氷点下20℃の大寒波到来…道路はスケートリンク



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

先週の週末にかけて欧州、ポーランドは全国的に大寒波に見舞われました。

大寒波の前は、朝や夜でマイナスいくかいかないか。寒いのは寒いのですが、冬のポーランドの平均的な気温でもあるのでわざわざ「寒いよ〜」と取り立てて言うほどでもありません。まあ、「寒い」と言えば言うほど冷えますからね…!

ポーランドでは伝統的に6つの季節があります

2016.04.16
.

家の近くにあるグラウンド

家の近くにあるグラウンド

ベランダも庭も雪一面!

ベランダも庭も雪一面!

先週の金曜日6日から今週始めまで続いたこの大寒波、空は青くとても綺麗でしたが、試しにベランダの扉を開けてみると数秒で部屋が冷えきりました。

ポーランド南西部に位置するヴロツワフという街は、地理的にも他の地域よりは気温が高かったようですが、それでも最低マイナス13度を記録。

クラクフではマイナス29℃、ワルシャワではマイナス20℃という予報もあったんですよ。バルト海に面するグダニスクの方が気温は高く、やはり内陸部が強烈なダメージを受けたようです。

第4回 夏のリゾート地グダニスクってどんな街?

2015.12.09

第3回 小人だらけ!ヴロツワフってどんな街?

2015.11.28

第2回 ポーランドの京都 クラクフってどんな街?

2015.11.23
.

ガレージに一晩置いたら氷になった

ガレージに一晩置いたら氷になった

もう今冬で76人のポーランド人が凍死したそうですが、6日から9日の大寒波では17人が死亡しました。

正月早々、休暇を取る方はあまりいないようで、私が最後に外で仕事をしたのは大晦日。中旬からは忙しくなりますが、この週末は完全に家に引きこもっていましたね。6日と8日は祝日と日曜日だったので教会へ行って夫の実家で過ごしましたが、買い物にすら行きせんでした

この時期にポーランド旅行に来られ方、本当にお疲れさまです!

それでも強い風が吹いていたわけではないので、ちゃんと用心深くカイロも貼って温かい格好をしていれば、それほどキツくはなかったかもしれませんね。

近所の公園には子どももいない

近所の公園には子どももいない

雪が積もった風景は美しいですが、雪解けしたらそれはそれは悲惨です。

泥にまみれた雪が大きな水たまりをつくり、車が通れば周りに汚い水が飛び散り大迷惑、ところどころ残る雪も灰色に化しているときたら、1年で最も見栄えの悪い季節だとつくづく感じます。

そんな時期に来るよりかは、大寒波の時に来た方が数倍マシだと思いますよ。

ポーランド旅行を控えた方がいいのは、ずばり3月です。学生時代、前期が始まるまでの2月と3月は欧州一人旅に2年連続で行っていましたが、3月の東欧で撮った写真は見せたくないほど。

最後に、スケートリンクと化した道路で滑る人の動画をご覧ください!

.
今日のポーランド語

mróz

mróz(ムルズ)は「霜」という意味で、氷点下の状態も mróz と言います。

寒波は英語で “deep freeze” と表しますが(他にも表現は様々)、ポーランドの冬はとても厳しいというのにポーランド語にはそれに相当する単語がありません(英語も実はそう)。今回のような大寒波は “silny mróz”(シルネ  ムルズ)という風に言ったりします。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です