失礼のないように…敬称 “Pan” と “Pani” の基本



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)
この記事をご覧になる方へ
ここは、ポーランド語の先生でもない私がレッスンをするコーナーです。ん?と思った方はこちらをどうぞ。
.

ポーランド語を話す時に注意したいのが、日本語と同様に言葉遣い。

敬称の “Pan” と “Pani” をしっかり使いこなして、初対面や目上の人に失礼のないポーランド語を話しましょう。

敬称は基本文法

Czy Pan/Pani …?

 

どんなとき敬称を使う?

原則、子どもを除いて初対面の人や目上の人、「下の名前で親しげに呼ぶのもなんだかな〜」という距離感がある人に対して敬称を使います。

しかし親しい友人の彼氏/彼女、ご主人/奥さんを呼ぶ場合は同年代であれば Pan/Pani は付けないことも多いですし、親戚でも血縁関係がなく年上(例えば、兄の奥さんのお父さん)であれば Pan/Pani を付けたりします。とにかく距離感があれば Pan/Pani を使いましょう。

大まかなルールはこちら。

苗字や名前の前に付加されるが、特に名前の方と結びつくことが多い。苗字と結びつく場合は、著しくフォーマルな場面(銀行、病院など)である。

państwo は夫婦への呼びかけだったり、苗字と一緒に呼ぶ場合がある。また誰に手紙を書く場合。

直接的な呼びかけでは、pan や pani は呼格で表し、名前を付けずに単に呼びかけだけの場合は、与格で表す。

on, ona, oni, one などの人称代名詞はよく省かれるが、pan, pani, państwo は滅多に省かれない。ただ、従属節で2番目に出現した節で、両方の主語になっている場合には省略されることがある。

Pan, Pani, Panowie, Panie, Panstówo と最初の文字を大文字にする場合は、特に尊敬の念を込める時である。

 

敬称の格変化一覧

男性 ~氏/様/さん1 単数 複数
主格 pan panowie
生格 対格 pana panów
与格 panu panom
造格 panem1 panami
前置格 panu panach
呼格 panie panowie1
女性 ~氏/様/さん1 単数 複数
主格 呼格 pani panie
生格 pani pań
与格 pani paniom
対格 panią1 panie
造格 panią paniami
前置格 pani paniach1
夫妻 ~皆さん (複数のみ)
主・呼 państwo 生・対 państwa
与・前 państwu 造格 państwem

 

敬称を使うと文法が変わる

敬称を使うとき、2人称の場合でも動詞の形は3人称になります。

使い慣れない頃は混同しがちですが、Pan/Pani ときたら必ず3人称と覚えておけば問題ないでしょう。

Czy może mi pani powiedzieć, gdzie jest przystanek autobusowy?
バス乗り場はどこか教えてくれませんか?
→ この pani は単数系女性の主格
.

Czy to państwa dziecko?
この子どもはあなたの子どもですか?
→ この państwa は複数形(夫妻)の生格
.

Ten samochód należy do pana Tsubasa.
この車はつばささんのです。
→ この pana は単数系男性の生格
.

Czy wiedzą panowie jaki jest wynik meczu?
試合結果がどうだったか教えてくれませんか?
→ この panowie は複数形男性の主格
.

Gdzie są parasolki tych pań?
この方達の傘はどこにありますか?
→ この pań は複数形女性の生格

 

敬称の格変化はご覧の通り、通常の名詞変化と比べてやや複雑です。

これらを自然に言えるようになるまでには時間がかかると思いますが、基本の “Czy  動詞の3人称 Pan/Pani 〜?” はすぐ言えるように覚えておきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です