作り方はシンプル!お腹に優しいおやつ「キシェル」



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

なかなか私が “料理のレシピカテゴリー” を更新しないので、こんなカテゴリーがあることすら忘れていました。

そういえばポーランドでよく見るお野菜の調理方法を教えてください、とリクエストされていたような…。次回はスイーツ系以外のレシピを公開いたします (> <)

さて、今回私が夫といっしょに挑戦したレシピは「キシェル」です!

ポーランドに来たら絶対に食べたいスイーツ10選

2015.11.29

 

キシェルの材料

img_4148.jpg

※小さな容器2つ分

キシェルの材料

  1. 3つのオレンジ
  2. オレンジの皮…オレンジ半分
  3. 片栗粉…ティースプーン3杯分
  4. お好みで砂糖…適当に

 

作り方/レシピ

疲れやすさ ★★☆☆☆
難易度   ★☆☆☆☆
所要時間  30分

 

手順を写真でまとめて紹介

オレンジの皮をすります

1. オレンジの皮をすります

オレンジ3つを絞ります

2. オレンジ3つの果汁を絞ります

2にオレンジの皮を入れます

3. 2にオレンジの皮を入れます

4. 沸騰するまで弱火で加熱

4. 沸騰するまで弱火で加熱します

6. 水とき片栗粉を作ります

5. 水とき片栗粉を作ります

今回のレシピで使ったのはこの片栗粉

※今回のレシピで使ったのはこの片栗粉

6. スプーンでかき混ぜながら5を入れます

6. かき混ぜながら5を入れます

ほどよい硬さになるまで混ぜます

7. ほどよい硬さになるまで混ぜます

8. 容器に入れてできあがり!

8. 容器に入れてできあがり!

我が家にはスクイーザーがないために、果汁を絞るのには試行錯誤しました。

しかし、スクイーザーでもこれだけの果汁を絞るのは大変です。「日本みたいにみかんの缶詰があれば、そのままミキサーにかけるだけでいいのに…」と思ってしまいました。ちょっと甘すぎるけど。

 

スマチネゴ!(召し上がれ)

思ったより時間がかかりました

思ったより時間がかかりました

キシェルはあたたかい内に食べるものです。少し冷ましてから食べましょう。

今回はオレンジで挑戦しましたが、食感はいいものの少し苦かったです。苦い/酸っぱいフルーツで作る場合、絞った果汁をなめてみて、苦ければ砂糖をお好みで加えるといいかもしれません。

あと、レシピ3の画像を見てもらうと分かりますが、ちょっと皮を入れすぎてしまったようです。なので、材料では「オレンジ半分の皮」に修正しました。

今度はちがうフルーツでも挑戦してみたいと思います!絞るのに時間はかかりますが、子どもと作ると楽しそうですね。水とき片栗粉を入れてぐるぐる混ぜるのは、大人でも楽しく感じますよ♪
.

今日のポーランド語

skrobia

skrobia(スクロビア)とは、「でんぷん」という意味です。

日本とまったく同じタイプの片栗粉はこちらでは見かけません。そこで私が代用で使っているのが “skrobia ziemniaczana”(スクロビア  ジェムニャチャナ:じゃがいものでんぷん)。

これで片栗粉と同じ配分で、とろみを付けることができます。また、”skrobia kukurydziana”(スクロビア  ククリヂャナ:コーンスターチ)も売っているようですが、skrobia ziemniaczana の方がポピュラーなようでスーパーにはあまり売っていないレアアイテムです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です