【日帰り】ポズナンからグニェズノへの行き方



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

グニェズノはポーランド発祥の地

ここからポーランドのすべてが始まりました。一般的にポズナンとともに最初の首都とされているグニェズノですが、実は正式にはこのグニェズノのみが首都として登録されています。

photo: flickr by Guillaume Speurt

photo: flickr by Guillaume Speurt

お札の人物はポーランド王国の初代国王ボレスワフ1世。勇敢なボレスワフと呼ばれ、この地で大活躍しました。

ポーランドの壮絶な歴史2 ピャスト朝

2015.12.05
.

しかしグニェズノの見所はという大聖堂と周辺にある博物館程度なのであまり観光地としては知られていません。

こんなに歴史的にも重要な場所だというのにポーランド人ですら行ったことがない人も多く、グニェズノに行ったことがあると私が言うと「自分でも行ったことがないのに!」と驚かれます。

ポーランド人の友人がいる方は、ネタになるかもしれませんね (o^ ^o)

 

ポズナンからの行き方

グニェズノ駅のプラットホーム

グニェズノ駅のプラットホーム

グニェズノはポズナンから西へ50キロ、列車で走ったところにあります。

ポズナン中央駅(Poznań Główny)からグニェズノ駅(Gniezno)までの直通列車は1時間に2〜3本。

PKPのICまたはTLKで移動時間は26〜30分、ローカル列車のKWでは約40分、そしてPRでは約50分(快適ではありません!)です。

個人旅行に便利!ポーランドの列車の種類一覧

2015.11.17
.

ポズナンから非常にアクセスしやすく、日帰り旅行にはピッタリ。

日帰りどころか半日でも十分なのでポズナンまで来たのであれば、ぜひグニェズノにも足を伸ばしてみてください。

 

グニェズノ駅からの行き方

グニェズノ駅に着いたら、まずは大聖堂へ行ってみましょう(大聖堂についての解説は次の項目で)。駅から大聖堂までは徒歩約15分で1.2キロです。

駅に背を向けたら、前に Dworcowa(ドボルツォヴァ)通りがあります。

Google Map

Google Map

その通りを左に進み、画像のように Kościuszki(コシチュシュキ)公園を突き抜けてミエシュカ(Mieszka)通りを進んで行きましょう。

コシチュシュキ公園

コシチュシュキ公園

ちなみに公園を通り過ぎる時にはこんなモニュメントを見ることができます。

Adama Mickiewicza(アダマ・ミツキエビチャ)通りに出たら左へ曲がり、1つめの角で Warszwska(バルシャフスカ)通りへ入ってください。

Google Map

Google Map

この通りをずっと進むと中央広場にでます。でもなぜか中央広場直前で通りの名前が、バルシャフスカから Farna(ファルナ)通りに変わります。

この辺りは、航空写真で見た方が分かりやすいかもしれませんね。

Google Map

Google Map

その広場から左を見ると下の写真のように大聖堂が見えるので、後はこれを目指して真っ直ぐ歩いて行くだけ。

ただ私が訪れたときは雲っていて綺麗に撮れなかったので、他の方の写真を使わせていただきます…。

photo by Panoramio

photo by Panoramio

 

グニェズノ大聖堂

この歴史ある大聖堂は10世紀にポーランドを築いた最初の人物であるミェシュコ1世によって建設されました。

ポーランドの壮絶な歴史1 ポーランド初期

2015.11.30
.

1000年には神聖ローマ帝国のオットー3世がここで集会を開き、グニェズノに大司教座を設置。

そして1025年に再び大聖堂を訪問した彼は、ミェシュコ1世の息子であるボレスワフ1世に “ポーランド王国の初代国王” として冠を授けています。

しかし1038年、グニェズノの街がチェコによって略奪されてしまうという事態が発生。大聖堂にあった宝もすべて盗まれてしまい、これが原因となってポーランド王国の拠点はやむを得ず、グニェズノからポズナンに移りました。

それでも戴冠式は建て直されたグニェズノ大聖堂で伝統的に行われており、それは1331年にドイツ騎士団がこの地に攻めてくるまで続いています(その後はクラクフのヴァヴェル大聖堂)。

ドイツ騎士団によって破壊された大聖堂は10年の月日をかけて改修され、ピャスト家最後の国王カジミェシュ3世も寄付を送るなどして協力しました。

photo: flickr by Marcin Chady

photo: flickr by Marcin Chady

こちらは大聖堂の中のようす。

クラクフのヴァヴェル大聖堂や聖マリア教会のような華やかさはなく、かなり素朴です。まだポーランドが国となって間もない頃に建てられたので、それも当然と言えば当然かもしれません。

また別料金で塔に登ることもできますが、急な階段が全部で239段、高さ50メートルなので結構しんどいです。

中央広場側なら綺麗かも?

中央広場側なら綺麗かも?

塔からはグニェズノの街並を一望できるので「登る価値あり!」と言いたいところですが、…。お任せします(笑)。

 

近くの博物館へ

大聖堂見学が終わったら、隣にある大司教区博物館へ行ってみましょう。

ここには大聖堂の宝や寄贈されたもの、神父さんが来ていた服、祭壇までもが”無造作に” 展示してあります。

私が訪れた時は私しか見学者がおらず、各部屋に監視する人もいない状態でビックリ。でも今はリニューアルオープンしたようで展示方法が変わったようです。

グニェズノ大司教区博物館
Muzeum Archidiecezji Gnieźnieńskiej
開館時間:月〜土 9時〜17時
。。。。。日・祝 9時〜16時
※11月〜4月の水〜土は日・祝と同じ開館時間となるので注意してください。
料金  :10PLN

.
そして実はもう1つ、おすすめできる博物館が近くにあります。

Google Map

Google Map

中央広場とは逆へ1キロ歩くと、そこそこ大きな歴史博物館があるんです。

1956年にオープンしたこの博物館は、戦時中のグニェズノ近辺での発掘調査で見つかった遺物やモニュメントなどが数多く展示してあります。

テーマは “ポーランド建国の歴史” なので、建国にまつわる興味深いムービーもありますよ。時間に余裕のある方はぜひ行ってみてください!

ポーランド歴史博物館
Muzeum Początków Państwa Polskiego
開館時間:火〜日 9時〜17時
※4月〜9月は18時まで。
料金  :10PLN

 

中央広場で休憩

駅に戻る途中の中央広場のカフェで、ちょっと一息してみませんか。

店内のようす

店内のようす

地元の人に人気のカフェです。

私は、現地の友人に勧められたものの時間がなくて行くことは出来ませんでした。でも「グニェズノに住んでいる人でこのお店を知らない人なんていないよ〜」と言われたくらいなので、よっぽど評判がいいんでしょうねぇ。

行きたかった…。

居心地がとてもよく、可愛らしいカフェメニューがいっぱいあるようです。

こんなメニューも!

こんなメニューも!

Misz Masz(ミシュ・マシュ)
住所  :Rynek 9, Gniezno
営業時間:月〜木 11時〜22時
。。。。。金・土 11時〜深夜0時
。。。。。日 12時半〜18時半

 

さて、いかがでしたか?

ポズナンはどちらかと言うと都会的で忙しい街ですが、グニェズノは本当にのんびりした小さな町です。

大聖堂の近くには人口の湖があり、2つ目に紹介した博物館へ行く途中で見ることが出来るのですが、そこに映る大聖堂もぜひ写真に収めてください。湖の周辺は緑もあって心が安らぎますよ。

もし3日くらいポズナンに滞在されるのであれば、ぜひ気分転換にグニェズノにも行ってみてくださいね (*^ ^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です