現在、旅行目的でのポーランド入国は制限されています

ついに本日、ポーランドで新型コロナウイルス感染者一名確定

The following two tabs change content below.
アバター
クラクフ市公認ガイドのカスプシュイック綾香(本名)です。2014年以降、ポーランド在住。ガイド・通訳業の傍ら、旅行や生活に欠かせないポーランド情報をお届け中!
詳細プロフィールはこちら


※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

3月4日現在、世界中の新型コロナウイルス感染者数は約9万人以上にのぼり、そのうち3,204名の方が亡くなっているようです。
そんな中、今日の今日までポーランドで確定症例が一人も出ていないのは不思議なことでした。

ポーランド国内で感染者が出たことについて、特に驚いたポーランド人はいないはず
なぜなら、先週末28日時点でも感染の疑いのある入院者は47名、隔離対象者は55名、モニタリング対象者は1,570名であり、いつその中から感染者が出てもおかしくなかったからです。

気になるポーランド人の反応はというと、
.

Tomek
やっとこのニュースが出た!
政府が隠してるんじゃないかって気が気でなかったから、逆に安心したよ
Katya
周りの国はどんどん感染者が出てるっていうのに、ポーランドだけいないのはプレッシャーだったのよね〜
Maciek
アジアからの帰国者かと思えば…
結局これまでの歴史と同じで、悲劇はいつもドイツからやってくる(後述)
.

3月2日には国会で新型コロナについて審議があり、感染者が出るのは時間の問題、医療体制をさらに万全に…と言っていた矢先のことでした。

ポーランド最初の感染確定者となった男性はポーランド西部ルブシュ県ジェロナ・グラ在住、現在は回復に向かっていて元気だそうです。
彼は火曜日、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州からポーランドへ戻りました。
お隣ドイツの感染者はすでに300人越えであり、この州はドイツの中でも最も感染者が多いところ(3月5日で175名)だったようです。

男性はドイツ滞在中から体調が悪く、ポーランドに戻ってすぐ高熱と咳の症状を訴えて医者にかかると、結果は案の定陽性だったとのこと。
ただし症状としては割と軽度だったため、彼の家族含め、周りも至って冷静なようすみたいです。

また男性の家族やポーランド行きの同じバスに乗っていた全員の乗客、ドライバーも全員14日間の検疫を受け、バスはもちろん消毒済み。

政府も「常識を保ち、落ち着いてください。このウイルスは遅かれ早かれ出現するものであり、今それが起こっただけです」と言っており、少なくとも私の周りで混乱している人はいません。

ポーランドは感染者が出るのが遅かった分、来るべき日の準備期間として当てていました。
今後は国内で感染者がどんどん増えると思われるため、決してパニックに陥らず、引き続き基本的な予防対策に努めることが大事だと思います。

【3/16追記】新型コロナ影響による海外アジア人差別の現状

.

今日のポーランド語

gorączkować

“gorączkować”(ゴロンチュコヴァチ)は「熱が出る」という意味の動詞です。
私自身「熱がある」と言うときは、名詞の “gorączka”(ゴロンチュカ)を使って “mam gorączkę”(マム  ゴロンチュケン)と表すことのほうが多いので、”gorączkować” という動詞があるのは最近まで知りませんでした。
また、”gorączkuję się”(ゴロンチュクイェン  シェン)も「(私は)熱がある」という意味ですが、文脈によっては「イライラしている」という意味になってしまうので注意しましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

こちらの記事もおすすめです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です