【夏休み1/7】週末チケットでポズナン近郊を満喫



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

現在、休暇中で夫とポーランド西部の街「ポズナン」に滞在しています。

夏休みは一週間。ポズナンのあとはウクライナへ移動し、リヴィヴとキエフを観光します♪今日はその1日目。

前にポズナンへ来たのはヴィエニャフスキ・コンクールのお仕事ででしたが、そのときにも少しだけ観光しました。

ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール

2016.10.10

第5回 千年の歴史と伝統 ポズナンってどんな街?

2016.02.21
.

列車(EIC)でポズナンへ

出発は土曜日となるので、ポーランド鉄道の週末乗り放題チケットを初めて利用してみました。早朝6時頃に起きて移動したため、寝ぼけ眼での出発です。

週末乗り放題チケットの価格は2017年8月現在、81PLN(約2500円)。金曜日19時から日曜日19時までの最大59時間有効です。

私の住む街からポズナンまでは、直行列車で約4時間ちょっと。

前にポズナンから帰ってきたときはワルシャワ経由で飛行機を利用しましたが、列車も快適でした。今回はもう熟睡だったので、あっという間に到着です。

ポーランドの列車をお得に乗りこなす!8つの割引

2015.11.22
.

ポズナンのホテル・ガヤ

ポズナンでの宿泊先は、 Gaja(ガヤ)という高評価の3つ星ホテル。

このホテル、8月でも一泊ダブルで3200円でした!ありえない…。しかも、第14回ヴィエニャフスキ・コンクールではオフィシャルの宿泊施設だったそうで、ちょっと気になっていたんです。

トップ画像のライオンに挟まれた私は、ガヤの前で撮影したもの。ステンドグラスのロビーは、個人的には好きかも。

ただ、ヴィエニャフスキ・コンクールの関係者がここに宿泊していたとは、ちょっと驚きでした。第15回のときも、前回と同じくガヤだと思った人達が敢えてここに泊まっていたんですよねぇ。

本当は修道院の宿泊施設に泊まりたかったのですが、今回は予約が遅すぎたのか満室でした。でもガヤも良かったです。

PKPイノヴロツワフ駅

さて、ホテルに荷物を預けてイノヴロツワフへ。ポズナンから列車で1時間ほどのところにある小さな町です。

列車の中で「なんでイノが付くんだろうね〜」という話をしていると(ヴロツワフという大きな街があるので)、高校生くらいの男の子が「イノは小さな村って意味らしいよ」と教えてくれました。

イノヴロツワフは、実は経由地。

最終目的地はストシェルノというさらに小さな町なんですが、休憩がてらにちょっと観光してみることにしました。
関連記事「ポズナンから日帰りでおすすめ!ストシェルノ」は後ほど公開予定

テンジュニェ・ソランコヴェ

流れているのは塩水

指が写ってしまった…泣

イノヴロツワフとグーグルで検索すると、真っ先に「温泉」というワードが予測にでます。どういうこと?!

このテンジュニェ・ソランコヴェという場所には塩水が流れていて、空気はヴィエリチカ岩塩坑そのものでした。

ストシェルノに向かう列車の乗り継ぎ時間の合間に訪れたため、少ししか時間がなかったのが残念。もっとミネラルたっぷりの空気を味わいたかった〜!

温泉の真相と、この場所については別記事にまとめる予定です。ちなみにイノヴロツワフ駅からソランコヴェまでタクシーで往復20PLNほどでした。

ストシェルノ随一の観光スポット

三位一体と聖処女マリア教会

12世紀に彫られた石の柱

詳細はストシェルノの記事で説明しますが、ここはポーランド初期の歴史に興味のある私にとってかなり面白い場所でした。おまけに18世紀のポーランド語も見ることができて満足(笑)。

聖処女教会の隣にあるロマネスクの教会は、ポーランド王国創始者のミェシュコも訪れたそうです(真相は不明)。

2つの教会ともポーランド語ガイドさんにたっぷり説明してもらったので、色々と学ぶことができました。

ガイドさんがいなかったら「古い教会なんだなぁ」で終わってたかも。危ない危ない。1時間30分ほど滞在し、最後にはポーランド史の興味深い本も3冊買うことができてほくほく(?)です。

ポーランドの壮絶な歴史1 ポーランド初期

2015.11.30
.

今から結婚式のようです

持ってるように見せかけて

教会に挟まれた小さなカフェでゆっくりしていると、イノヴロツワフ経由でポズナンに戻ったのは21時過ぎ。

またまたイノヴロツワフで降りてぶらぶらし、ポズナン行きの列車が遅れたこともあってこんな時間に…。それでも駅から歩いて中央広場へ向かい、とりあえずご飯を食べることにしました。

友達に教えてもらったお店

行きたいレストランがあったのですが、中央広場に到着したのは22時頃。

レストランでゆっくりオシャレな食事を楽しむより、さっさと帰って寝たかったのでジャンクフードっぽいラップサンドを食べてきました。これが意外とクセになりそうなほど美味しかった!

ポズナンに住む友達が教えてくれたお店だったんですが、夜遅いのに結構流行っていました。観光客もいっぱい。

こちらのお店については、別のポズナンおすすめ飲食店記事にまとめますね。

2日目につづく

今日のポーランド語

sól

sól(スル)は「塩」という意味です。ポーランドには世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑以外にも塩スポットがあるので、近い内にテンジュニェ・ソランコヴェも含め紹介しようと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です