ちょっぴり辛い、グヤーシュ添えのポテトパンケーキの作り方



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

もう9月下旬の話になりますが、数年前にご案内した方を自宅に招くことになりました。
日本でも作れそうなポーランド料理をぜひ教えてほしい」ということで、ハードルの低そうなポテトパンケーキをつくってみることに…。

でもハードル、意外と高かった!

しかし!私たち夫婦はふだんお米メインであり、日本で料理をする感覚でご飯をつくっています。
ポーランド料理はつくりません (^ ^;)
そこでいろんなレシピを吟味しながら選定したのが、今回ご紹介するポテトパンケーキです。

ポテトパンケーキと言っても甘くないですし、ちゃんとした主食になる一品ですよ。
ポーランド語では「プラツキ・ジェムニャチャネ(placki ziemniaczane)」と言います。
グヤーシュというパプリカで調味したボリュームのあるソースでがっつりいただきましょう。

 

ポテトパンケーキの材料

.
だいたい4人前

グヤーシュソースの材料


※煮込む必要のあるソースからつくります。

  1. 豚もも肉…300g
  2. パプリカ…1.5個
  3. にんじん…半分
  4. たまねぎ…半分
  5. にんにく…ひとかけ
  6. ローリエの葉…1枚
  7. オールスパイスの実…3〜4個
  8. トマトペースト…小さじ1杯
  9. 小麦粉…大さじ1杯
  10. サラダ油…大さじ1.5杯
  11. 調味料:塩、コショウ、甘いパプリカ粉辛いパプリカ粉、チリ
ポテトパンケーキの材料

  1. じゃがいも…750g
  2. たまねぎ…半分
  3. にんにく…ひとかけ
  4. 小麦粉…大さじ2杯
  5. 卵…1個
  6. 調味料:塩、コショウ

 

作り方/レシピ

疲れやすさ ★★★☆☆
難易度   ★★★☆☆
所要時間  1時間30分
.

グヤーシュソースの手順1

豚もも肉は、ゴロゴロした大きさに切ります。
.

にんじんとパプリカ(タネとワタはとる)は短冊切り、食べやすい大きさに切ります。
タマネギは半月切り、にんにくはすり下ろしたもの(今回はチューブ使用)を用意してください。

 

グヤーシュソースの手順2

深みのあるフライパンか鍋で肉を炒めます。
野菜類(にんじん・半分のパプリカ・たまねぎ)は別のフライパンできつね色になるまで炒め、肉の入ったフライパン(鍋)に移しましょう。

パプリカは半分残しておいてください。

 

グヤーシュソースの手順3

コップ2杯ほどの水を入れ、トマトペースト、ローリエの葉、オールスパイスの実、パプリカ粉やチリなどの調味料を加えます。
チリや辛いパプリカを入れすぎるとピリピリした味になるので、入れ過ぎには要注意。

40分間煮込み、残りのパプリカを入れます。
パプリカに火が通ったところでソースの味見をし、塩・コショウを加えてください。
最後に冷たい水に溶かした小麦粉を入れて混ぜ、ソースにとろみがついたら完成です!
.

あやか
結構、味付けが難しかったです。
そもそもグヤーシュの味が分からないと味の基準も分からないですよね。

ハウス食品さんのホームページにハンガリー料理のグヤーシュスープの作り方が分かりやすく載っています。
今回はこのソースバージョンを作っているだけなので、まずはこちらを作ってみるとよいかもしれません。

.

ポテトパンケーキの手順1

じゃがいもをすり下ろします。

 

ポテトパンケーキの手順2

ちょっと混ぜてから撮ってしまいました。
同様にすり下ろしたタマネギとにんにく、卵、小麦粉、塩、コショウを入れてよく混ぜます。

 

 ポテトパンケーキの手順3

油をひいたフライパンに手順2のペーストを焼きます(大きさはお好みで)。
あまり厚みを出してしまうと引っくり返すのが難しいので、入れ過ぎに注意しましょう。
裏表をしっかり焼いて、両面こんがり焼き目がつく程度に火を通してください。

焼いたポテトパンケーキをお皿に乗せ、グヤーシュソースをかけて出来上がり!
味をまろやかにするためにサワークリームをかけても良し、パセリを散りばめると見栄えします。

 

スマチネゴ!(召し上がれ)

初めてポテトパンケーキをつくりましたが、ポテトパンケーキはおいしく焼けました。
しかし、ソースがちょっと物足りない味に…。
塩・コショウがやや足りなかったみたいで、次回は味見をしっかりしたいと思います。

ポテトパンケーキ(特にこのグヤーシュソース添え)はポーランドで絶対食べたい料理の一つ。
ガイドのお昼休憩でも定番料理としてよく注文しますが、本っ当に美味しいです♪
日本でも再現できる味なので、ぜひ何回か挑戦して好みのグヤーシュソースをつくってください。

.

今日のポーランド語

rondel

“rondel”(ロンデル)は「鍋」という意味です。小さな鍋は “rondelek”(ロンデレック)といい、”ek” がつくと小さいものを指します。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です