コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

アウシュヴィッツ博物館ガイド、サポートをご希望の方へ/申し込みページ

アウシュヴィッツ
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

旅行者さん
ポーランドへ訪れる目的の一つがアウシュヴィッツ。しっかりとこの目で見て、正しい解説を聞きながら歴史を学びたい。できれば団体ツアーじゃなくて、個人や少人数制のガイド/サポートで見学することができたら理想的なんだけど…。
あやか
ぜひ、マウォポルスカ県の主要観光地や史跡を案内できる公認ガイド、私にお任せください。近代の歴史のみに焦点を当てるのではなく、ポーランド全体の歴史やユダヤ史と絡めて、なぜホロコーストが起こったのかを丁寧に解説いたします。
公認ガイド資格について
.
アウシュヴィッツ私のガイドに興味をもって当ページをご覧いただき、ありがとうございます。
当申し込みページはアウシュヴィッツ見学に関することを中心に記載しております。

特別なポーランド旅行だからこそ「もっと深く知って心に残る思い出にしたい」という方、下記の都市や観光施設、博物館を訪れる予定の方はぜひガイドをご検討ください。

【2020年10月最新】アウシュヴィッツ見学で絶対知っておきたい情報8つ

.

私が対応できる場所
 アウシュヴィッツ強制収容所
 クラクフ旧市街
 カジミェシュ地区(旧ユダヤ人街)
 クラクフの旧ゲットー
 ヴロツワフ旧市街
 ヴィエリチカ岩塩坑(通訳のみ)


 対応時間
  アウシュヴィッツの場合、通常9時30分〜日没までの時間帯で3.5〜4時間の対応となっております。そのほかの観光地では、同時間帯のうち原則6時間の対応です。

 案内料金
  ガイド料金は530PLNからとなっております。参加人数によって異なるため、詳細は下記料金表でご確認ください。

 支払方法
  現在、お支払い方法は現地通貨、現金で承っております。事情により、日本円やユーロでのお支払いも受け付けております。

 

.

どんなガイドをしてくれるの?

アウシュヴィッツアウシュヴィッツでは、第一収容所と第二収容所を見学することになります。

通常だと3.5時間の公式ツアーに入って両収容所を見学しますが、私がサポートする場合はより詳しく説明するために第二収容所のみ集中的に案内させていただきます。

ただし第一収容所も合わせて見学することが可能ですし、見学方法も内容もしっかりフォロー しますので何もご心配いりません。

私はアウシュヴィッツ博物館専属のガイドではありませんが、アウシュヴィッツのあるマウォポルスカ県の主要観光地や第二次世界大戦の史跡を案内できる有資格ガイドです。

第二収容所に時間をかけることで通常のツアーでの説明よりも深く学ぶことができ、また質問も気兼ねなくしていただけるので満足度は高いと100%自信をもって言えます。

.
アウシュヴィッツの見学方法は大きく分けて、博物館あるいは現地旅行会社主催のツアーに入るか、完全個人で見学するかの2パターンとなります。

ただ個人のみが入場できる時間帯は限られており、ツアーに入らなければ正しい順路で見学することも、重要展示の場所の把握も、展示内容の理解も非常に難しいと言わざるを得ません。

しかも見学者数は年々伸びており、特に日中は大混雑しています。

第一収容所施設は決して広くないため見学者で溢れかえり、混雑で展示物が見えづらいことも多々、撮影中にツアーから外れてしまったり、時にはツアーについていくだけで精いっぱい…

私は2019年まで公式ツアーの通訳者としてアウシュヴィッツでのサポートを行ってきましたが、なんとかご依頼者さまがより満足いく方法での見学はできないかと考えていました。

そこで浮かんだ新しいサポートのかたちが、「第一収容所での説明内容も網羅しながら、第二収容所を個人的にじっくりガイドする」というもの。

こちらのサポート方法に変更してからご依頼者さまはもちろん、私自身の満足度も高くなりました(それぞれのペースでしっかりと説明できるので)。

以前でも満足のお声は多くいただきましたが、私ではどうすることもできない混雑へのご不満はありました。
新しいサポート方法では、できる限り混雑を避けることが可能となります。
.
第一/第二収容所について
第一収容所は写真、資料、模型、現物展示などを見ながらアウシュヴィッツの歴史やホロコーストについて学んでいく場所となります。第二収容所こそが皆さんのイメージされる「アウシュヴィッツ」であり、こちらでは屋外見学が主です。第一収容所とは異なり広いので混雑に左右されることは滅多にありません。

【2020年10月最新】アウシュヴィッツ見学で絶対知っておきたい情報8つ

5つの大きなメリット
❶ 混雑を避けてしっかり説明を聞くことができ、いつでも質問できる。
❷ 事前に詳しい説明を聞くため、第一収容所をスムーズに見学できる。
❸ 入場者制限で第一収容所のチケットが確保できなかったとしても、第二収容所できちんと見学できる。
❹ 第二次世界大戦前のユダヤ人やユダヤ教に関しての説明もあり、様々な角度でホロコーストを学べる。
❺ 各個人の訪問目的、見学ペースに合わせた説明やアレンジが可能。

2つのサポート注意点
❶ 私が対応する時間は約3.5時間となるため、第一収容所と合わせた滞在時間は平均5.5時間です。時間があまりない方は第一収容所を最短主要ルートで見学していただくか、私が通訳としてツアーに同伴し、両収容所を約3時間半で見学することも可能です。

❷ 第一収容所は早朝と閉館数時間前を除き、個人のみの入場はできません。時間帯によっては第一収容所で公式ツアーに参加していただきますが、事前に説明を聞いているためスムーズに理解できます。ツアーチケット確保に関してはアドバイスしますのでご安心ください。
.

.
旅行者さん
最後に確認!具体的に、第一収容所はどうやって見学するの?第二収容所のみの案内だと、対応時間がこれまでより短くなるのでは?
あやか
第一収容所の写真付きカラー資料をお渡しするので、それに従って見学をお願いします。第一収容所については第二収容所でもしっかりフォローするのでご安心ください。私の対応時間は以前とほぼ変わらず、むしろ説明できる量は通常のツアーより圧倒的に多くなります。
.

ガイド料金とお申し込み

▼通貨単位は現地通貨PLNとなります

2020年
ガイド基本料金
530 550 850
.
❶ アウシュヴィッツ強制収容所
❷ クラクフ旧市街/ヴロツワフ旧市街
❸ クラクフ旧市街+カジミエシュ地区
 アウシュヴィッツ+岩塩坑など
.
料金に含まれるもの
 メール相談、対応日のプラン作成、当日の案内、必要な場合は車両手配やレストラン予約代行

個人ガイドをご依頼のお客さまへ…モデルプラン一覧

追加で発生する料金
同伴者に伴う料金 70/1名
土日祝での対応 70/1日
ヴロツワフの案内 20〜40/1日
 小学校3年生以下のお子さまは2人で1人と見なし、乳児は同伴者に含めません。5名以上の同伴者がおられる場合は要相談とさせていただきます。
 また、対応中に発生する交通費・飲食費・入場料などは全額ご依頼者さまのご負担となります。

.
❶ご依頼メールの送信と同時に、ご依頼者さまのフルネーム、メールアドレスを業務目的で利用することに同意したものと見なします。
.
❷ガイドをしているのは私一人となりますので、ガイドが必須という方はツアー会社で手配なさってください。万が一対応ができなくなった際、代わりに紹介できるガイドはおりません。
.
❸最終的にご負担いいただく料金はご要望により変動する可能性があるため、プラン作成後にスケジュールと合わせてお伝えします。
.
❹ガイドである私は、Fundacja Rozwoju Przedsiębiorczości „Twój StartUp”(住所 ul. Żurawia 6/12, lok. 766, 00-503 Warszawa, Poland)に属します。
NIP: 5213641211, REGON: 146433467, KRS: 0000442857
.
❹対応日の一週間前から前日より起算し、キャンセル料金が発生します。なお、急病や怪我による渡航中止、その他本人のミスや落ち度によらない緊急事態の場合、ご依頼者さまとガイドはキャンセル料金を支払う必要はありません。

キャンセル料金一覧
7日前〜4日前 サポート料金の20%
3日前〜1日前 サポート料金の30%
当日/ノーショー 100%
事前購入した返金不可の入場料や交通費、振込手数料などは返金対象となりません。

.
お申し込みはガイド希望日3ヵ月前から、プラン確定は最短1ヵ月前となります。
対応できるかどうかは空き次第となりますが、お申し込みは “前日” でも承っております。

上記の注意事項などご確認のうえ、ご依頼専用アドレス:guide@witam-pl.com に必要事項を明記してお申し込みください。
下のボタンをクリックすると、必要事項内容が本文に記されたメールが開きます

.

旅行

クラクフ/ヴロツワフ観光ガイド、第二次世界大戦史跡のガイドはこちら

クラクフ観光ガイドもご希望の方はこちらへ
.

申込時の必要記載事項
宛先:guide@witam-pl.com
Cc vs92sv@gmail.com

❶ 氏名(フルネーム)
❷ 年齢・性別
❸ フリーメールアドレス
❹ 同伴者の有無と人数、名前
❺ ガイド希望日
❻ アウシュヴィッツに訪れる日の滞在先とその日の予定(分かる範囲でご記入ください)
❼ 他に案内してほしい場所があればご記入ください(クラクフ、ヴロツワフ、ヴィエリチカ岩塩坑など)
❽ 質問や要望、確認など

【注意】お申し込みメールは vs92sv@gmail.com にも同時送信されます。こちらからの返信は gmail アドレスからとなりますので予めご了承ください。
あやか
3日以内に返信が届かなかった場合は何らかの原因で、メールが送信完了していないか、私のほうでメールが受信できていない可能性があります。その際は大変お手数ですが、再送信していただくかこちらから再度お問い合わせください。

 

ご依頼者さまからのご感想

ご感想ご依頼者さまから直接いただいたご感想、御礼メールの内容一部を載せています。
.

男性アイコン

I様・O様(東京都)


初めてのポーランド旅行で、綾香さんのブログをたくさん参考にさせていただき勝手に近くに感じていたので、直接お会いすることができて嬉しかったです。知識量の多さや、非常にわかりやすい資料など、レベルの高いガイド力、大変尊敬します。綾香さんの資料のおかげで、迷うことなく無事に第一収容所も見学することができました。最後に見学した第一ガス室に実際に入った瞬間の空気の重さが非常に印象的で、心にずしっとくるものを感じました。
 
見学を終えた後に2人で話していたのですが、現在中国などでも特定の人種の収容が行われている問題もあり、アウシュビッツの過ちがあるのになぜそういったことが繰り返されてしまうのかととても悲しく思います。自身の人種が優れているといった人種の背景などを多くの人が当たり前のように信じきっていたことは、プロパガンダの怖さを感じますし、単一民族の島国であり、無宗教の人が多い私たちのような日本人にはなかなか理解しがたいことだと思いました。一方で、おかしいと思っても自身の家族を殺されたくないから何も口を出せなかったなどは、共感できる部分もあり、とても複雑な気持ちになりました。考えさせらることがたくさんです。
 
私たちが何不自由なく生活できている日々の過去にはこういった事実があったこと、そして何かが少し変わればこの先も同様のことが繰り返させれる可能性があることを心に留めていきたいと思います。日本では味わえない貴重な経験をさせていただき心から感謝しています。
.

.

女性アイコン

T様(東京都)


本日は、長時間ご丁寧にご説明頂き、ありがとうございました。教科書の中で見る遠い出来事であったホロコーストが、本日の見学で、現代を生きる自分たちも、今後のために向き合わなければいけない問題であると考えさせられました。見学の終盤に簡単にお話させて頂いたのですが、私は、ルワンダの小学校でどのようにジェノサイドが教えられているのかという研究をしています。ルワンダの歴史の教科書では、ルワンダのジェノサイドとホロコーストが比較されて教えられるのですが、虐殺の計画性や実行力、その被害の規模の大きさなど、ショックを受けることばかりでした。また、紛争を経験したことのない日本人の私が、なぜルワンダのジェノサイド研究をしているのかというのは、ずっと自分自身で考え続けている問いなのですが、今回のアウシュビッツへの訪問で、まだアウシュビッツの賠償責任が終わっていないという点からも、少し自分の中で役割がクリアになった気がします。
 
今回、豊富な知識と丁寧なご説明をして頂き、綾香さんにガイドをお願いして、本当に良かったと感じています。重ねてお礼申し上げます。また、他の友人を連れて、再び見学したいと思います。ありがとうございました。
.

.

男性アイコン

N様(埼玉県)


先日は、1日ガイドして頂きありがとうございました。丁寧な解説で、とても分かりやすかったです。昔からいつか見学したいと思っていた場所を、綾香さんにガイドして頂いて本当に良かったです。本を読んだり、映画を見たり、自分で調べたりもしていましたが、やはり百聞は一見に如かずでした。とても大きな勉強であり、経験になったと思っています。綾香さんのサイトのブログも、旅行中たくさん活用させて頂きました!そういう意味も込めて、本当にお世話になりました。
いつかまたポーランドに来た際も、サイトやガイドを利用させて頂きたいです。
どうぞお元気でお過ごしください。
..

.

女性アイコン

K様(埼玉県)


改めてとなりますが、先日はアウシュビッツでのガイド本当にありがとうございました。私は世界史を普通に勉強していた程度で関連の本や映画も少ない中でしたが、とても分かりやすい案内と説明でした。やはり勉強したり本で読んだその悲惨さは実際目にするととても心が痛かったです。それと同時にこのようなことが近代に起きていることが改めて信じられないことですし、忘れてはならないことだと強く感じました。
 
またおすすめして頂いたレストランに行ったのですが、とても暖かく美味しかったです!今後友人が旅行の行き先を考えていたらポーランドは絶対に勧めようと思える素敵な国でした。またいつかポーランドに行くことがありましたら、ぜひよろしくお願いします!改めてとはなりますが、本当にありがとうございました。
.

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページのイイネの数でパワーをもらっています!


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

こちらの記事もおすすめです



2 件のコメント

  • アバター 日本国 愛知県 服部 充良 より:

    子育てとお仕事が忙しい中お久しぶりの更新ですね。
    アウシュビッツには2012年に訪問し、15時からのフリー入場で入場しました。当時は第一収容所の展示物を人ごみで満足に見られないことはありませんでしたが、2018年に日本人ガイドのツアーで入場した方に聞くと、かなり混雑していたと言っていました。予約もかなり前から連絡していたようです。2012年当時でもビルケナウへの連絡バスは寿司詰め状態でしたが今はどうでしょうか?
    お子様が健やかに成長されているようで何よりです。子育てとガイドのお仕事の両立は大変だと思いますけどがんばって下さいね。

    • いつもご愛読いただきありがとうございます。
      ネタはあるのに更新しないのはただの怠慢かもしれませんが、隙間時間を見つけて今後も記事を書いていきます!
      ちなみに先ほど、パスワードをかけていた一つ前の記事を公開しました。

      アウシュヴィッツの件ですが、私が初めて訪れたのは2013年でした。
      2月だったのでかなり空いていましたが、それでも時期によってはシャトルバスが満席だったのですね。
      ただあの時は本数そのものが少なかったですし、それに関しては現在かなり改善されました(今は時間帯によっては10分に1本なので)。
      しかし繁忙期となると、特に夏は満席はもちろん、次のバスを待つしかない状況のときもあります。
      それどころか第一収容所の入場チケットを入手できず、泣く泣く帰ってしまう人もいますね。
      訪問者が増えることはいいのですが、この混雑状況にどう対処するかが今後の博物館の大きな課題となりそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です