ポーランドが子連れ家族旅行でもおすすめな理由



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

これまで、赤ちゃんから幼稚園、小学生のお子さまをお連れのご家族もポーランドの各観光地でご案内してきました。

その経験からも、ポーランドは子連れ旅行にやさしい国だと言えます。

以下、実際に私がご案内した方からの感想も参考にしながら、「ポーランドが子連れ家族旅行におすすめな理由」をまとめました。ぜひともご検討ください♪

私がポーランドをおすすめする5つのシンプルな理由

2017.06.07
.

家族旅行にぴったりな3つの理由
1. 治安がよくてフレンドリー
2. 多くの施設で家族割引が適用
3. 子どもも楽しめる観光地がたくさん

<スポンサーリンク>

.

治安がよくてフレンドリー

欧州の中でもとびきり治安がいい

家族旅行なら尚更、治安がよく子どもが安心して楽しめる国を選びたいもの。

近年はヨーロッパや中東でテロが度々起こっていることもあり、ヨーロッパの真ん中に位置するポーランドも危ないイメージがあるかもしれません。

しかし、ヨーロッパ全域が危ないと捉えられてしまうのは非常に残念です。

ポーランドはとても治安がよく、実際に私がこれまでにご案内してきた方達もそう言っています。親切でフレンドリーな人が多いので、あなたが困っている姿を見ればきっと助けてくれるでしょう。

こんなところが親切!体験談

ガイドのお客さまや自分自身の経験をもとに、ポーランド人が親切だと思った体験談をまとめてみました。

  1. 電車内で降りる駅に敏感になっていると、おばあさんがやって来ていっしょに目的地で降りてくれた。さらに荷物をたくさん持っているからと、タクシーまで呼んでもらえた。
    .
  2. スマートフォンをポケットに入れていると、「ちゃんとカバンの中にしまっておいた方がいいよ」と注意してくれた(私も何度も経験あり)。
    .
  3. バスを乗り間違えたにも関わらず、終点後に目的地の近くまで特別に走ってくれた(私も経験あり)。
    .
  4. 深夜に体調が悪くなって病院へ行ったとき、ホテルの人や周りの人が必至になって助けてくれた。翌日、ホテルの知らない従業員からも心配の声を掛けてもらい、感動した。
    .
  5. タクシーで金額交渉をしたら、自分が提示した額より低い額を提示してくれた(私も何度も経験あり)。

などなど!

 

多くの施設で家族割引が適用

ただしお子さま連れの家族のみ

ポーランドでは、多くの観光施設で家族割引という特別料金を設けています。

ほとんどの場合、保護者2人と子ども2人、あるいは保護者1人と子ども3人までの合計4名までが対象です。子どもの年齢基準は施設によって異なりますが、たいていは中学生までならOK。

観光施設では、チケットを購入する前に家族割引(Bilet Rodzinnyビレト・ロジヌネ)がないか聞いてみましょう。

また、赤ちゃんはもちろん、幼稚園児までであれば無料になることが多く、見た目だけで「この子は無料でいいですよ」なんて言われることもあります!

家族割引の例

割引の適用条件や子どもの年齢はリンク先(英語)でお確かめください。

  1. コペルニクス科学センター
    家族料金…72ズロチ
    一般…27ズロチ 割引…18ズロチ
    .
  2. ユダヤ人歴史博物館 POLIN
    家族料金…55ズロチ
    一般…25ズロチ 割引…15ズロチ
    .
  3. ワルシャワ王宮
    家族料金…15ズロチ/1人
    一般…30ズロチ 割引…20ズロチ
    .
  4. パノラマ・ラツワヴィツカ
    家族料金…23ズロチ/1人
    一般…30ズロチ 割引…23ズロチ
    .
  5. 世界遺産 ヴィエリチカ岩塩坑
    家族料金…247ズロチ
    一般…89ズロチ 割引…69ズロチ

などなど

 

子どもも楽しめる観光施設

クラクフ近郊のヴィエリチカ岩塩

小さな子どもを連れての海外旅行。ふつうに名所を観光しているだけでは子どもが飽きてしまいますし、途中で駄々をこねたりしないか心配ですよね。

しかし、ポーランドには家族で楽しめるアトラクションがたくさんあります!

それでもポーランドは遊園地ではないので限界はあると思いますが…。ただ、これまでにお子さま連れで来られたお客さまの声を聞いていると、「家族みんな大満足でした」「子どももまた行きたいと言っています」と仰られる方ばかり♪

また、「子どもを博物館に連れて行っても飽きるだろうな…」と思っている方、ポーランドの新しい博物館は近代的な展示方法が多く、意外と侮れませんよ!

子どもが喜ぶアトラクション

  1. クラクフ旧市街の馬車
  2. ヴィエリチカ岩塩坑
  3. クラクフ中央広場地下博物館
  4. クラクフ中央広場の水汲みポンプ
  5. コペルニクス科学センター
  6. ユダヤ人歴史博物館
  7. ワジェンキ公園(リスがいます)
  8. スカンセン(野外博物館)
  9. 小人の街ヴロツワフ
  10. ザリピエ村
  11. コレイコヴォ – Kolejkowo

などなど

 

いかがでしたか?

もしポーランド行きのお得な航空券を見つけたら、ぜひお子さまも連れてポーランドへ遊びに来てくださいね!
.

今日のポーランド語はお休み

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です