批判記事に物申す!ガイド料金が法外などなど



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

先日、あるブログの読者の方で私に実際にガイドを依頼されたご家族のお一人から、「綾香さんの個人ガイドについて批判している記述を見つけた。書いてあることについて、私たち家族も納得できない。」というご連絡がありました。

問題ページを確認したところ、書かれてあるガイド料金から私に関してであることは間違いなく、旅行期間からも私がご案内した方であることが判明。

これまでのお客様はご案内後も良好な関係の方が非常に多いのですが、やはり人間同士。100人お会いして100人皆さんが私の案内の仕方が好きかと言えばそうではないかもしれません。

成長するためにも批判はされるべきだと思いますし、厳しい評価も覚悟しています(批判されたのは初めてですが)。

ただ、今回の場合は事実とは異なることを書いておられたので、ご本人に直接連絡をしました。しかし残念ながら返答はなく、訂正もないためコメント欄にこちらの記事を貼ることにしました。

念のため、ご本人が書かれた旅行記をこちらで紹介するのは避けますが、以下は私がご本人に送ったメールの内容です。すべて載せると長くなるため一部修正し、お客様の名前は伏せました。

 

ガイドの料金が法外に高かった

法外な料金ではありません。

ベ◯トラで個人ガイド(7時間)を付けた場合、添付のスクリーンショットのように閑散期でもお一人様550ユーロ(66,250円)、お二人様で586ユーロ(70,600円)となります。

【追記】日付を選択する前の最安値は111ユーロとなっていることもありますが、最低でも230ユーロ(27,600円)前後で表示されることが多いです。

また、他にも私と同じような立場(国際結婚)でガイドをしている方や、ワーキングホリデー(1年限定の在留資格)で滞在している方がガイドをしているのを知っていますが、その方達の料金設定は私よりも高い場合が多いようです。

お客様はお嬢様とご一緒でしたので、お二人様の料金が適用されますね。私があえて高いツアー料金を提示していると感じられる場合、一度ベ◯トラにてご自身でお調べください。

私のガイド料金とどちらが高いかは一目瞭然ですが、この金額にはベ◯トラ成果報酬率5%と食事代、入場料(ヴァヴェル城、マリア教会のみ)が含まれていることもお伝えしておきます。

【追記】ただ、「あっちは高いけど私はこんなに安く設定している」と言いたいわけではありません。あちらは従業員が何十人以上といる会社ですし、人件費や広告費など色々とコストがかかっていると思います。また、それなりにガイドのクオリティーが高いのだと思います。

 

6時間で490ズロチ(15,000円)を支払った

当日のレートは1ズロチ28円、490ズロチは13,720円となります。

尚、私はクラクフから114キロ西にあるグリヴィツェという街に住んでいますので、交通費はどうしても高くなってしまいます。しかし、それについてはガイドの記事にも記載しております。

【追記】遠い場所に住んでいるため驚かれる方も多いですが、好きでやっていることなのでどうかお気になさらず!

 

この金額の他にガイド分の食事や入場料、トラム代などで70ズロチを追加で支払った

当日に発生すると考えられる観光施設の入場料、食事代、場合によっては交通費などが発生することについては、予めお見せしたプランに記載しております。

また、70ズロチは3人分の料金です。

 

ポーランドの月収は日本の半分以下、そこで17,000円とは法外な金額である

17,000円については計算レートに誤りがあるようなので正確にいうと15,680円ですが、その額が法外な金額と感じられたのはポーランドの物価と比較してということですよね。

しかし私は日本人であり、一時帰国の費用に数十万円、日本にいる家族との電話料金や日本の調味料などを購入するために一般のポーランド人家庭と比べて大きな出費があります。それとも、ポーランドに嫁いだのであればポーランド人の金銭感覚で仕事をし、日本の調味料も購入せず、日本にも帰らずただ質素に生活をすべきということでしょうか。

【追記】後で気付きましたが、ものすっごくケンカ越しの言い方になっていました。申し訳ありません!

ポーランドの平均月収にも触れておられますが、ワルシャワが他都市と比べて平均月収が2倍以上であるという時点で誤った情報ではないかと思います。

【追記】確かに職種などを考慮しないのであれば、ワルシャワと他都市では平均月収に2倍以上の差があるようです。しかし、ワルシャワには政治家や官僚もいれば、ポーランド人より高い給料を貰っている駐在員も多くいます。

確かに初任給や簡単な仕事だと7万円のところもあるかもしれませんが、一人暮らし用のアパートが4万円以上する中でその額では自立できません。ですので、畑があり半自給自足のような生活ができる方を除いて月に7万円で余裕で暮らせるようなことはありません。

また私の取り分が17,000円(正確には15,680円)のように書かれていますが、その金額にはお客様の交通費や入場料、食事代などが含まれています。

食事をご一緒した時も私は自分用にメインディッシュをオーダーしていませんし、基本的に他のお客様をご案内する時と同じようにスープをオーダーしたかと思います。私自身もメインディッシュを食べる必要はないですし、やはりそこまでご負担していただくというのは申し訳ないという気持ちがあるからです。

私は、必要以上に豊かな生活をするために基本料金430PLN(12,040円)という金額を提示しているわけではありません。大雑把ではありますが手取りは、20%を税金などで差し引いた344ズロチ(9,632円)となります。

良心的な設定だと言われることは多々ありますが、予め提示していた金額をさらに法外な料金とまで言われたことは初めてであり、正直驚いています。

 

ポーランドの個人ガイドの上限は、食事や入館料も含めて300ズロチ程度ではないか

金額については価値観の問題もあるかと思われますが、私の仕事は当日にご案内することだけではありません。

お会いするまでのやり取りの中でのご質問に対する回答、ご希望をお伺いしてオリジナルプランを検討する時間もすべて仕事です。また、お客様はワルシャワでの過ごし方について何度かお尋ねされていましたので、それについては1時間ほど時間を費やして夫にも協力してもらいながら以下の記事を作成しました。

コンサート情報なども必死に探し、メールにて結果をお伝えしました。

12/24-26 クリスマスをワルシャワで過ごされる方へ

2016.12.12
.

これらの仕事をしても高いと仰られるのであれば、ガイドを雇われる必要はないかと思います。300PLN(8,400円)に交通費や入場料、食事代を含め、さらに税金を引けば会社に勤めるポーランド人よりも低い賃金となります。

 

ガイドの中身があまりにも貧弱だった。ガイドを標榜するなら自分なりの歴史観を持ってからにしてほしい。

お客様をご案内する前やすぐ後にマスコミ関係の方も多くご案内しましたが、皆さまにご満足いただきその結果、記事の連載・執筆依頼やラジオで私について触れていただいたこともあります。

もちろん一般のご家族の方から兄弟や姉妹でいらっしゃった方、ご友人同士、おひとりで来られた方も多くご案内してきましたが、今でもたまにメールをくださる方が6割以上でとても私のガイドに不満があったようには思えません。

しかし、お客様にとっては批判を書きたくなるほどの我慢ならない案内内容だったようなので、それについては素直に反省しております。私の歴史観が不十分だったようで申し訳ありませんでした。

滞在歴2年と少しではそこまでしっかりした歴史観がまだ持てないのかもしれませんが、それでも私なりに日々勉強をし、ブログなどでもその知識をシェアして多くの方に「分かりやすい」「ポーランドの歴史に興味が持てた」という声をいただいております。

ただ、もちろん私のガイド経験が浅いばかりに満足していただくことができなかったことに対しては反省しております。

 

トラムの路線調べか知らないが、何度もスマホで確認され不安が募った

当日はトラムを利用する予定は一切ありませんでしたが、お客様が待ち合わせ場所の変更をお願いされたので、やむを得ず観光ルートの変更となり、その結果トラムを利用しました。

普段、クラクフでのご案内でトラムやバス、タクシーを利用することは滅多にありません。記事記載のモデルプランや、事前にお見せしたお客様の当日プランを見ていただければ分かるかと思います。

また、私が調べていたのは路線図ではなく乗り換え場所と時刻表です。クラクフの土地勘は十分ありますが、普段は固定ルート以外トラムを利用することがないためスマートフォンを使いました。

お客様が希望されるプランによってはトラムの利用が必要なこともありますが、その場合は事前に時刻表を確認し、プランに記載しています。またご案内した日は年末年始ということもあり、トラムの本数が減っていたためスムーズに目的地へ向かうことができませんでした。

【追記】理由はどうであれ、ご不便をお掛けして申し訳ございません。

 

冬場の日暮れが早い時期だったのに、開始が10時半。最後は真っ暗で、バルバカンを夜景で見てもしかたない。

先にも触れた通り、お客様が当日に待ち合わせ場所の変更を希望されたため、やむを得ずバルバカン(旧市街の門の前にある要塞)が最後となりました。

予めお見せしたプランを確認していただければ分かると思いますが、本来のプランではご宿泊先のメルキュールから徒歩でバルバカン、フロリアンスカ通りを抜けて中央広場へ…最後にカジミエシュ地区といった流れでした。変更をお願いされた時に、待ち合わせ場所を変えるのであればバルバカンがご案内できない可能性があること、ルート変更が発生することもお伝えしたはずです。

私も特に冬の場合、日没時間を考慮した上でプランを作成しておりますが、お客様からのご要望や希望の待ち合わせ時間、当日の混雑状況によってはやむを得ず変更となることもあります。

その可能性については、プランにも予め記載していた通りでございます。

また、開始時間については予めお伝えしている通りです。私の住む街はクラクフから114キロ西へ行った場所であり、ご案内の時は8時10分発、10時10分クラクフバスターミナル到着のバスで向かっております。その前のクラクフへのバスは5時30分となり、列車の接続は非常に悪いため10時より早く到着することは原則できません。

また、午前のため渋滞の可能性も考慮して待ち合わせ時間は10時30分としています。離れた場所に住んでいるのは私の都合ですが、開始時間は予め記載しておりますし、こういった事情はご理解いただければと思います。

そんなに遠い場所から来ているのかと驚かれる方も多いですが、私は好きでガイドをやっていますし、その分の手間に対する料金は加算していません。

 

酷い内容と現地の物価を知った今、高額のガイド料に嫌な気持ちだけが残っている。どんなに高くても300ズロチが支払ってよい上限ではないか。

私は、お客様に対してそれほどまでに酷いことをしたのでしょうか。

旅行者のために役立つブログを運営し、お客様も十分に参考になさっていたはずです。相談や質問にもお答えし、さらにスムーズな案内となるようプランも作成し、当日はアウシュヴィッへ向かわれるためのバス乗り場の案内やチケット購入のお手伝い、両替所の案内もしました。

6時間の案内ということで承っていましたが、実際には超えていたはずです。

お客様の中にはワルシャワや他の都市でベ◯トラ経由の個人ガイドを依頼された方もいますが、もちろん満足されている方もいらっしゃるものの「時間にきっちりしすぎて、あまり楽しめなかった」「トラムを利用してみたかったが、時間がないためか乗り方も教えてもらえなかった」という不満の声を聞いています。

もちろん人間同士ですから、相性の問題もあるかもしれません。ただ、お客様は最後に「◯◯◯にいらっしゃった時はご連絡ください」と笑顔で仰ってくださったので、それほどまでに拒否反応を起こしていたとは気付きませんでした。

しかし、490ズロチで高額ということであれば、旅行会社での個人ガイド依頼も難しかったかと思います。

ガイド内容については私も完璧な人間ではないのでマイナス評価がでることもあると思いますが、私はガイドとして当日お会いする前から精一杯のサポートをしたつもりです。それを酷い内容と評価されたり、法外な金額と書かれたこと、予めプランを作成していたにも関わらずスケジューリングができていないと書かれたことに関しては納得できません。

よって、問題の記述を訂正していただくか、削除をお願いします。

もし応じていただけない場合、コメント欄にて今回お伝えした私側の意見もすべて書かせていただくか、ブログにて「このような批判がネット上にあるが、実はこうである」といった内容の記事を公開し、ガイドのページに掲載する予定です。そうすることで、今後嫌な経験をされる方が減るかもしれません。

以上、よろしくお願い致します。

批判に負けず、頑張れるようになったメッセージ

2017.02.15

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です