財布を紛失!どうやって対処すればいい?在住者編



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

数週間前、生まれて初めて貴重品=財布を紛失しました。みっともない…。

冷静に考えれば、今までこれといった貴重品を盗まれたことも、紛失したこともなかった自分。そんな目に遭っていなかったのが逆に不思議なくらいで、「ついにこの日が来たか」という感じです。

海外在住歴計5年(ポーランドは3年ばかし)、観光での訪問国は40ヵ国を上回りますが、これだけ海外経験があれば一度や二度はスられるものです。

もうここまできたら、ブログのネタですよ。いろいろと勉強になりましたし、一回目なのでよしとします(いいの?)。

※今回は完全に私の不注意です!
.

このページの目次
1. どんな経緯で紛失したか
2. 気付いてすぐさまやったこと
3. 翌日、警察署で紛失届を出す
4. 銀行での手続き
5. 滞在許可証の再発行手続き

<スポンサーリンク>

どんな経緯で紛失したか

マジであたしの財布どこいった

その日は、ヴィエリチカ岩塩坑での通訳とクラクフご案内の日でした。

いつもは直行バスでクラクフへ向かうものの、この日はカトヴィツェという街を経由してクラクフへ向かいました。つまり、バスを一度乗り継ぎました。

99%、このタイミングで財布を紛失してしまったのだと思います。

カトヴィツェのバスターミナルでバスのチケットを購入し、バスの座席に座ってから財布を見たのは覚えていますが、そのあとが思い出せません。

無意識に、持っていたリュックのポケットに入れ、そのチャックが開いていたとかで落ちてしまったのでしょう。

クラクフに着いたとき、バスが遅延したこともあって私は座席を確かめずに慌ててバスを降りました。いつもは確かめるのですが、そのときに限って!

数分後にはお客さまと合流し、先にヴィエリチカへ向かい、17時前までご案内をしていました。そして別れ際、7時間以上ぶりにリュックを開けると財布がなかったんです(泣)。ショック。

ヴィエリチカでは後ろのほうにいましたし、お客さまもずっと近くにいたので、チャックを開けて盗まれたらすぐ分かると思います。1%の確率でお客さまといっしょにいたとき、どこかのタイミングでスられた可能性はありますが…

 

気付いてすぐさまやったこと

お客さまと別れたあと、私は用事があって帰路についたのは20時過ぎ頃。

とりあえず、その用事を始める前に夫に財布がないことを伝えました。こう言うと、「よくその用事、すっぽかそうと思わなっかたね」と言われるのですが、前から楽しみにしていたのですっぽかすことは考えていなかったです(笑)。

 

バス会社に連絡をした

ここがダメだったら絶望的

私が用事をこなしている間、夫がバス会社に連絡をしてくれました。

皆さんお察しの通り、「落とし物はない」との回答。翌朝、同じバスに乗ったので、昨日と同じ運転手さんに自分で直接聞くと「昨日も電話くれたけど、ここにはないよ」と言われました。

そのあと、クラクフのバスインフォメーション、また別の日にカトヴィツェのバスインフォメーションで聞くも撃沈。

しかし、クラクフのインフォメーションの女性の方は、かなり親身に対応してくれて感動しました。ちなみにインフォメーションは、バスターミナル2階のチケット売り場の横にあります。

 

クレジットカードを停止した

1枚しか持ってなくてよかった

私が持っているポーランドのクレジットカードは、必要最低限の2枚のみ。

でも1枚は有効期限切れ(あとで夫に言われて知った)だったので、もう1枚のクレジットカードをすぐさまアプリで停止しました。日本でもアプリで停止したりとか出来るんでしょうか?

落としてからの使用履歴はなし。

すぐさま再発行手続きをし、この記事を書いている今はクレジットカードを持っています。基本的にいつもカードで支払いを済ますので、しばらく現金しか使えないのはなんだか不便でした。

 

さっそく財布を買った(笑)

前と同じWITTCHENの財布

今年2月に購入した革財布でしたが、まさかこんなことになるとは…。

そんなに高価でもないし、革財布の味が出る前でよかった(笑)。それより、なぜか、つい最近買ったクラクフの公共交通機関チケット5枚をさっそく失くしたほうが精神的に痛かったです!

でも財布を落としたという惨めな気持ちを落ち着けるために、ネットで財布紛失・盗難体験談を読んでいると、「中身はいいから財布だけでも返して〜」と言っている人がすごく多かたですね。

人気高級ブランド WITTCHEN を徹底紹介

2017.02.17

<スポンサーリンク>

翌日、警察署で紛失届を出す

警察自体に期待はしていない

警察がどうにかしてくれるとは思っていませんが、貴重品を失くしたら警察に紛失したと報告せねばなりません。

滞在許可証の再発行も警察に届けがあれば、再発行料が100PLNから50PLNになるようなので節約がてら行ってきました。そして、実は、この件で警察に行くのは2回目です

一度、盗難被害に遭ったお客さまの付き添い兼通訳として警察に行ったことがあったのですが、そのときの経験からも1時間以上かかるのは知っていました。

だから警察もめんどくさがるし、嫌がるんですよね…。ましてや相手は外国人。

1時間後に発行された紛失届

日本で紛失届を出したことがないので分かりませんが、いったいどこからどこまで聞かれるものなんでしょうか。

ポーランドでは、根掘り葉掘り聞かれますよ。その日の服装はもちろんのこと、一つ一つの行動を1時間かけて絞られるように聞かれます。本当に「もうええやん」って言いたくなるほど。

しかし最初は冷たい対応でしたが、最後はこんな褒め言葉をいただきました。
.

警察
ポーランドに住んで数年でそんなにポーランド語が話せるの?しかもポーランドに来たときはまったく話せなかったって?ショックだよ!だってポーランド語は世界一難しいんだから

.
でたー!ポーランド語は世界一難しい言語というセリフ。こんな感じで、仕事が終わればフリートーク状態です。

そうそう。紛失届を出してから数日後、警察から電話がありました。

夫がとったので何の件だったか忘れましたが、見つかったとかそういうのではなかったです。でもそうやって、ちゃんと処理してくれているのは意外でした。

ポーランド語は超難解言語ではありません 前編

2015.11.01

 

銀行での手続き

カード停止だけでは済まない

財布の中に入れていたものは、現金が日本円にして4000円程度、クレジットカード1枚、滞在許可証、健康保険NFZのカード、会員制スーパーのカード2枚、公共交通機関のチケットなど。

この中で一番失くしたらマズいものは、滞在許可証です。つまり、ポーランドで合法に滞在していることを示す書類。

そして、この滞在許可証一枚でもお金を借りられる場合があるのだそう。外国人の滞在許可証だけでお金が借りれるなんて思えないのですが、街金だとその可能性もゼロではないのです。

そこで、銀行で紛失したことを伝え、自分の滞在許可証を本人書類として無効にする手続きを取ることになりました。

最初にいつもお世話になっている “mbank” に行ったのですが、手慣れていないようで無駄足2回。三度目の正直で “PKO BP” に行くと、手慣れてはいないものの丁寧に対応してもらえ、無事に手続きを終えることができました。

また、銀行では以下のように伝えると手続きをしてもらえます。
.

あなた
Dzień dobry. Skradziono mi dokumenty(kartę pobytu), chciałbym/chciałabym je/ją zastrzec.
(ジンドブレ. スクラジョノ  ミ  ドクメンテ(カルタ・ポベトゥ), フチャウビム(話し手が男性)/フチャワビム(話し手が女性) イェ(書類名が男性名詞)/ヨン(書類名が女性名詞) ザストシェチ.

.
また手続きが取れる銀行は、アカウントを持っている銀行、あるいはアカウントを持っていなくてもこちらのページ(Lista banków zastrzegających dokumenty od wszystkich osób)のリストにある銀行であれば手続き可能です。

この手続きを受けるには主にパスポートのみが必要で、ほか警察で紛失届を出していることが前提となります。

 

滞在許可証の再発行手続き

初代滞在許可証(失ったのは二代目)

最後に行った手続きは滞在許可証(カルタ・ポベトゥ)の再発行。これが一番恐ろしく、めんどくさかったです。

まず、紛失あるいは盗難被害に遭ってから3日以内に、滞在許可証を申請した移民局に報告する必要があります。

本当かどうかはともかく、これを怠ったら罰金だそう。私は紛失した翌日に報告し、そのときに警察に届け出たら再発行料が半額になるという情報を得ました。

さて、私の住むシロンスク県では以下のように再発行手続きを進めます。

  1. 移民局のあるカトヴィツェ県庁に出向き、再発行手続きを行う
    ※ただし、原則オンラインでの訪問予約が必要(予約できるのはたいてい3ヵ月先)
  2. 訪問予約をしない場合、早朝に行けば待ち番号をもらえる可能性あり
  3. 再発行書類を用意して職員に提出
  4. 2〜3週間後に滞在許可証が再発行されるので、再度移民局へ行く

..
はじめ、3の件を知らなかったので空振りの無駄足1回。以前のひどい経験もあって一日つぶすつもりで10時30分頃に行きましたが、当日発行分の待ち番号は10時前に終了したとのこと。

そこで苦情を言うと、早朝7時30分に来てくれと言われました。

この移民局、全員がカトヴィツェに住んでいるとでも思っているんでしょうか?ちなみに、EU圏のパスポートを持つ外国人の書類手続きであれば、お昼過ぎに行っても待ち番号がもらえます。

手続きが簡単だからでしょう。

EU圏の手続きをしている職員を半分、こっちに回せないんでしょうか。去年末からまったく改善されていません。

申請書はこんな感じ

2回目は車で夫と移民局へ。早朝7時30分頃に到着し、無事に待ち番号を受け取れたときはホッとしました。

しかし、待てど待てど順番は来ない!

挙げ句の果てに1時間経過したとき、緊急避難の放送が…。「全員今直ぐ外に出てください」という自動アナウンスに従って40分ほど外で待機し、また戻って1時間後にやっと順番が来ました。
.

再発行手続きに必要なもの

①再発行用の申請書
②パスポート
③パスポートのコピー1枚
④証明写真 35×45mm 2枚
⑤滞在場所を証明する書類
(住んでいる街の市役所が発行)
⑥警察での紛失届
⑦再発行手数料
(50〜150PLN)

私が居住するシロンスク県の場合です。他の県にお住まいの方は、提出書類が若干異なる場合があります。

.
女性職員に「紛失だから100PLNよ」と言われましたが、夫がすかさず「電話では警察に行けば50PLNって言われましたけど?」と言うと「あっそ」って顔でOKしてもらえました。

無事に書類をすべて提出し、再発行手続きは終了。前よりはスムーズ!

元旦からイスラエルで休暇を過ごすために航空券を購入したところだったので、滞在許可証を失ったときは「イスラエル行けないかも!」と焦りました。しかし、これで無事に出発できそうです。

ポーランドの滞在許可証をもらうまでの流れ

2015.12.03

 

この記事のまとめ

いつまでも引きずらない

財布を失くすと、こんなにもやることがいっぱいあるんですね。

しかし財布は小ぶりであまりカード類は入れていなかったので、それも不幸中の幸いでした。今となっては、「次気をつけたらいいか」という感じです。

次回は、お客さまの経験談も交えて旅行者編を書きますね。旅行中に紛失するのと、住んでいる国で紛失するのとでは事情が違います。もう人のことは言えませんが、皆さんも気をつけてください!
.

今日のポーランド語

portfel

portfel(ポルトフェル)は「財布」という意味です。「財布を失くしました」は “zgubiłem/zgubiłam portfel(ズグビウェム/ズグビワム ポルトフェル」と言います。リアルに言いたくない文の一つですね。しかし、今回はこの程度で済んでよかったです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

4 件のコメント

  • こーさん より:

    あらまぁ!災難でしたねー!
    私は、貴重品は海外、国内共に紛失は無いんですけど、アメリカ滞在中に、拳銃で脅され、時計と5ドル盗られました!2年半住んでましたけど、その1回だけでした。

    何よりショックだったのは、ご存知の通り、ワルシャワのATMで現金下ろせなかったこと!マジでどーしょうか?
    と思いました。

    これからは、リュックの奥に入れましょう!笑

    • Ayaka より:

      こーさんも大変でしたね!
      しかし、5ドルだと犯人もぬか喜びだったことでしょう(笑)。
      時計も高そうに見えるものだったんですかね?
      私はそのような目には遭っていないだけ、運が良かったと思うしかないです。これまで無防備な女一人旅をし、スリで物騒なロンドンにも何十回と行きましたが、何も盗まれたことがないのは不思議でした。

      ワルシャワのときは大変でしたよねぇ!でも結局原因って何でしたっけ?!忘れてしまいました^ ^;

  • uchida より:

    ふむふむと読んでましたが、よく考えると私をご案内頂いた時でしょうか。大変でしたね(^_^;)
    確かに当日はあまり盗られるようなシチュエーションもなかったように思いますが。。。

    ちなみに日本でなくしても警察の方は細かく聞いてきますね。万国共通なのでしょうか。

    • Ayaka より:

      そうなんですよ〜!
      あの時は余計なご心配をお掛けしないためにも、家に忘れてきたことにしておきました m(_ _)m
      意外と冷静に事実を受け止め、ショックもあまり長引かなかったです。
      ただ、そのあとの処理が無駄足続きで「せっかくの休みが〜‼︎」と数日間イライラしましたね(笑)。

      日本で失くしてもやはり、色々聞かれるのですか。でも、そうやって聞いているうちに「あ、そういえば…」となる人もいるそうです。
      そういえば、警察に「言ったことに嘘はないね?嘘ついたら犯罪だよ?」みたいな風に何回か念を押され、自分の記憶が合っているのか不安になったのを覚えています。
      間違いないはずなのに…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です