現在、旅行目的でのポーランド入国は制限されています

外国姓による夫婦別姓での注意点3つ&パスポート申請に必要な書類

The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

この記事の内容
 国際結婚の諸手続きの中でも一番最初に必要となるのが婚姻届。そして、思いのほかつまづくのが「夫婦別姓」の判断です。当記事ではポーランド人と結婚し、夫の外国姓に変更した私からの実用的なアドバイスをまとめました (^o^)
 
.
アイコン
この記事の目次
夫婦別姓で注意したいこと
新しいパスポートを申請する
パスポートにおける外国姓表記
この記事のまとめ


.


.

夫婦別姓で注意したいこと

ハート2020年現在、日本の現行の法律では「夫婦別姓」は認められていません。

しかし外国籍との婚姻に限り、日本の姓(自分の両親と同じ姓)または配偶者の外国姓のどちらを取るか自由に選択できます。
つまり日本の名字のままがいいのであれば、夫婦別姓も可能であるということです。

そしてこのケースだと夫婦別姓を選択する人が多いそうですが、海外に生活拠点をおく場合は外国姓に変えてしまうのも◎。
変更後に後悔しても遅いので、以下の点を考慮し、よく検討したうえで決めましょう。

考慮すべき点
 どうカタカナに直すか
 中国や韓国の姓を除き、外国姓はカタカナに直す必要があります。外国姓でも多くの人が聞き覚えのある姓だとまだいいですが、私の場合はポーランドの名字だったのでカタカナに直しづらかったです。何十回も彼の名字を聞き、ようやくカタカナに直したのが今の姓「カスプシュイック」です。

 聞き返されることが多い
 私の名字なんて特にそうですが、聞き慣れない外国姓は発音するのも聞き取るのも大変です。特に電話でやり取りする時は困るため、本名を使う必要のないシーンでは未だに通称として旧姓を使っています。また、私の名字をアルファベット表記にすると "Kasprzyk" ですが、ポーランド以外でパスポートを見せると沈黙が走ります。

 ハンコが使えなくなるかも
 外国姓になると、ハンコで不便な思いをします。事情が事情なので署名でたいてい済ませられるのですが、特に"署名" ではなく、"ハンコ" が必要となるシーン(銀行印や訂正印など)では、窓口や受付の人がよく慌てます。「確認します」と言われてから5分10分と待たされることも。

困るハリネズミ
ちなみに私の場合、結婚当初からポーランドに永住するつもりだったのと、夫婦別姓は違和感があったので外国姓を選びました。

私は婚姻届を出して間もなくポーランドに暮らすことになりましたが、外国姓をもって日本で生活するとなれば、上記以外にも考慮すべき点が出てくるかもしれません。

 

新しいパスポートを申請する

調べる女性外国姓にしたならば、次は新しいパスポートを申請しなければなりません。
日本人同士の結婚で姓が変わった場合でも新しいパスポートの申請が必要ですが、外国姓になると提出書類が一枚多くなります。

婚姻届提出から新しい戸籍が発行できる状態になるまでは、最短3営業日
新しいパスポートがすぐ必要という方は、宣誓書を記入して後日戸籍を提出することも出来るようなので申請窓口でご相談ください。

申請時に必要な書類
 以前のパスポート
 記載事項変更用の旅券発給申請書
 パスポート用証明写真
 外国姓を証明できる書類
 戸籍謄本

パスポート番号も変わるため旧パスポートを申請窓口で預けますが、新しいパスポートの受け渡し時に穴を開けられた状態で返却されます。外国姓を証明する書類については、配偶者のパスポート原本を持って行くのが手っ取り早いです。原本が難しい場合は配偶者の出生証明を提出しましょう。
また名字が変わったことを証明する書類として、婚姻後の戸籍謄本も必要です。

 申請料:収入印紙代6000円
2014年春からの新ルール
 従来は姓の変更があった際、900円の手数料を支払うだけでパスポートの別ページにて姓の変更を証明することができました。しかしこのような仕様は日本と他数ヵ国のみで異例だったため、日本も「姓が変わったら、パスポートも新しく申請しましょう」というルールに変更したそうです。
申請料金が
上がって残念

 

パスポートにおける外国姓表記

アルファベットパスポートに日本人の名前を記載する場合は必ずヘボン式表記となります。
いわゆるローマ字表記となるのですが、外国姓はヘボン式にする必要はありません。

つまり、外国人である配偶者のパスポート表記に合わせることができます。

例えば私の名字 “カスプシュイック” はヘボン式で “KASUPUSHU….” となりますが、ポーランドでは “KASPRZYK” と表記するので、この通りに記載することが可能です。

申請書裏面で非ヘボン式による申請が可能ですが、申請書表側の氏名記入欄にはヘボン式で書くことになるのでご注意ください。

あやか
ちなみに私は、6年数ヵ月の間に3回パスポートを取得しています。初取得が未成年で5年パスポート、それが切れて10年パスポートを申請したのが2013年2月。外国姓になったのは2014年7月なので、前のパスポートは約1年半しか使っていません。でもそのパスポートでは15ヵ国訪れました!

.

この記事のまとめ
アイコン 外国姓に変更すると日本姓に比べて面倒になる点はありますが、私は海外で暮らしているため日本姓のほうが扱いづらいです。メリット・デメリットは個人のシチュエーションによって異なるため、様々な場面を想定して慎重に決めたいですね。
 
 余談ですが、私の結婚前のパスポートはスタンプだらけでスパイだとネタにされていました。空港の審査官に怪しまれることも度々あり、イギリスだけでも10回の出入国記録、マイナーな国も複数回訪れていたりと渡航歴が異常だったんでしょう。パスポートの裏にもビザ管理シールがペタペタ貼られていました(笑)。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページのイイネの数でパワーをもらっています!


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2020

こちらの記事もおすすめです



7 件のコメント

  • アバター ひろ より:

    こんにちは、はじめまして!
    今ロンドン在住の日本人です。
    今ポーランド人の彼と交際して約一年。結婚を考えています。
    結婚の際に必要な物は日本に取りに行くか、ポーランドへ行くか、どちらにしろ日本に帰らないとできないですよね??
    聞きたいことがたくさんあります。

    • アバター Ayaka より:

      ひろさん、はじめまして。
      コメントの承認と返信が遅くなり、申し訳ありません。

      ポーランド人と結婚する日本人で、ポーランドに暮らすというパターンはあまり多くないようですが、イギリスやアメリカで出会って第3ヵ国で暮らすという方は多いようですね。
      私が役所で婚姻手続きをしたのはかれこれ2年以上前になり、またそのような手続きは随時変更されるようです。
      大使館で直接お尋ねされた方が確実だと思いますよ (^_^;)
      日本大使館でしたら、メールでも割と迅速に返事が来ます。

      • アバター ひろ より:

        コメントありがとう御座います!!
        とっても嬉しい気持ちになりました😊
        そうなんですね!直接大使館に連絡してみます!

  • アバター justyna より:

    こんにちは!
    私は逆の場合です。日本で住んでいるポーランド人です。日本人と結婚前、長いカタガナの名前は大問題ですね。

    • アバター Ayaka より:

      justyna さん
      はじめまして!
      ポーランド人の方からの初コメント、とても嬉しいです♪
      確かに、ポーランド人の名前はたまに長いので枠に入りきらないこともありそうです。
      私は Kasprzyk と短めの名字ですが、ホテルへ行くと「カスペルスキー」なんて言われたりしてそれもそれで問題です(笑)。

  • アバター うなぎ より:

    氏が国際結婚で変更となるので、パスポート申請についてこのページの情報が非常に助かりました。ありがとうございます。お若いのにしっかりしていて、素敵ですね。応援しています!

    • アバター Ayaka より:

      うなぎさん

      当記事の情報が参考になったようで何よりです!
      応援メッセージもありがとうございます(^o^)
      この記事も「誰か読むかな?」なんて思いながら記録がてら書きましたが、なんでも記事にしてみるものですね。
      国際結婚おめでとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です