【2017年5-9月】ワルシャワの注目フェスティバル



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

【Y・F様へ】 ※個人的なご連絡です
21日にアウシュヴィッツ見学について問い合わせていただいた、イニシャルY・F様へお知らせがあります。記載いただいたメールアドレスに間違いがあるようでエラーメールが返ってきました。再度メールアドレスをご確認の上、メッセージの再送をお願い致します。

 

ポーランドにお越しの際は、フェスティバルを楽しむ機会もお見逃しなく!

今年、クラクフ/ワルシャワ/ヴロツワフ/グダニスクなどの主要都市、またはその近郊の町や村で開催されるフェスティバルを一挙まとめました。夏から秋にかけての時期にポーランド旅行を検討されている方、必見ですよ☆

当記事では首都、ワルシャワで開催されるフェスティバルをご紹介します。

第6回 ショパンの故郷 ワルシャワってどんな街?

2016.03.07

クラクフはこちら
グダニスクはこちら

ヴロツワフはこちら
.

開催日について

以下の情報は Poland Culinary Vacations のサイトを参考にまとめたものですが、記載の開催日は平日が多くやや怪しいです(前年では週末開催のものが平日になっているため)。まだ、3ヶ月以上と先なので公式で発表があり次第、また見直します。

<スポンサーリンク>

 

5月中旬頃

幸せな気分になれそう!

オリエンタルナ・ビエシャダ・ヴェセルナ・ヴ・ヴェングロヴィエ/Orientalna Biesiada Weselna w Węgrowie

疲れるけど楽しい!ポーランドの結婚式10の特徴

2016.07.02
どんなフェスティバル?

ポーランドと他ヨーロッパの伝統的な結婚式を披露するフェスティバル。各国の結婚式での衣装、「パンと塩の歓迎」という結婚式の習わしや披露宴での音楽、ダンスの紹介もあります。1964年からつづく国際的なフェスティバルでもあり、ヨーロッパだけではなく中国の結婚式を披露したことも。

場所…ヴェングルフ
ワルシャワから東へ約100キロの場所にある、人口1万5千人にも満たない小さなのどかな町。しかし、かつてはユダヤ人、ドイツ人、ロシア人、スコットランド人が住んでおり、多様な文化が垣間みられます。

 

6/2(金)・3(土)

オレンジ・ウォーソー・フェスティバル/Orange Warsaw Festival 2017

どんなフェスティバル?

ワルシャワ国立スタジアムで開催されるポーランド最大規模のロックフェス。2008年に第1回が開催され、過去にはビヨンセ、リンキン・パーク、スヌープドッグなど名のしれたアーティストが勢揃いしました。このライブを目当てにポーランドに来る方はあまりいないと思いますが、どちらかというと「この期間のワルシャワは渋滞で大混雑するので要注意」という意味を込めてお知らせしています…。

なお、今年の出演アーティストはすでに決定しています。詳細は公式ホームページをご覧ください。

場所…ワルシャワ国立スタジアム

 

8月下旬頃

世界中の「フォーク」が集結!

ミェンゼナロドヴェ・フェスティヴァル・フォルクロスティチュネ “ヴァルスフォルク”/Międzynarodowy Festiwal Folklorystyczny “WARSFOLK”

どんなフェスティバル?

世界中の民族衣装や伝統的な踊りを楽しむことのできる、国際的なフェスティバル。毎年、8〜10グループ(総勢300名ほど)の各国代表の民族衣装を来た人達がステージに立ちます。ポーランドはヨーロッパの真ん中というだけに、過去にはチェコ、ベラルーシ、ロシア、ベルギー、ギリシャ、アルバニアなど多くの国が参加。他、アルゼンチンやインドネシアなどエキゾチックな国が来ることもあるようです。

フェスティバルのようすもぜひご覧ください。開催地はヴォラ地区にあるソヴィンスキ公園ですが、一部の写真には王宮が写っていますね。

場所…ワルシャワ・Park Sowińskiego

 

8月下旬頃

ポーランドの蜂蜜は良質で有名

ミオドブラニェ・クルピオフスキエ/Miodobranie Kurpiowskie

どんなフェスティバル?

ポーランドでは蜂蜜は「大地のミルク」と呼ばれ、ヨーロッパ有数の蜂蜜生産国。ガイドでスーパーや食料品店をご案内する時、10人中7人の方は蜂蜜を見ただけで目が輝きます。

このフェスティバルは蜂蜜の収穫を祝う目的で開催されるものですが、見どころは蜂蜜だけではありません。地方の華やかな伝統衣装を見ることができたり、農業器具や技術の紹介、スポーツを楽しんだり、なぜかお魚コーナーまで(バルト海に近いから?)。フェスティバルのようすを見てみると、神父さんもいてかなり地域密着型のイベントのように見えます。

場所…ミシニエツ
ワルシャワから北へ155キロ、気軽に行けるような距離ではないのですが、調べれば調べるほど「行ってみたい!」と思える小さな町。独特の衣装、生活様式、習わしがあり、建築様式も他の地域とはひと味ちがいます。

 

9月中旬頃

いわゆる、パンの収穫祭

マゾヴィエツキエゴ・シフィエンタ・フレバ/Mazowieckiego Święta Chleba

どんなフェスティバル?

秋と言えば、日本でも収穫祭の季節。このフェスティバルは収穫祭としてはもちろん、農業に携わる人々への労いや感謝も込めて開催される大規模なイベントです。ポーランドらしく、スタートはまず午後のミサでパンに感謝の祈りを捧げるそう。様々な種類のパンを食べられることも魅力的ですが、聖水によって清められたパンを食べるのはもっと価値があるかもしれません。

場所…ヴェングルフ
最初に紹介した、結婚式フェスティバルが開催される町といっしょです。

 

今日のポーランド語はお休み

 .

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です