8ヶ月ぶりの近況報告!リフォームはどうなった?



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

ポーランドで仲良くしている人達には相変わらず、よく聞かれます。

ところで、家のほうは進んでる?

そうですね、最後の報告からはだいぶ進んでいると思います!でも、日本人の感覚としては「あんた達まだそれやってるの?!」という感じですね(笑)。

愚痴らせてほしい…何も進展しない私たちの新居

2016.08.12

 

ベニヤ板アイランドから卒業!

オーダメイドの天然木テーブル

注文して3ヶ月後に届いた椅子

まずは最後の報告から最もビフォーアフターを遂げたキッチンから。

かなり木のぬくもり溢れた感じになっています。まだキッチンの水回りの壁や窓の周辺、フローリングと壁の間など直すところはたくさんありますが、人に見せても恥ずかしくありません。

全体的には気に入っていますが、アイランドとテーブルの間が狭いと感じます。

アイランドをもう少し寄せてもいいかなぁ。あるいはテーブルを、スペースの余っている反対側に移すかですね。

ちなみにこのダイニングキッチンの広さは20平米くらいで、もう1つ同じ広さの部屋があります。そこは一昨年8月くらいからまったく変わっていません!

シャワー機能、あまり使わない…

これはグローエの蛇口なんですが、誰かに言われるまでグローエが日本でそんなに人気があるとは知りませんでした。

メーカー名すら初耳だったほど。

このモデルはホースのように先端のほうを取り外すことが出来て、シャワー機能があります。でもシャワーを使うと勢い良すぎて水がやたら飛び散るので使いません(笑)。加減は調節可能ですが、調節すら面倒なので使いません!

お値段は17,000円でしたが、これは主人が建築家ということもあってコネを使いました。元の価格はこの2倍です。

玄関の隣の収納スペース

開けると洗濯機があるという

床の部分はタイルにしています。

洗濯機の隣には小さな洗面台をつくる予定。取り付けてもそんなに高いものではないので、良しとしました。

実家にはモップ専用の洗面台があってそれがすごく便利なんです。だから真似をしたんでしょう。でもこれはまったく急ぎではないので、年末までに完成したらラッキーくらいに思っておきます。

今、結構頑張っているバスルーム

トイレはまったく変わっていない

バスルームのドアは相変わらずカーテンのままですが、ここまで進みました。

こちらもキッチン同様、改めて見てみると木の素材が多め。浴槽の下部分にも木の板を張りつける予定です。

主人は安藤忠雄とか近代建築が好きなのでもうちょっと冷たい感じに仕上がるかと思っていましたが、今回のリフォームでは木を大量に使用しています。私はこういった家のほうが好きですね。

撮影するのが難しい玄関

玄関はもともと外だったところに作っているため、ちょっといびつな三角形

まだ玄関には電気がないのですごく暗いです…。フラッシュたいてこんな感じですが、隣のコート収納クローゼットなんてコートの見分けがつきません。

もちろんこれが完成ではないので、今後もっともっと良くなります

見せるのはこれくらいにしておこうと思いますが、まだ3部屋あるんですよ。寝室とリビングと将来の子ども部屋。

3つ目はともかく、次に手をつける場所は寝室となるでしょう。ご覧の通りまだまだ時間はかかりそうですが、バスルームのドアさえ完成すればお友達をためらいなく呼ぶことができそうです☆
.

今日のポーランド語

Co myślisz?

Co myślisz?(ツォ  ミシリシュ)は「あなたはどう思う?」という意味です。相手がどうとも思っていないとき、”Nic”(何も)と返されます(^o^)/

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です