私について

※サイト内の文章・画像の無断転載お断り

2016年12月のエルサレム旅行

はじめまして、綾香です。
2014 年夏、23歳の時にポーランド人と結婚し、同年9月にポーランドへ引っ越してきました。当ブログの運営は2015年の11月からです。
.

 

あなた、何歳なの?

2017年7月現在、26歳です。平成3年生まれですが、もうすぐ平成は終わってしまうそうですね…。
 

どこに住んでいるの?

南ポーランドのグリヴィツェ(Gliwice)というところで、ポーランド人の夫と2人で仲良く暮らしています。

第1回 私が住んでいるグリヴィツェってどんな街?

2015.11.15

 

IMG_5808.PNG

地図で見ると、この赤いところが私の住む県(シロンスク県)となります。

ちなみに南ポーランドの下は、チェコとスロバキア。グリヴィツェからチェコの国境までは車で約30分少しですが、プラハまでは約5時間もかかります!

 

海外居住経験は?

2014年9月15日からポーランド・グリヴィツェに住んでいますが、その前にもカナダ・カルガリー、イギリス・ブライトンに合計2年留学しました。

今はもはや日本が海外のような感覚。

 

ポーランドで何してるの?

主婦として家事はもちろん、当ブログの運営と記事更新、他メディア向けの記事執筆、ガイド・通訳など自分ができる範囲のことをしています。

2017年1月からは朝日新聞デジタル版にてポーランドについての記事を書かせていただいております。不定期の執筆ですが、ぜひお読みください!

第1回 ヴロツワフ
第2回 ボレスワヴィエツ

日本に住む人をポーランドに惹き付けることが私の大きな目標です。

当ブログが朝日新聞デジタル版に掲載されました

2016.11.02

ヴィエニャフスキ・コンクールでのお仕事 前編

2016.10.23

クラクフ・ヴロツワフ観光 個人ガイドいたします

2016.02.01

 

なぜポーランド人と結婚?

夫との出会いや国際結婚についてはこちらの関連記事に詳しく書いているので興味があればご覧ください。

私たちの国際結婚1〜あまりにも順調だった〜

2015.10.27

 

ブログを始めたきっかけは?

ポーランドに住んでいると言うと、「どこ?」「何が有名なの?」とか本当によーく聞かれます。これはよくない!

そこで、ヨーロッパのど真ん中という分かりやすい場所にあるにも関わらず、いまいち馴染みのないこの国(ポーランド)をたくさんの日本人に知ってもらうべく当サイトを作成しました。

興味本位でポーランドを知りたい人から在留者にまで親しんでもらえるような、楽しいブログにしたいと思っています。

 

私をさらっと言うと、

(良く言えば)どこにでも羽ばたく鳥です。23歳の春までずっと学生の傍ら、海外一人旅が最大の趣味

これまでに訪れた国は40ヵ国、ポーランドに来る前でも既に35ヵ国でした。旅をし続けて気付いたのは、未知の国よりも訪れたことのある国に行く方がずっとわくわくするということ。

旅の目的は、観光ありきで現地の人々と交友を深めることでしたね。

なぜそんなに海外をぐるぐると巡っていたかというと、単純に海外の国々に興味があったことはもとより、社会人として働きだしたらそう簡単には海外へ行くことは出来ないと思っていたから。

そんな感じなので周りから「将来外国人と結婚して海外に住んでそう」なんて言われながらも、私自身は20代後半で〔日本人と〕結婚して平凡な主婦をやっているものだと思い込んでいました。

しかし人生とはどう転ぶか分からないもので、とうとう、23歳という若さで国際結婚してしまったのです。

ポーランドへ移住し、ヨーロッパや中東がより近くなったのは嬉しい誤算でしたが、それでもやはり、学生時代に旅をしておいてよかったと思っています。

ヨーロッパに住んでいてもここで結婚して家族をつくる以上、好きなタイミングで好きなだけ近隣の海外へ行けるわけでもありませんから…。

絶対に行ってほしい穴場のヨーロッパ ベスト5

2016.02.05

 

こんな感じの私ですが

上の文章からも分かるように、人と関わったり話すことが大好きです。

特にテーマが自分のことでなければ、相手に突っ込んで聞いて話を展開していくタイプのおしゃべり。そういうわけで、記事を書くのも大好きです。

またこのホームページを作ってからは色んな業界のスゴい人からご相談を頂いたり、貴重な仕事をさせて頂いたりと本当に刺激のある生活を送っています。

でも私自身はスゴい人になりたい、目立ちたいとも思っていません。

息がつまらない程度にポーランドでも新たなことに挑戦し、このホームページを通して役立つ情報を発信し、1人でも多くの人にポーランドの魅力に気付いてもらえるようこれからも頑張ります!