コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

娘はもう8ヵ月!イースターを迎えるもお家引きこもり生活はまだつづく…

子羊のケーキ
子どもたちに大人気の子羊のケーキ
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

皆さん、こんにちは!

今年のイースター/復活祭(クリスマスに並ぶキリスト教最大のイベント)は4月12日(日)でしたが、ご察しの通り、例年とはまったく違う過ごし方になりました。
詳細は当記事の後半で触れたいと思います。

私は5年前の復活祭にカトリックとして洗礼を受け、その数週間後に教会で結婚したので結婚5周年でもあり、実は記念すべき年。
それで2月中旬頃はカナダ旅行計画も立てていたのですが、この状況なので中止です…。
結婚の一場面

23歳で国際結婚は早かった?私が卒業間もなく結婚を決意した5つの理由

.

8ヵ月の娘
掴まり立ちも出来るようになりました
私たちの生活がすっかり家中心になってしまったのは約一ヵ月前の3月15日。
3月中旬の全博物館閉鎖と入国制限もあって当面のガイドの仕事は延期・キャンセルとなり、娘と過ごす時間が圧倒的に増えました。

成長がものすっご〜く早い乳児期を一時間でも長く一緒にいられるのは良いことなので、それ自体はポジティブに捉えています。

娘は8ヵ月になりましたが、ポーランドの赤ちゃんでもこの時期の平均体重は7.5キロだというのにもう10キロもあります!
袖は少し長いものの、よく動くので服は早くも80サイズを着せてちょうどいい感じ。

8ヵ月の娘
洗濯機がまわる音が大好き!
夫は(私が働きやすい環境を作るためにも)これまでと変わらず正規雇用で同じ給料を維持しつつ、週3出勤に変えたところでした。
出勤日数が増える場合は手当てを出すという条件付きで、まだまだ週4出勤が多いです。

建築の仕事で主に図面を書いていますが、専用プログラムが入ったパソコンでしか作業が出来ないので在宅勤務は難しい状況…

プログラムはすべて何十万とするので家のパソコンには入っておらず、さらに職場では大きなデスクトップ2つを使って作業しているので自宅だとかなり効率が悪いみたいです。

パン屋さんの張り紙
一人しか店内に入れないという張り紙
スーパーは営業制限や特別ルールなどで気軽に行けなくなってしまったので、一ヵ月前から買い物はすべて夫に任せています。
行きつけの会員制大型スーパーが24時間営業になったこともあり、義両親や兄弟たちと協力しながら基本的にはゴッソリまとめ買い

とは言っても必要な分を買うだけで、パスタや小麦粉を何袋も買うとかはしていません。

私の最後の買い物は3月12日でしたが、ドラッグストアやスーパーのハンドソープ/石けんコーナーは見事にすべて売り切れ!
家には10個以上の石けんと、もともとしょっちゅう除菌していて数リットルのアルコールがあったので私たちは問題ありませんでした。

夫いわく(私たちの住む街では)今はそういったものもふつうに入手できるようです。

テレビでミサ
テレビでミサが見れるだけいいのか…
もう一つの大きな生活の変化といえば、集会制限で教会のミサに行けなくなったこと。
教会でのミサは3月8日が最後となってしまい、それ以降は一ヵ月近く YouTube か国営放送で流れる生放送のミサを見ています

復活祭前日までの一週間を「聖週間」と言って、イエスの受難を記念するミサが木曜日から土曜日にかけて3日間行われます。
通常その聖週間の3日間と復活祭の2日間を合わせ、5日連続でミサに参加するんですね。

でも今年はすべて自宅のテレビの前だったので、赤ちゃんも見つつだとどうしても気持ち的に逸れてしまうところがありました。

教会の復活祭ミサは約3時間つづき、席は70〜80代以上の人しか座れないくらい混雑しているのですが、ふかふかのソファに座って見るミサは嬉しいんだか悲しいんだか…。

復活祭ってどんな祝い事?その前後にやることも徹底紹介

.

子羊のケーキ
子どもたちに大人気の子羊のケーキ
ポーランドのケーキ
復活祭は甘いものを食べまくる!
例年通りなら、復活祭の日曜日は義両親の家に集まって賑やかに過ごします。
長いテーブルを2つくっつけて、子どもたちがご馳走を目の前にギャーギャー騒いで、大人は「静かに!」と叱りながらも笑顔の朝食。

今年は私たち家族3人で義両親宅へお邪魔しましたが、徒歩7分のところに住んでいてもまともに話すのは一ヵ月ぶりでした。

復活祭の雰囲気は日本のお正月にかなり近く、非常にのんびりしています。
私たちも色んな人にスカイプして「昨日はどこのミサに行った?(実際にはどこにも行ってないけど、生放送でいろんな場所のミサを見れるので)」、「うちはバチカンに行ったよ!」なんて冗談交じりの会話を楽しんでいました。

それと毎年復活祭のミサを評価するんですが、今年はそれすらできませんでした。
光の祭儀や各聖人への祈りも省略され、新約聖書を歌う場面もなく、ミサも2時間程度で終わってしまったので物足りない感じです。。

【復活祭前日】今年の復活祭はこんな風に過ごしました 前編

.

イースターマンデー
肩車をしたらスカートが帽子みたいに!笑
ですが、かたちは多少違ってもこうして笑顔で迎えられたのは幸せなことですね。

ポーランドでもまだ収束の兆しが見えませんが、一刻も早く全世界がウイルスの脅威から解放される日が来ることを願っています。
今回の特別な経験を通して、日常や健康でいられることの有り難みに改めて気付きました

私たちの場合、元気いっぱいの娘がいるおかげで毎日笑顔で過ごすことができます。

これがもし妊娠中の去年だったら、不安でもどかしい日々に違いありません。
私は立ち会い出産+産後4日間は夫とともに病院で過ごしましたが、今出産を控えている方たちはそれが一切出来ないらしく、そうなるとより精神的なサポートが必要だと思います。

新型コロナに感染し重症で苦しんでおられる方々はもちろんですが、今後さまざまな境遇の人に目を向けなければなりませんね…。

すっかり春
まだ少し肌寒いけどすっかり春です
ポーランドは日中20度以上を記録する日もありますが、そう思えば氷点下になったり、明後日の予報は雪マークが出ています。
日本はすっかり衣替えシーズンでしょうか。

今は新型コロナに関係なく、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。
皆さんお身体を大切にお過ごしください!

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページのイイネの数でパワーをもらっています!


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

こちらの記事もおすすめです



4 件のコメント

  • アバター 日本国 愛知県 服部 充良 より:

    日本国愛知県在住の服部です。
     娘さんは順調すぎるくらいに成長していますね。8ヶ月で10kgとは立派ですね。きっと綾香さんの母乳が「スーパー母乳」なんでしょうね。つかまり立ちができるころはとにかく目が離せません。娘は階段から落ちそうになり、息子はひっくり返って机の角で小さなコブを作りました。
     567の災難は日本でもジワジワ来ています。3月後半は大阪に出張したのですが、その時点でも夜の飲食店は悲惨な状況でした。紹介されて入ったバルは流行っていて料理もお酒も安くおいしい店で、オーナーさんは70%くらいだと言っていましたが、そうでもない店は軒並み20%くらいだろうと言っていました。たしかに外から見ても店の格差がとても大きかったと思います。その大阪も13日から飲食は20時閉店、アルコール提供は19時までの自主規制が始まり、先ほどのお店も5月6日まで休業としたようです。昼間の梅田の様子をTV中継していましたが、信じられないくらいに横断歩道やデッキに人がいませんでした。
     ポーランドの様子も気になっており、YouTubeでグリヴィツェを検索したら、3月15日の日曜日のリネク周辺の様子がアップされていました。リネクにほとんど人がいない、日曜日なのに人の声がしない、リネクから駅への通りに人通りがない、車もほとんど走っていない、店は全て閉店している、・・・・。去年の丁度今ころポーランドに滞在しており、得意先の従業員さんや馴染みのレストラン、ビリヤード場、バーの様子などとても気になります。得意先の国内ライン向けの装置導入の予定があり、そのラインの製品はポーランド向けの輸出用なのですが、今のところ延期などの情報はありません。今後が気になるところです。
     大事はないと思いますがお気をつけてお過ごし下さい。

    • 私はしょっちゅう義両親から「もっと食べなさい」と言われるのですが、おそらく栄養がすべて母乳にいってしまっているのだと思います…。授乳中に限りでしょうけど、私は低体重のままで娘はどんどん成長していく感じです。多少どこかぶつけたりとかはやむを得ないでしょうが、大きなケガや誤飲しないよう気を付けなければなりませんね。

      日本は外出自粛要請を素直に聞き入れている人のほうが多いと思うのですが、先週末も人々で大変賑わっている公園が映し出されていて驚きました。というか、かなり甘く見ている感じでショックに近いです。飲食店やサービス業の方々にとって辛い時期とは言っても、健康あっての商売ですから耐えるしかないですね。グリヴィツェもクラクフも外出自粛をきちんと守る人が多く、最初のほうは市役所も人のいないリネックの写真をアップして褒めていました(服部さんがよく行かれていた場所は営業制限のためすべて休業中のはずです)。昨日からスーパーの人数制限やミサ参加人数など一部規制緩和されましたが、政府はこのまま慎重にようすを見ていくでしょう。
      まだ様子見段階で油断できませんが、少し出口が見えてきたような気がして嬉しいです。

  • アバター ヤザカキ より:

    ブログは更新しておられるようですが、近況が気になっていました。日本もようやく外出自粛で私の住む横浜もめっきり人が少なく、私も在宅勤務です。
    赤ちゃん本当に大きくなりましたね‼︎あどけない、かわいい笑顔に癒されます。普段お忙しい綾香さんですから、今の時間を大切にされてください。

    • 夫は花粉に苦しんでいますが、私たち家族は元気に過ごしています。娘が生まれたばかりのときの動画をよく見ますが、本当に大きくなりました!あっという間に成長すると聞いていたのに、もっと動画を撮っておけばよかったと後悔しています。。
      去年12月中旬に新横浜に泊まりましたが、あの辺りも人がかなり少なくなっているのでしょうね。ヤザカキさんもお体にお気を付けてお過ごしください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です