コロナ禍におけるポーランド入国情報はコチラ

【学生時代の旅日記3】ウクライナはキリル文字だけで異国情緒感たっぷり

旅日記 ウクライナ編
The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

 学生時代のアメブロを削除するにあたり “消してしまうのはもったいない記録” をこちらに一部編集した上で載せることにしました。興味のある方はぜひ私の学生時代の日記をお楽しみください。

旅日記 ポーランド編

【学生時代の旅日記2】9月でも寒いポーランドでスープを堪能しながら散策

海外を何十ヵ国と訪れて気付いたこと

17歳からの5年間で約40ヵ国訪問|その貴重な経験から得られた6つの気付き

 


2013.09.10 ウクライナに到着

Ukraina

ウクライナの入国審査では質問一切なし。
日本のパスポートの力ですかね?
 
さっそくATMでお金を下ろそうとするものの、ウクライナの通貨ってなに?\(^o^)/
フリーWi-Fiで調べてみると “グリブナ” だそう。
 
とりあえず4日分として6000円、
500グリブナを下ろしておきました (^_^)

.
Ukraina

どこの国も硬貨よりお札の方が見やすいです。
補助通貨コピーカは小さくて軽く、見分けづらい。
 
ボリスピーリ空港から市内までは空港を出て右側に停まる322番のバスに終点まで乗車します。
 
片道40グリブナで、出発後すぐにバスを止めてドライバーがお金だけ回収しに来ました。
あと本当に英語が通じない!空港でも通じない。

.
Ukraina

そしてここが終点。
しかもこの駅かなり大きい!そして立派。
 
そこら中、йцщзждбюф…
アルファベットそっくりのものも読み方は違うから下手に発音しない方がいいくらいです。
 
こんな国に現地通貨の名称はおろかガイドブックすら持たずに来た自分も勇者(ただの無計画)。

.

キエフのメトロの仕組み

ukraina

メトロに乗るにはこの青色のプラスチック製コイン、トークンを窓口か自販機で購入します。
 
1枚2グリブナで24円。
たったの24円で外に出ない限り、乗り放題!
 
10グリブナ紙幣があれば5枚単位で自販機で購入でき、窓口であれば1枚から購入できます。

.
Ukraina

これがキエフの地下鉄車両。
地下鉄が地上を走るのは違和感がありますね。
 
ラインは赤青緑と色で分けています。
今まで15ヵ国以上の地下鉄に乗ってきたけど、たぶんキエフが一番分かりやすくて一番安い!
 
ただ、厄介なのは一度地上に出たら(私が知る限りでは)間違えても引き返せないです。
しかも車内では次の駅しか表示しないから、外の駅名のサインをよく見ておかないといけません。

.
Ukraina

これがトークン自動販売機。
 
トークンをお守りのように数枚と持っていればあれこれ考えずに乗れちゃいます。
ICOCAがあったらチャージが少なくてもとりあえず改札は通れる、みたいな感じですかね。
 
同じ場所にある駅なのにラインによって名前が変わるのはややこしいですが、乗るだけなら簡単です。

.
Ukraina

改札の右側にトークンの投入口があります。
混雑時はテンポよく入れる必要があり、後ろから「もたつくなよ!」と聞こえてきそうでした。
 
改札後のエスカレーターはすごく長い…。
3分以上は乗らないといけないところもあります。

.
Ukraina

なかなかゴールが見えない長いエスカレーター。
 
地下鉄って早いイメージがあったけど、
キエフではそうでもないですね。国によるのかな。

.

外交官のアパートに泊まる

Ukraina

キエフのアメリカ大使館で働いているアメリカ人のお宅に泊めていただきました。
 
典型的なアメリカンでみんな体が大きく、テキサス英語で何言ってるのか分かりません\(^o^)/

.
Ukraina

政府から与えられたアパートだけあって広い。
ジャグジーにキャンドルがあって素敵。
 
夜中は警備員がわざわざチェックしにくるし、立地も政府の建物が集まっている場所だからか駅からアパートまでの道にも警備員がいました。

.

2013.09.11ホラーな地下鉄の駅

ukuraina

あまり寝ていなかったので翌朝10時起床。
慌てて起き上がり、リビングへ行くも誰もいない!
 
テーブルにはケータイが置いてありました。
わざわざ手書きで駅までの道のりと、念のために…とケータイまで置いていってくれたのです。
 
とりあえず、ふつうにキエフを観光。
メトロの地図にある観光スポットマークを頼りに観光していたら、怖い駅に降りてしまった!

.
Ukraina

Ukraina

誰もいない地下通路、照明器具が宙ぶらり。
横でマフィアが薬を売っていても違和感なし。
 
この駅はDniproといいます。
本当にもなんにもない駅だけど、地下鉄の地図で見る限りでは近くに観光地があったはず。
 
探してみると、この駅の裏には丘があってその真裏に観光スポットがあるようでした。
紛らわしい!トークン1枚使って引き返します。

.

出店がたくさんで賑やか

Ukraina

目があって、おいでおいでをされました。
この人たちはお調子者って感じで、片言の英語を喋るけど何言ってるのかまったく分かりません。
 
日本人が珍しいのか記念撮影もせがまれ、「夜の9時に会おう」って言われたけど、あまりにもしつこいから、ウソで「うん」って言いました。
 
このマクドのMをひっくり返したようなロゴ、メトロ周辺でよく見かけるラップサンドのお店です。

.
Ukraina

22グリブナで約270円。
ちょっと、かじったあとでごめんなんさい。
 
これでも表示よりちょっと高かったけど、たぶんチーズのトッピング代だと思います。
想像通りの味。ソースがこぼれて食べにくい。

.
Ukraina

こういうお店も駅前にかなり多いです。
でもこのお店は、後ろがちょっと気になるなぁ。
 
単にテーブルにありったけの食べ物を並べているお店もあれば、キオスクみたいなお店も。
しかし、売っている物はだいたい同じですね。

.
Ukraina

さっきのお店ではこのお菓子を購入。
湿気ていたけど、ほのかに甘くて美味しい。
 
10グリブナで約120円です。
このボリュームで120円は安いのかな。

.
Ukraina

ご覧の通り、クレープです。
 
キエフには本当にワゴン販売が多い!
ランチする時間も惜しむ私にとっては嬉しいです。

.

ペチェールシク大修道院

Ukraina

ポーランドにしてもそうだけど、東側の教会は西側より外観も内装も美しいですね。
 
ここは世界遺産ペチェールシク大修道院。
洞窟大修道院とも言われています。
 
噂によると大きな洞窟があるはずだけど、聞いても見つけられませんでした。
最初は英語で道標がでてたけど、途中からウクライナ語に変わるし…。世界遺産でしょーが。

.
Ukraina

Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina Ukraian Ukraina Ukraina Ukraina

小さい洞窟を発見。
撮影禁止だったので写真はありません。
 
洞窟に入る前、女性は長い布を腰に巻き付け、髪を隠すように頭にも布を被せます。
それを知っていた私はロングスカート!
 
洞窟にはミイラがたくさん眠っていました。
想像していたミイラではなく、真っ暗なうえ布を被せてあるから片方の腕しか見えませんでした。

.

ここでもアイスを堪能する

Ukraina

エスキモーのアイス!
ウクライナ語だけどなんとか読めます。
 
スロバキアでもこういう紙で四角形に包まれたアイスばかり食べていましたが、ここでも発見。

.
Ukraina

みんな長袖着てるけど暑いです。
夜は寒いけど、日中は25度はあると思います。
 
そこらへんの犬も干からびてました。
でも教会に行くならなるべく肌は見せない方がいいと思って、私も長袖を着て観光してます。

.
Ukraina

スーパーでドームサイズのアイス発見!
ファミリーサイズ?こんなアイス買ってみたい!
 
日本もそこそこアイスの種類はかなり多いけど、こっちの人もやっぱり好きなんですね。

.
o0480048012687495208

Ukraina Ukraina

いかにアイス好きかが十分に伝わる写真。
三度の飯よりアイスですから。
 
最後のキウイ味のソフトクリーム、なんか食べかけみたいになっているけど、そういう商品です。
 
元からこんな、異様に長いフタ?
溶けてはいませんでした。美味しかったです!

.

お次は大祖国戦争博物館

Ukraina

先ほどのペチェールシク大修道院の先をもっと進むと奥には、第二次世界大戦の悲惨さを物語る博物館と広い公園(墓地?)があります。
 
外には写真のようなモニュメントがあり、やけに暗い歌が流れていて、それが余計に悲しい。

.
Ukraina

Ukraina Ukraina

途中、日本が大好きと言うイスラエル人にえらく長いこと話しかけられました。
 
日本が好きなのは分かった、でもしつこい!
「電話番号教えて」攻撃があまりにひどく、その場を切り抜けるためにも教えました (T_T)
 
その後もロシア人男性にやたら話しかけられるし、アジア人女性1人はかなり浮きます。
こういう国で地元の人のフリをするのは難しい。

旅日記 チェルノブイリ編

【学生時代の旅日記4】福島の30年後に重ねてチェルノブイリ原発事故地へ

 

ひと言応援メッセージ送信&投げ銭できます (^ ^)   ポーランドなびを応援する
あやか
この記事がお役に立ったら、Facebookページをフォローしていただけると嬉しいです!
Facebookページをフォローしよう

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

こちらの記事もおすすめです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です