【ヴロツワフ】トラムやバスのチケットの購入方法



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

.
最終更新日:2017年7月21日

トラムやバスに乗ってみたいけど、乗り方が分からなくて結局タクシーを使ってしまうという方も多いのでは?

ヴロツワフの公共交通機関はトラムとバスです。どちらのチケットも共通で使うことができるので、チケットを買うことができれば行動範囲が広くなってより楽しい観光ができるかもしれません (^ ^)

第3回 小人だらけ!ヴロツワフってどんな街?

2015.11.28
.

このページの目次
1. チケットの購入のしかた
。.停留所にある券売機
。.キオスクなどの売店
。.車内の券売機
2. チケットの種類と料金
3. チケット利用の際の注意点

<スポンサーリンク>

チケットの購入のしかた

まず、チケットはどこで購入できるのか。基本的には停留所の近くにある券売機、あるいは道端にある小さなお店(キオスク)で購入することができます。

それぞれの購入手順を分かりやすく説明しましょう。とてもシンプルですよ!

 

停留所にある券売機

チケットを買うための券売機

すべての停留所にこのような券売機があるわけではありませんが、近くにあれば券売機で買ってしまいましょう。

言語は、ポーランド語・英語・ドイツ語・フランス語と、なんと4ヵ国語に対応しています。今回の説明はほとんどの方にとって分かりやすいよう、英語の場合で説明することにします。
.

  1. 画面左上にある英国国旗をタッチ
  2. BUY A PAPER TICKET をタッチ
  3. Single-trip tickets をタッチ
    →30分有効チケット
    Short time tickets をタッチ
    →60分以上の有効チケット
    Luggage or animal fee
    →大きい荷物やペット用チケット
  4. CONTINUE をタッチ
  5. 日中の利用であれば左、快速/深夜・早朝の利用であれば右をタッチ
  6. NORMAL をタッチ
  7. 枚数を選択して OK をタッチ
  8. チケット料金の支払い
    現金またはカードでの支払い可
  9. 料金を支払うとチケットが印刷されるので、下の受け取り口から取り出す
    .

チケットの種類については次の項目で説明しますが、30分有効チケットを利用することの方が多いと思います。

Short time tickets の24時間有効チケットも4回以上乗るのであればお得。

また、大きい荷物(スーツケース)をお持ちの場合、別途荷物の分だけチケットを購入する必要があります。3番で Luggage or animal fee を選択し、枚数を選んで合計料金を支払ってください。

 

キオスクなどの売店

よく見かけるキオスク、RUCH

券売機で買うのは面倒という場合、キオスクでも購入できます。

ポーランド語で “ジンドブレ”(こんにちは)と挨拶したり、離れる前に “ジェンクイェン”(ありがとう)と言うと、さらに好印象。ぜひ言ってみてください。
.

種類  ◯◯◯チケットをください
ベース Please one ticket ◯◯.
Proszę jeden bilet ◯◯◯.
プロシェン  イェデン  ビレト 〜
30分 for 30 minutes/na 30 minuty.
ナ トシュジェシチ ミヌテ
60分 for 60 minutes/na 60 minuty
シェシチジェショント ミヌテ
24時間 for 24 hours/dobowy ドボヴェ

.
英語でもポーランド語でもお好きな言語で伝えてください。不安な人は紙に書いて、それを見せてもいいと思います。

複数枚購入したい場合は、 下の表と照らし合わせて one ticket / jeden bilet の部分を入れ替えてくださいね。
.

枚数 言い方
2枚 two tickets / dwa bilety
ドゥバ  ビレテ
3枚 three tickets / trzy bilety
トゥシェ  ビレテ
4枚  four tickets / cztery bilety
チュテレ  ビレテ
5枚 five tickets / pięć biletów
ピエンチ  ビレトゥフ
6枚 six tickets / sześć biletów
シェシチ  ビレトゥフ


.

車内の券売機

車内にある検札機(左)と券売機(右)

できれば前もってチケットを購入しておきたいですが、車内の券売機でチケットを購入することも可能です。

しかし現金購入は不可、Visa pay Wave あるいは Mastercard Paypass対応のカード以外では支払えないため、観光客が利用することはあまりないでしょう。

<スポンサーリンク>

チケットの種類と料金

日本では行き先によって料金が異なりますが、ポーランドでは行き先というよりは乗車時間で料金が異なります(列車の場合は走行距離)。
.

チケットの種類 料金(PLN)
30分間有効 /深夜3.20
60分間有効 4.40
90分間有効
24時間有効 11
荷物・動物専用 1.5

※2017年7月21日現在

30分間有効チケットは、乗り換えが発生しないのであれば乗車時間が30分を超えてしまっても問題ありません

また、合計30分以内の乗車であれば乗り換えても同じチケットでOK。

注意したいのは、深夜料金です。

深夜料金が適用されるバスの番号はすべて2××番となり、例えば、空港発着の206番や247番、248番、249番、251番などがあります。深夜運行専用のトラムはありません。

 

チケット利用の際の注意点

チケットの有効化(クラクフで撮影)

それでは、購入したチケットを利用してトラムやバスに乗ってみましょう!

まず最初に気をつけたいのは、チケットの有効化を忘れないこと。乗ったらすぐに黄色い機械(検札機)を探しましょう。そこにチケットを差し込むと時刻を含む、数字の羅列が刻印されます。

悪気はなかったとしても、このチケットの有効化を忘れてしまうと大変。

定期的に検札員が、乗客が無賃乗車をしていないかチェックしにきます。そこであなたが有効化されていないチケットを持っていると、処罰として罰金を支払うことに…。うっかりは通用しません。

途中で乗り換えが発生する場合、再度の刻印は必要ありません。刻印するタイミングは、まっさらなチケットを持って乗車するときのみです。そして、乗車後はなるべく素早く刻印しましょう。

また、チケット購入時に割引チケットを選択することもできますが、国際学生証を持っていたとしてもポーランドの学校に通う学生でない限り割引料金でチケットを購入することはできません。必ず通常料金で買うようにしましょう。
.

今日のポーランド語

przesiadka

przesiadka(プシェシャドカ)は「乗り換え/(飛行機などの)乗り継ぎ」という意味の名詞です。

「30分の乗り換え/乗り継ぎ時間」は “30 minuty na przesiadkę” といいます。また「〜での」と場所を付け加えたい場合、 “w Monachium”(ヴ  モナヒュウム/ミュンヘンで)のように “przesiadkę” の後ろに場所を表す前置詞+名詞を置きます。

乗り換え/乗り継ぎが複数回発生する時は “przesiadki”(プシェシャドキ)となることに注意しましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です