家族」と表現したのは親しみを込めたジョークのつもりでした。
しかしまさか本当の家族として、年内の9月から同居するとは誰が予想したでしょうか?

自分で書いておきながらビックリ。
予言はちょっと言い過ぎかもしれませんが、書いたことが文字通りの出来事になるとは…!

 

結婚式より先に訪れた大イベント

聖書の勉強おそらく、国際結婚でぶつかる問題のトップ3に入るのが「宗教」だと思います。

ポーランド人の8割以上はカトリック教徒といいますが、やはり夫ピオトルも敬虔なカトリック教徒の家庭で育ってきました。
一方、私は一応仏教でも信仰が薄いタイプ。

しかしカトリック教徒の彼と結婚するということは、改宗する・しないに関係なく、カトリックの家庭で生きることを意味します。

ピオトル
君がカトリックとして洗礼を受けるなら嬉しいけど、それは信仰あっての洗礼だから無理にとは言わないよ。でも、子どもが出来たら赤ちゃんのうちに洗礼を授けたい。
あやか
自分の子どもと宗教や考え方に差があるのはイヤだな。子どもを授かってから急にカトリックになるのもちょっと違うような…。それに、家族なら同じものを信じたい!
.
こういった流れで、私は自分の意思でカトリックになることを決意し、結婚式の20日前に行われた復活祭ミサで洗礼を受けました。

実は留学していた時にホストファミリーとミサに行ったり、教会の交流会に参加していたので改宗への大きな抵抗はなかったです。
でも実際のところは葛藤もあり、洗礼前の勉強にはやや心が折れそうになりました。。

【信者が徹底解説】キリスト教の最大教派・カトリックってどんな教え?

花束を持つ少女

入信プロセスを分かりやすく解説|成人洗礼を決意してから結婚までの流れ


.

結婚したのに婚約者だった8ヵ月

Will you marry me?宗教的観点から言うと、カトリック教徒の結婚は(例え片方だけがカトリック教徒でも)教会で結婚して初めて夫婦と見なされます。

ふつうは結婚ミサの最後に婚姻届を出すのですが、私たちは結婚式の前に婚姻関係を結ぶという異例のかたちになりました。
そのため、表向きには婚約者と言いながらも法律上は夫婦という関係が8ヵ月続くことに。

結婚生活の前に移住し、ある程度ポーランド語を習得し生活に慣れておきたかった私

しかし、日本人が滞在許可なしでポーランドに滞在できるのは90日が限度です。
留学や労働目的ではない私にとってポーランド人配偶者として滞在するのが最も簡単だったので、先に婚姻届を出したというわけです。

婚約者/フィアンセビザとは?
 日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、イギリスなど多くの国では婚約者ビザが存在します。これは結婚を前提として外国人を自国に呼び寄せる場合、配偶者になるまでの一定の間、結婚準備期間として外国人の滞在を許可するというものです。
ポーランドで
はまだ需要が
少ないのかも

 

すぐに結婚を決意できた理由

教会での結婚私は23歳で結婚しましたが、卒業する直前に結婚相手が決まりました。
その頃はまだ友達もほとんどが独身でしたし、彼はアラサーで結婚適齢期でも私は明らかにまだちょっと早いんじゃない?という感じ。

それでも私が早くに結婚を決意できたのは、23歳の時点で勉強、海外留学、趣味の一人旅、働くという経験も含めて十分やりたいことをやってきたからでしょう。

また彼は敬虔なカトリック教徒であり、宗教上は離婚の概念がありません。
カトリック教徒ではない私を好きになった時点で危ない恋でしたが、だからこそ私と結婚したいという気持ちが本気だと伝わりました。

詳しくはこちらをお読みください!
結婚の一場面

23歳で国際結婚は早かった?私が卒業間もなく結婚を決意した5つの理由

あやか
お互いの両親からの反対はなかったんですが、周りから心配の声はたくさんありました。国際結婚は離婚率が高く、ハーグ条約も知っていたのですが、これから結婚しようっていうカップルには何を言っても「右の耳から左の耳」です(笑)。
ハーグ条約(外務省HP)

.

この記事のまとめ
 ドキドキするような馴れ初めの話を期待していた方、ごめんなさい(笑)。あっという間に結婚したようですが、結婚式を挙げるまでの間はポーランド語や洗礼準備の勉強に加えて、言葉がなかなか通じない同居生活にモヤモヤすることもあり、かなり長く感じました。しかしそんな苦労もあって、結婚式を挙げる頃にはすっかりポーランドに馴染むことができたと思います。2019年には第一子が生まれ、今もポーランドで幸せな生活を送っています!
笑うカップル

国際結婚は苦労する?ポーランドに嫁いだ妻が実体験から8つのアドバイス

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページのイイネの数でパワーをもらっています!


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2020

こちらの記事もおすすめです



16 件のコメント

  • アバター 新谷 誠吾 アラヤセイゴ より:

    素敵なブログを拝見させていただきました。ポーランド(イエレニアグラ)に家族と暮らしながら孤独感を味わっている私にとって「救いの神」となるのでは?と感じました。後でメールの交換が出来ることを期待して。

    • アバター Ayaka より:

      新谷様

      はじめまして。
      当ブログを運営している綾香です。
      新谷様はイェレニャ・グラにお住まいなのですね!
      私はまだ行ったことがないのですが、ぜひとも訪れたい街の一つです。
      ブログにはポーランド生活に便利な情報もありますので、ぜひ今後ともどうぞ宜しくお願いします!
      マイペースなお返事になると思いますが、もしよければまたお問い合わせからご連絡ください。

      • アバター 新谷誠吾 より:

        綾香様
        新しいコメントをメールで通知にチェックを入れていませんでした。家の周りに来る3匹のノラ猫ちゃん(いずれもメス猫)に計7匹の子猫が付いて来ています。(2か月くらいの)可愛いのですが問題山積です。
        今一番気になるのが22日投票の総選挙です。自民党(与党)が過半数を確保してIR法案が加速し、経済がもっと良くなことを望んでいます。希望の党が躍進したとしても経済が促進されることを期待します。

        • アバター Ayaka より:

          新谷様

          こんにちは、綾香です。

          いただいたコメントはすべて確認させていただきました。
          お返事がすぐにできず、申し訳ありません。
          現在、多忙ですので再来週頃のお返事になるかと思います。
          ずっと仕事をしているわけではないのですが、プライベートのほうでも色々とやらなければならないことがあり、ブログにあまり手を付けられず私ももどかしいです…。
          気長にお待ちいただけると幸いです!

          では、本日もよい一日をお過ごしください。

          • アバター 新谷誠吾 より:

            綾香様
            お忙しい毎日と思いますが、お元気ですか?11月始めに「あい」さんからの投稿(外国人と遠距離恋愛中で派遣の仕事での相談)とそれに対する綾香さんからの回答の2件のコメントが私宛に来ました。あいさんのことは、この一件で知りました。間違って私に来たと思いますが、どうなんでしょう。あまり、無理をしないでお過ごしください。

          • アバター 新谷誠吾 より:

            綾香様
            お忙しい毎日のようですがお体をいたわってお過ごしください。お返事はお時間のある時で構いません、綾香さんの生活が第一ですから。ここ一週間、良いことと悪いことがありました。良いことだけ話します。健康の為に軽いトレーニングをやっています。先週に腕立て伏せを140回できました。日本に居るときはせいぜい60回が限界でした。日本ではウエイトトレーニングでバーベルを持ち上げて1時間半くらい行っていましたがこちらでは自宅にバーベル等もなく自分の体重を利用するしかありません。腕立て伏せを中心に繰り返していたら出来るようになりました。14は私のラッキーナンバー(誕生日が私7月14、息子8月14)です。妻は馬鹿にみたいに思って、60歳間近でそんなに頑張ってどうするんだ?と言われました。自分としては別にそんなに頑張っているわけではありません。バーベルを持ち上げることに比べれだ遊びみたいなものです。多少頑張りも必要ですが、ストレス解消にも一役買っています。頑張り過ぎないで良い毎日をお過ごしください。

          • アバター あらやせいご より:

            あやかさま
            かんじにへんかんできませんのでひらがなでみじかくかきます。たいちょうをくずしているのでは?ときになっています。じみんとうのしょうりでそうせんきょもおわり、あんどしています。これでとうごうがたりぞーとじっしほうあんがはやくしんぎされかけつしてけいざいがかっせいかされることをねがっています。いちじかんまえにせいじょうなじょうたいでこめんとをかきましたがすべてがきえてしまいました。あやかさんのまいぺーすでかまいませんのでおへんじいただければうれしいです。

          • アバター Ayaka より:

            新谷様

            すぐにお返事ができず、またご心配をお掛けし申し訳ありません。
            ブログにログインしない日がつづき、新谷様にはメールアドレスに直接お返事を書こうと思っていたものの、あっという間に日数が経ってしまいました。
            少しでも状況など何かお伝えすべきでしたね。本当にすみません…。

            詳しくはまたメールでお知らせしますが、今月いっぱいは朝から深夜までやることがいっぱいなのでお返事は難しいと思います。
            あ、ずっーと仕事をしているというわけではありませんよ (^ ^)

            では、またお話ししましょう。

          • アバター 新谷誠吾 より:

            綾香様
            今日、時間がありましたので(暇な毎日ですが)ツイッターをじっくりとと拝見させてもらいました。毎日のように丁寧にな書き込み感心します。私もポーランドを旅しているようで楽しくなってきます。 最も目を引いたのがポーランドへの直行便に関してです。恥ずかしながら知りませんでした。昨年7月に来ましたが、ネットで検索しても見当たりませんでした。大陸トラベルで航空券を購入しましたが、最も利便性が良いとのことでフィンランド航空でした。愛猫同伴の件でポーランド大使館にも問い合わせましたが、何も触れずです。来年6月には日本へ行かなければなりませんのでとても良い情報です。綾香さんのブログにたどり着いて幸運でした。お忙しい毎日のようですがお体を大切にお過ごしください。また、お子さんをお考えのようですが元気なお子さんを授かりますように祈っています。

          • アバター 新谷誠吾 より:

            綾香様
            お返事ありがとうございます。通訳、個人ガイド、ブログの管理、またプライベートでもお忙しそうな姿が想像できます。他の方からの投稿を数件拝見しましたが、綾香様の思いやりが沸いて来るような印象で感動しました。また勉強をとてもされていて知識が豊富なことが分かります。私に一番欠けているのが勉強する気がなかなか起きないことであります、これは学生時代からの嵯峨でなかなか変えることができません。ブログへの投稿の確認だけでも大変だと思いますが、ましてや返信となると時間がいくらあっても足りないのではないか?と心配になってきます。そのような環境のなかで私へのお返事をもらえることはとても嬉しくて光栄です。あまり頑張り過ぎないでマイペースでお過ごしください。

      • アバター 新谷誠吾 より:

        綾香様
        先週、コメントを送信しましたが届いているでしょうか?カウントされると4件になるのですが2件のままです。お体に気をつけてマイペースでお過ごしください。

      • アバター 新谷 誠吾 より:

        綾香様
        お仕事もされて、主婦業もあり、またブログの投稿者様への返信等々とお忙しいことと思いますのでマイペースでのお返事で構いません、それ以上に望むべくもありません。お返事を頂くだげで嬉しいです。ブログで綾香さんのことを少し分かりましたので、自己紹介したいと思います。今思えば中学生の頃から欧米女性と結婚したいと思っていました。(実現出来るとはその頃は思っていませんでした)高校卒業後に地元(青森県野辺地町)の消防署に勤務、60歳の定年を5年後にして早期退職しました。息子はポーランドで生まれ、3が月後に日本へ来ました。幼稚園で年中組から入りましたが、半年で登園拒否になり小学入学1年前にポーランドへ息子と妻は帰り、私は日本暮らしとなりました。10年以上も一人で暮らしが続くとうつ状態が生じて仕事も重く感じて定年を前に昨年ポーランドへ移住した次第です。若い頃からプロレスが好きで目立つ服装で観戦によく行きました。そこで若い頃のドラゴン藤波さんにこえをかけられ、また、プロモーターの方にも声をかけられ、プロレスにどっぷりとつかってました。随分とお金を使いましたが、一番輝いていた頃です。神と思っていたアントニオ猪木さんやハルクホーガンさんとも少しですが話しができました。猪木さんやホーガンさんとの写真を利用して妻と知り合ったようなものです、プロレスに感謝です。日本にいた頃はプロレスの話しやポーランドの話しで盛り上がった頃が懐かしいです。私から時々発信しますから、綾香さんの時間のある時にマイペースでお返事いただけると嬉しいです。

      • アバター 新谷 誠吾 より:

        お返事ありがとうございます。来ない確立を80%と考えていましたのでとても嬉しいです。ご主人は理解がある方ですね。私は59歳です。日本の家を売り、ほとんどの財産を妻の口座に振り込んで昨年7月にポーランドにきました。来年7月の還暦で年金受給まで無収入です。現在、妻52歳、息子18歳、義母80歳と4人で暮らしています。妻、義母との仲は非常に悪く、息子も妻の考えに同調している状態です。私の悩みを相談出来る人はポーランドにいません。唯一、日本の姉とスカイプで話す程度です。私の家族が特異かもしれません。ポーランド人の一般的な考え等を伝えてくださると助かります。何かのきっかけで日本に帰ることになるかもしれません。そうならないように頑張ります。長くなりますので機会があれば次回にお願いします。

  • アバター あい より:

    おはようございます。
    私も現在、外国人の彼氏と遠距離恋愛をしております。
    派遣社員て働くことに不安はありませんでしたか? 私は現在正社員なのですが、もっと早くお金を貯めたいと思い派遣社員になろうかと思いつつあります。。

    • アバター Ayaka より:

      あいさん

      はじめまして。
      当ブログ管理人の綾香です。
      お返事がかなり遅くなってしまい申し訳ありません。こちらのコメントにいずれお気付きになることを願います…。

      さて、本題です。
      私は卒業前から彼と婚約しており、むしろ数年以内に辞めるなら派遣社員でいるべきだと思って働いていました。結局、まさかの半年未満で辞めてしまいましたが…。
      家庭では彼が大黒柱ですし、貯金に関しては二人とも十分にあったので特に不安はなかったです(もちろん有り余るほどの額ではないですが)。
      でも、「あるに越したことはない」「結婚はもう少し後でもいいかな」といった感じで当初2年は働くつもりでした。今考えると、卒業してそのままポーランドに来てもよかったな…という感じですが(笑)。
      私が派遣だったのは学生の時のバイトの延長ですし、周りもすごく歓迎してくれていたのでちょっと状況が違うかもしれません。

  • ※当コメントは2020年4月20日に削除した記事(国際結婚後半)のコメント欄をコピペしたものです。削除した記事の内容は当記事に統合しました。

    倉部 誠
    綾香さん
    ポーランド男性と素敵なご縁が出来てポーランドで暮らすようになり、そして素晴らしい活動をされていますね。
    私の場合は大学院の学生だった1974年の夏に研究で初めてポーランドを訪れて、そこで不意の入院生活を送り、沢山の方々の暖かい善意に触れることが出来ました。そしてそれ以来ポーランドを第二の祖国と思うようになりました。
    4年前に65歳で定年退職をしてからは毎年夏と冬をポーランドで過ごしていて、今もこのメッセージをワルシャワのアパートで書いております。
    これからもどうかお元気でお幸せにポーランドで暮らして下さい。またこちらでの素晴らしいご活動、益々のご発展をお祈り申し上げます。
    なお「ポーランド旅カフェー」というフェースブックのグループでしばしば記事を投稿しておりますので、もしよろしかったらご覧いただけると幸いです。
    倉部 誠

    山本尚代
    はじめまして^^
    クラクフの事を調べていて、あやかさんのサイトに辿り着きました。
    ポーランドの国や人に対する愛と理解が素晴らしいなと思いながら記事を読ませて頂きました。
    いつか、あやかさんにガイドしてもらいながらポーランドを歩けたら素敵だなと思いました。
    FBもフォローさせて頂きました。
    これからもサイトやFBを楽しみにしてます(﹡´◡`﹡ )

    山本尚代さんへの返信
    今さらのお返事となり、申し訳ございません!
    こちらの記事へのコメントの確認が遅れてしまいました。
    あまりブログを更新できておらず、現在も当ブログを見ておられるか分かりませんが……。
    FBでのフォローもありがとうございます。
    クラクフのことをお調べになられていたとのこと、ポーランドの魅力を知っていただけたのであれば嬉しく思います。
    ポーランドにお越しの際はぜひご相談ください (^ ^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です