第一次世界大戦で活躍したピウスツキとポーランド軍



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

先日、クラクフ国立美術館で第一次世界大戦時のポーランド軍(Legiony Polskie)に関する展示を見てきました。

私はどちらかというと中世の歴史のほうが好きなのですが、当時の自由と戦うポーランド軍が描かれた絵画を見ていると、あっという間に30分が経過。

もう、「これは記事にせねば!」と決意せざるをえ得ませんでした!そこで、当記事では第一次世界大戦時に活躍した英雄ユゼフ・ピウスツキ率いるポーランド軍 Legiony Polskie を解説していきます。

話題のクラクフ国立美術館について…基本情報まとめ

2017.04.25

Legiony Polskie レギオネ・ポルスキエ
..

<スポンサーリンク>

ユゼフ・ピウスツキとは

国立美術館のピウスツキ像

まず、ポーランド軍そのものについてお話する前に、ユゼフ・ピウスツキ(1867年〜1935年)という英雄を紹介しておく必要があります。

ユゼフ・ピウスツキは第二次ポーランド共和国の建国の父であり、今回紹介するポーランド軍の創立者。独裁的な政治家でありながらもポーランドが多民族国家となることを目指し、亡き国を復活させた彼は愛国心に満ちていました。

ポーランドのレストランや一般家庭では、たまにユゼフ・ピウスツキの絵や小さな銅像を見ることもあります。

このサイズのピウスツキ像は家庭用

共和国時代に栄華を極めたワルシャワ

さて、このピウスツキが活躍した時代の背景をかんたんに説明しましょう。

ポーランドは1569年から1795年の226年間、ポーランド・リトアニア共和国としてヨーロッパ史上最大、かつ最強の国として恐れられていました。

しかし18世紀なると軍事政策や経済面でだんだんと衰えを見せるようになり、1772年、プロイセン、ロシア、オーストリアによって3つに分割されます。
.

ポーランドが弱体化した理由

ポーランドが分割された本当の理由、それはポーランドが16世紀から採用していた議会制民主主義に原因があるといえるでしょう。当時のヨーロッパといえばもっぱら君主制であり、ポーランドのような国会制度を持つ国はかなりユニークとされました。

画期的な民主主義はポーランドに黄金の自由と史上最大の全盛期をもたらしましたが、同時に腐敗を招きます。

表決においては、国民の10%を占める全貴族(シュラフタ)が投票権を持っており、これが問題でした。全貴族のうち一人でも「私は賛成しない」といえば、議会はやり直しだったのです。これが他国であれば、王が「私はこう命じる」と言えば下の者は上に従うだけ。そして、共和国の大貴族(マグナート)も自分たちの権利が制限されていることに不満を抱いており、これらの行き違いの結果、ポーランドが分割されてしまったのです。

そして1795年の第三次ポーランド分割以降、ポーランドは123年間地図から消されることになりました。

この123年間、多くのポーランド人が祖国の復活を夢見て戦います。そんな中、ついにポーランド独立を実現させたのがユゼフ・ピウスツキでした。

Fot. PAP/CAF/Reprodukcja

ピウスツキは1867年、ジュウゥフという小さな町(現リトアニア)で誕生します。貧しいポーランド貴族の家庭に生まれたピウスツキは、ロシア政府を嫌っていた母マリアの影響を受けました。

1863年、ポーランド人は武装蜂起(一月蜂起)をロシア帝国に対して行ったものの、敗北。その結果、多くのポーランド人が処刑され、以前より厳しく抑圧されていったのです。19世紀後半、ポーランド人の反ロシア感情はさらに強いものと化していきました。

青年時代のピウスツキ

青年ピウスツキは、ポーランド社会党の創立をきっかけに政治家となります。

ポーランド社会党といえば現在では共産主義に結びつくネガティヴなイメージですが、元は労働者に権利を与えるという政治グループであり、当時はそれなりに支持されています(現在の支持率は1%未満)。やがて社会党のリーダーとなったピウスツキは、 “Robotnik”(労働者)という名の地下新聞をも発行しました。

しかし1906年、ポーランド社会党はロシア第一革命の影響を受け、親ロシア的な態度になります。反ロシアのピウスツキは社会党から孤立し、ロシアの輸送列車から盗んだ金で私設軍隊を創設。

この私設軍隊が後のポーランド軍であり、1914年に第一次世界大戦が勃発すると、国内初の軍事会社としてクラクフから戦場まで行軍しました。ポーランド軍は第一次世界大戦時に多くの場面で活躍し、1918年の11月、戦争の終結を機にポーランドは独立します。

実は大戦中、ピウスツキはドイツの肩を持つことに拒否したため投獄されていました。しかしドイツが敗北すると出獄し、1918年11月10日には祖国のヒーローとしてワルシャワに到着。

ピウスツキとパデレフスキ

やがてピウスツキは第二次ポーランド共和国の国家元首となり、翌年1月にはパデレフスキ首相による内閣を発足しました。その後はクーデターを起こして政府側から批判されたものの、ポーランド人や国内に住むユダヤ人から絶大な支持を得ることに成功しています。

ピウスツキはポーランド・リトアニア共和国の復活を目指しており、またウクライナも(リトアニアのように)共和国の一部になるべきだと考えていました。

それもあって、ヒトラーがソ連に対抗しようとポーランドに歩み寄ったとき、ナチスの反ユダヤ的な考えや過激な民族主義に賛同できなかったピウスツキはドイツと同盟を結ぶことを拒みます。

それよりもドイツが第一次世界大戦の影響で弱まっている間になんとか対処せねばと考え、イギリスやフランスに協力を促しました。ここでもし、彼らがピウスツキの意見を受け入れていれば、第二次世界大戦はこれほどまでの悲劇と犠牲を生まずに済んだかもしれません。

1935年3月12日、ピウスツキは肝臓癌でこの世を去りました。そして彼の死から4年半年後、ドイツのポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発。

ポーランドは間もなくドイツとソ連に全領土を占領され、1945年まで再び地図の上から姿を消すことになるのです。

ワルシャワ蜂起 〜ドイツに立ち向かった63日間〜

2016.03.10
.
..
ちょっと、こぼれ話

▲ピウスツキと娘2人

ピウスツキは日本に訪れたことがあり、また文化人類学者である兄ブロニスワフ・ピウスツキは北海道に移住し、アイヌ人と結婚しています。

なんと、日本とも縁のある人物だったのですね!話すと長くなるので、また別の機会(記事)でお話しましょう。

<スポンサーリンク>

20世紀前半のポーランド軍

ピウツスキ率いるポーランド軍

ここで登場する Legiony Polskie(レギオネ・ポルスキエ)は、1914年8月に発足したオーストリア・ハンガリー軍の一部としてのポーランド軍です。

第一次世界大戦ではロシアと戦い、指揮はポーランド語で行われました。

最初はピウスツキが結成した小さな軍事集団でしたが、1916年6月には15,000人の兵員となり、1919年9月には54万人となっています。

当時の戦いで最も有名なものといえば、ポーランド=ソビエト戦争

第一次世界大戦後の1919年2月からの約2年間、ポーランドはソビエト・ロシアと戦います。戦場はポーランド、ウクライナ、リトアニア、ベラルーシ、ラトビアと広範囲に及びました。

なぜポーランドはロシアを攻めたか。

それは、ピウスツキはかつて繁栄したポーランド・リトアニア共和国の領土回復、そしてベラルーシ西部とウクライナ西部を占領して共和国の一部にしようという野心を抱いていたからです。

当時のロシア国内は内乱と外国干渉で疲弊しており、ポーランドにとっては奪われた領土を取り戻す最大の機会でした。

映画にもなった「ワルシャワの戦い」

そして1920年5月、キエフを占領したポーランド軍。同年8月のワルシャワの戦いでの「ヴィスワ川の奇跡」は、今でもポーランド国民の間で熱く語り継がれています。結果、この戦争で勝利をおさめたのはポーランドでした。

ゆえに、ポーランドは独立したのです。

ドイツが第一次世界大戦に敗戦したことで独立を果たしたポーランド。

しかしこのロシアとの戦争でもし負けたとなれば、ポーランドは再びロシアに占領され、今度は永遠に地図から姿を消したかもしれません。他の国も……。

毎年8月15日、この日はカトリック教会の祝日で「聖母マリア被昇天の祝日」と呼ばれますが、同時に「ヴィスワ川の奇跡」を祝う日でもあります。

下記記事では両方について説明してるので、興味のある方はお読みください。
(2017年8月に公開予定)

 

ポーランド軍の絵描きたち

2017年5月21日撮影

この記事を書こうと決めたきっかけ、それが国立美術館での期間限定展示「ポーランド軍作品展」(2016年6月3日〜2017年12月末)でした。

1916年3月18日、歴史家イェジェ・メチェルスキはポーランド軍がテーマの個展を開きます。展示された作品の数は500点を超えるもので、本来は一ヶ月限定の展示であったにも関わらず5月まで延長されたんだとか。

1916年といえば、ポーランドが独立する前のことです。当時この個展に訪れた人々は、どのような思いで勇ましいポーランド軍の絵を眺めたのでしょうか。

2017年5月21日撮影

2017年5月21日撮影

第一次世界大戦時に結成されたポーランド軍には、約180人の画家、彫刻家、版画家がいたといいます。

クラクフ美術学校の学生30人も参加し、後に2人の女性も活躍しました。

戦場アーティストと呼ばれる人々が前線で戦うポーランド軍を描き残したのです。命がけで絵を描き、また軍人として活躍した人々がいたのには驚きました。

2017年5月21日撮影

2017年5月21日撮影

この作品展の開設には、現在のポーランドにとっても特別な思いがあります。

記念祭典のようすが国立美術館のホームページで公開されているので、ぜひ見てみてください。そして、クラクフに滞在される方は国立美術館に訪れるのを忘れないようにしてくださいね!

クラクフ国立美術館には白貂以外に何があるの?

2017.05.25

話題のクラクフ国立美術館について…基本情報まとめ

2017.04.25
.
今日のポーランド語

patriota

patriota(パトリオタ)は「愛国者」という意味です。女性の場合は -tka と語尾を変え、”patoriotka”(パトリオトカ)といいます。

Józef Piłsudski jest wielką patriotą(ユゼフ  ピウスツキ  イェスト  ヴィエルコン  パトリオトン)は「ユゼフ・ピウスツキは偉大な愛国者だ」という意味です。ポーランド人にこのセリフを言うと、かなりビックリされるとともに喜ばれるでしょう(笑)。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

2 件のコメント

  • 日本国愛知県 服部 充良 より:

    ポーランドには「ピウスツキ通り」「ピウスツキ広場」「ピウスツキ橋」「ピウスツキスタジアム」など「ピウスツキ」の名前を冠した公共施設がたくさんありますよね。このことからもピウスツキが国民から英雄として崇められていることが分かりますね。

    • Ayaka より:

      服部様

      こんにちは。
      コメントの承認が遅れてしまい、大変失礼しました。

      私もこの記事を書いてから、ピウスツキというワードに敏感になりました。
      至るところに「ピウスツキ」の文字が見られますね。
      これからも、ピウスツキはポーランドの英雄として語り継がれていくでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です