コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

鶏•豚•牛の部位をポーランド語で言うと?+精肉コーナーで使えるフレーズ

肉の部位をポーランド語で
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

 

ポーランド語用語集 その3
鶏•豚•牛肉の部位

肉まず知っておきたいキーワード
鶏肉の部位(10語)
豚肉の部位(12語)
牛肉の部位(15語)
精肉店/コーナーで使うフレーズ

 
【注意】ポーランド語での部位は日本語が指す部位と必ずしも一致しません。ご参考程度に!

 

 

精肉コーナー

まず知っておきたいキーワード

精肉店・精肉コーナー

 ポーランドのスーパーには、対面で肉や肉加工食品、魚、チーズ、惣菜などを注文するコーナーがあります。市販のパックも売られていますが、特に切り身だと対面の計り売りが基本。最後の方で紹介するフレーズも押さえておきましょう。

 

肉の種類 rodzaje mięsaロザイエ・ミェンサ
dróbドルブmięso drobioweミェンソ・ドゥロビオヴェ…家禽/家禽肉
kurczakクルチャクmięso z kurczakaミェンソ・ドゥロビオヴェ…鶏/鶏肉
wieprzowinaヴィエプショヴィナ…豚肉
wołowinaヴォウォヴィナ…牛肉
kaczkaカチュカmięso z kaczkiミェンソ・ズ・カチュキ…カモ/カモ肉
gęśゲンシgęsinaゲンシナ…ガチョウ/ガチョウ肉
indykインデクmięso z indykaミェンソ・ズ・インデカ…七面鳥/七面鳥肉
cielęチェレンcielęcinaチェレンチナ…仔牛/仔牛肉
królikクルリクmięso królikaミェンソ・クルリカ…ウサギ/ウサギ肉
jagnięcinaヤグニェンチナmięso jagnięceミェンソ・ヤグニェンツェ…ラム肉
baraninaバラニナmięso baraninaミェンソ・バラニャ…マトン肉
dziczyznaヂチズナmięso z dziczyznyミェンソ・ヂチズネ…ジビエ肉

 一般的なスーパーで購入できるのは、家禽肉、豚肉、牛肉までです。牛肉は高価なため売っている部位は少なめ。ジビエなどは大型業務スーパーや精肉店などで購入できます。ほかにも、肉に関するワードで wędlinyヂチズナ(ソーセージやハムなど冷たい状態で食べる肉)pieczeńピエチェニ(ロースト)、bez skóryベズ・スクレ(皮なし)、z kościąズ・コシチョン(骨付き)、tłuszczトゥシチュ(脂肪)のワードも覚えておくといいでしょう。

ポーランドのソーセージの種類

ポーランドの主なソーセージすべて紹介!伝統名物カバノセは絶対食べよう


.
.
.

鶏肉の部位

鶏肉の部位

ムネ pierś z kurczakaピエルシ・ズ・クルチャカ
ササミ polędwiczki z kurczakaポレンドヴィチュキ・ズ・クルチャカ
モモ udo ćwiartkaウ・チフャルトゥカ
太モモ udziec kurczakaウヂェツ・クルチャカ
骨付きモモ肉 podudzie z kurczakaポドゥヂェ・ズ・クルチャカ
手羽先 skrzydełka kurczakaスクシェデウカ・クルチャカ
レバー wątróbka kurczakaヴォントゥルフカ・クルチャカ
砂肝 żołądek kurczakaジョウォンデク・クルチャカ
鶏肉挽肉 mieso mielone kurczakミェンソ・ミェロネ・クルチャク
鳥肉挽肉 mięso mielone drobioweミェンソ・ミェロネ・ドゥロビオヴェ

.
.

豚肉の部位

豚肉の部位

肩肉 karkówkaカルクフカ
ウデ łopatkaウォパトゥカ
ロース schabスハブ
リブロース żeberkaジェベルカ
ヒレ polędwicaポレンドヴィツァ
外バラ boczekボチェク
外モモ/ハム szynkaシュンカ
スネ肉 golonkaゴロンカ
胃(ガツ) żołądekジョウォンデク
ベーコン bekonベコン
豚脂/ラード słoninaスウォニナsmalecスマレツ
豚挽肉 mięso mielone wieprzoweミェンソ・ミェロネ・ヴィエプショヴェ

.
.

牛の部位

牛肉の部位

牛タン ozór wołowyオズル・ヴォウォヴェ
ネック szyjaシュヤ
肩バラ mostekモステク
肩肉 karkówkaカルクフカ
リブロース żebroジェブロ
前バラ łopatkaウォパトゥカ
スネ goleńゴレニ
ヒレ polędwicaポレンドヴィツァ
モモ udziecウヂェツ
外モモ krzyżowaクシジョヴァ
内モモ zrazowaズラゾヴァ
レバー wątroba wołowaヴォントゥロヴァ・ヴォウォヴァ
牛の胃 flakiフラキ
モツ podrobyポドゥロベ
牛挽肉 mięso mielone wołoweミェンソ・ミェロネ・ヴォウォヴェ

.

精肉店/コーナーで使うフレーズ

1.(客)こんにちは(朝・夕もOK)
Dzień dobryジン・ドブレ.
2.(客)△△△を◯gください。
Poproszę ◯g △△△ポプロシェン ◯グラム(肉の部位).
 △△△の部分(肉の部位やソーセージなどの名前)は【生格】となります。分からない場合、主格(単体で書くときや辞書の形)でも通じるのでそのまま言っても問題ありません(例:◎schabuスハブ/(mięsoミェンソ) schawowegoスハヴォヴェゴschabスハブ, ◎szynkiシュンキszynkaシュンカ)。

ポーランド語の数字の言い方

3.(客)薄く切ってください。
Proszę pokroić na cienkie plastryポプロシェン ポクロイチ ナ チェンキエ プラストレ.
 ヨーロッパでは日本のように薄切り肉を食べる習慣はありません。それでもダメ元で「薄く切ってください」とお願いするのもアリ。もうちょっと薄く切って欲しい場合は “Jeszcze trochę więcejイェシュチェ トロヘン ヴィエンチェイ” と言います。また、カタマリで売られているチーズを薄くスライスしてほしいときにも使えるフレーズです。
4.(店)何をお求めですか?
Co dla Pani/Panツォ ドラ パニ(女)パヌ(男)
 精肉コーナーで自分の順番が来たときに店員さんが言うフレーズ。こちらの質問の答え方は2番になります。複数の欲しい商品がある場合はとりあえず商品の名前(肉やチーズの種類)を伝え、店員さんが “Ileイレ?”(どれくらいの量ですか?)と聞いてきたときに量を言ったほうが相手は分かりやすいでしょう。
(店)どれくらいの量ですか?
Ileイレ
 グラムで言ってもOKですが、ポーランドの精肉コーナーでは “デカグラム“(dag)で言うことが多いです。10デカグラムは100グラム、100デカグラムは1キロ。数字が小さい方が言いやすい&聞き取りやすいので、デカグラムの言い方も覚えておくと◎。
5.(店)これくらいでいいですか?
Wystarczyヴェスタルチェ
 具体的にグラムやデカグラムで欲しい量を伝えても、必ずしもピッタリになるとは限りません。そのため、「ヴェスタルチェ?」と聞かれることがあります。十分であれば “Takタク“、もう少し必要であれば “Jeszcze trochę więcejイェシュチェ トロヘン ヴィエンチェイ” と言いましょう。
6.(店)ほかにも何かお求めですか?
Coś jeszczeツォシ イェシュチェ
 ある場合、”Jeszcze proszę ◯g △△△イェシュチェ プロシェン ◯グラム(肉の部位)” とオーダーを続け、ない場合は “To wszystkoト フシェストコ“(これで全部です ※8番参照)と返しましょう。
7.(店)これですか?
To
 商品の名前をハッキリ伝えても、確認のために店員さんが商品を指差しながら「これですか?」と尋ねてくる場合があります。合っていれば “Takタク“(はい)と言えばよいですが、異なる場合は必要に応じて、”po prawejポ プラヴェイ“(右側)や “po lewejポ レヴェイ“(左側)と指を指しながら的確に伝えましょう
8.(客)以上です、ありがとう。
To wszystko, dziękujęト フシェストコ  ジェンクイウェン.
 ある場合、”Jeszcze proszę ◯g △△△イェシュチェ プロシェン ◯グラム(肉の部位)” とオーダーを続け、ない場合は上記のように返しましょう。
ショッピングの知識

サイズ表や返品条件|ポーランドで食品、衣料、日用品を買うときの常識6つ

スーパーで買い物をする前に知っておくべきこと6つ

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事がお役に立ったら、Facebookページをフォローしていただけると嬉しいです。記事を書くパワーが出ます♪
Facebookページをフォローしよう

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2021

こちらの記事もおすすめです



1 個のコメント

  • アバター にっしゃん より:

    ポーランドでは牛肉はあまり食べませんでした。価格も豚の3倍くらい高価でした(部位は知りませんが)。で、これでもか!というような赤身で、刺しも皆無に近いものでした(角煮にしました)。これでは、豚肉の方が美味しいかも。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です