2月23日はみんな大好き「脂の木曜日」でした!



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

ポーランドのおもしろい風習の一つといえば、「脂の木曜日」です。

これはキリスト教の習わしでもあるのですが、日本人では知らない人が多いでしょう。そしてこの日にポーランド人達がポーランド風ドーナツであるポンチュキを食べまくることを知っている人はもっともっと少ないでしょう。

この行事については下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

ポーランド風ドーナツ、ポンチュキが食べ放題の日

2015.11.05
.
<スポンサーリンク>

.
.

年中ウィンドウにポンチュキが

ドアの方をよく見ると…

ポンチュキが1ズロチ(28円)

2017年2月23日の「脂の木曜日」、私はアウシュヴィッツでの通訳でオシフィエンチムへ行っていました。

アウシュヴィッツへ行く途中、学研プラスの Web情報誌 “Get Navi” でこの日について取り上げることになったため、お菓子屋さんをパシャパシャ撮影。

書き上がった記事はこちらです。これまで他メディア向けに書いてきた記事とはだいぶ違った文調なので、まるで私が書いた記事じゃないみたいです(笑)。

.

14円で売られているポンチュキ

こんなに破格だとポーランドはなんでも安く売っているようですが、安いものには安いなりの理由があります。

脂の木曜日は、多くの人が大量にまとめ買いしてくれるので普段よりもポンチュキを安く売るお店が多いのですが、スーパーなんかではその代わり他のよく売れる商品を値上げすることも。

スーパーでポンチュキを買う人はたいてい肉や卵も買っていきますからね。こんな感じでからくりはあるのです。

お義母さんがつくるポンチュキ

これに勝るポンチュキはない!

お仕事のある日は夫が駅やバス停まで車で迎えに来てくれるのですが、その時は自宅へ帰る前に決まって彼の実家に寄ります(実家から自宅は徒歩7分)。

で、たまに夕ご飯やお菓子を食べさせてもらうのですが、この日は当然出来立てのポンチュキがありました♪

はっきり言って、お義母さんのポンチュキより美味しいポンチュキはないと思います。それくらいとっても美味しいんです。レシピも公開しているので、興味のある方はぜひ作ってみてくださいね!

お母さんから教わったポンチュキの作り方

2016.02.10
.
<スポンサーリンク>

.
.

中にはバラと果実のジャム

パパッと作るので、中に入っているジャムがこんな風になることもありますが、このジャムがもうかなりの絶品。

伝統的なバラのジャムはもちろん、庭で収穫したベリー系フルーツの甘酸っぱくて美味しい特製ジャムもミックスされているのでまさにオリジナルの一品。市販のものは無理ですが、これなら2個でも3個でも食べれちゃいます。

お義母さん曰く、「市販のものなんて何が入っているか分からない!30円以下で売っているようなものなんて、絶対食べちゃだめよ」とのこと。本当に彼女の言う通りだと思います。30円で売られている菓子パンは絶対買いません。

ピオトルとポンチュキ1

ピオトルとポンチュキ2

ピオトルとポンチュキ3

ピオトルとポンチュキ4

ピオトルとポンチュキ5

ピオトルとポンチュキ6

Get Navi の記事におもしろい(?)写真を載せるべく、主人に協力してもらってたくさん撮らせてもらいました☆

背景があれなんですけど、彼は結構ポーズを取るのがうまいと思います。

ポンチュキと彼、どちらがメインなのか分からない!記事を書いているとなんだかお腹が空いてきちゃいました。

でも、もう脂の木曜日は終わってしまったので、次にお義母さんのポンチュキが食べられるのは来年です(泣)。
.

今日のポーランド語

tłusty czwartek

tłusty czwartek(トゥステ  チュファルテック)は「脂の木曜日」。”tłusty” は「脂肪の」という意味の形容詞ですが、脂肪が曜日を修飾するとはなかなかインパクトのある名前です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です