コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

ポーランドで人生初のヒッチハイクに挑戦!もうやらないけど最高の思い出

ポーランドでのヒッチハイク
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

サッと3分程度で読めます

 

夫Piotr
ポーランドでヒッチハイクなんてしたことあったんだ!ごくたま〜に見かけるけど、女性は危ないんじゃない?
あやか
22歳のときだったけど、いわゆる若気の至りかなぁ。
夫Piotr
法律違反ってわけじゃないけど、この記事を読む人はマネしないでね。特に女の子が他人の車に乗るのはダメだよ!

私も過去の自分に叱ってやりたい

.
ヒッチハイク

ちょっとだけ前置きを…

 私はイギリスと日本での学生時代、長期休みに入る度に数週間〜1ヵ月の旅行へ行くほど旅好きでした。乗り継ぎも含めると、1年で最高32回も飛行機に乗ったことがあります。ヒッチハイクをしたこの日も楽しい旅行中(まだ今の夫にも出会っていない頃)。当時は観光よりも人との出会い、アクティビティを重視していて、ヒッチハイクも「これが最初で最後の体験」と決めて実行しました。それまでの女一人旅といい、このヒッチハイクといい、私はつくづく運がよかったと実感しています。

海外を何十ヵ国と訪れて気付いたこと

17歳からの5年間で約40ヵ国訪問|その貴重な経験から得られた6つの気付き

.
.
.

ヒッチハイクの思い出
.

私がヒッチハイクをした理由

 先に言うと、お金がなかったわけではありません。あの日、私はグダニスクからワルシャワへバスで向かう予定で、チケットも購入済みでした。しかし、待つべきバス停の反対側でバスを待っていたので乗ることができなかったのです!ワジェンキ公園のショパンコンサートに行くのが目的だったので、そこでヒッチハイクを決意しました。ちなみに21時にワルシャワに到着し、16時から始まるコンサートには間に合いませんでした

.

 このときの旅行では、ポーランドのあとに旧ユーゴスラビア諸国に訪れました。旧ユーゴスラビア諸国は鉄道が発達しておらず、飛行機も多くありません。マケドニアからアルバニアへは長距離バスで移動するつもりでしたが、なんと欠便。次のバスは2日後…。迷わずタクシーで移動しました

.
.

350キロ移動で乗った車は3台

 グダニスクからワルシャワまでは高速を利用しても約350キロ。ふつうに車で移動すれば4時間程度の距離ですが、およそ10時間かかりました。本来いるべきだったバス停の近くから開始して、3台目に乗るまでに3時間強かかったと思います。最初はグダニスク大学の教授に10分ほど乗せていただき(開始後30分程度で初乗車)、次に20分ほどグダニスク大学の学生さんに乗せていただきました!

グダニスクからワルシャワ.

信号前とガソスタが狙い目?

 決してヒッチハイクをすすめるわけではありませんが、道端の適当なところでヒッチハイクしても車はそうそう止まりません。そりゃ、車の流れが多い場所では「乗せてあげようかな」って思っても停めれないですよね…。3台目はガソリンスタンドから乗せていただきましたが、お互いに落ち着いて話ができるのでよかったです。ちにみに高速道路で人が歩くのは法律違反のため、高速道路の出入り口周辺でのヒッチハイクだけは絶対やめましょう。

.

 ほかにもガソスタ近くのマクド出入り口付近で当たってみましたが、そちらはまったくダメでした。そこで話し掛けた男性に「ここよりガソスタがいいんじゃない?」と親切にアドバイスいただき、「それもそうだ」とすぐに移動。数組に話しかけたところで3台目に乗ることができました!

.
.

3台目で素晴らしい経験ができた

 3台目はワルシャワ経由でホリデー中という、若いご夫婦×かわいい赤ちゃんの2組の車に乗せていただきました!ラッキー!8ヶ月の男の子と半年の女の子がいて、女の子はしょっちゅう泣いていましたが笑うと最高に可愛いかったです
 
 当時は2回目のポーランドだったのでポーランドの話も、日本の話もたくさんしました。休憩中はザピエカンカという軽食をみんなで食べたり、日曜日だったので教会探しに奮闘したり…。ポーランドは北海道みたいな感じで、街を外れると何もない草原が広がっていたりします。街に入れば教会だらけですが、本当に何もなくて、人を見かけては「近くに教会ないですか?」と尋ねていました。そこでようやく小さな教会にたどり着き、私は人生初のカトリックミサを経験。そこからは渋滞に巻き込まれながら、夜9時にワルシャワに到着しました

.
.

心優しいファミリーの厚意に感謝
Dziękuję bardzo!

.
.
.

ちょっと、つぶやいていい?
アイコン あの日は快晴の真夏だったため、逆にワルシャワ方面から海辺のグダニスクに行く人のほうがよっぽど多かったはず。途中、若いポーランド人男性がいっしょにヒッチハイクを手伝ってくれたり、ファミリーと過ごした4〜5時間といい、すごく貴重な経験でした。でも、だからって「ヒッチハイクいいよ〜」なんて言えませんね

一人旅日記1 台湾で食文化のちがいに驚く

.
.

 

ひと言応援メッセージ送信&投げ銭できます (^ ^)   ポーランドなびを応援する
あやか
この記事がお役に立ったら、Facebookページをフォローしていただけると嬉しいです!
Facebookページをフォローしよう

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2021

こちらの記事もおすすめです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です