当ブログが朝日新聞デジタル版に掲載されました



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

単なる自慢みたいですが、別に自慢したっていいですよね?!(笑)

でも一番の目的は、朝日新聞デジタル版に掲載されたポーランド特集記事を皆さんに見ていただくためです。プロの記者がポーランドを語るとこうなるのか〜と何回も読み直してしまいました。
.

.

聖マリア教会 in クラクフ

聖マリア教会 in クラクフ

旅行記事でありながらも、ほどよい加減さで史実にも触れるところ。そこは、私にはまだ真似できない技です。

これらの記事が反響を呼び、またポーランド政府がお招きしてくれたら続編が書けるかもしれないとのこと。ということで、少しでも多くの方に記者の久土地さんが書いた記事を読んでもらうべく、当サイトやFBページ にて記事を紹介させていただくことにしました!

FBページ では合計80クリック、しかもイイネ!は投稿記事最多の33イイネ!を獲得したので、当ブログ読者の方にもかなり反響があったようです。

もちろん朝日新聞デジタル版に私のブログを掲載していただいたことで、新たに160人が私のブログを訪問してくれました。本当に感謝感謝です♪この場を借りて、再び感謝申し上げます!

ジグムント・ベルタワーから

ジグムント・ベルタワーから

 

今回の取材では、ポーランド人と結婚し、現地に在住するカスプシュイック綾香さんが案内してくれた。彼女は、ポーランドの魅力を日本に紹介しようと、個人旅行のガイドを引き受ける傍ら、サイト「ポーランドなび」http://witam-pl.com/を運営して情報発信している。聖マリア教会の塔からの眺めやチケットの購入方法も、事前に教えてもらっていた。

.
と、私のフルネームとともに紹介していただけたのには感激しました。

当初から「ホームページを掲載してもいいですか?」と言われていたのですが、最後にちょこっとリンクを貼ってもらえるだけだと思っていたので。

あと、私が書いた「コシチューシュコの丘」紹介文も最後の方にあります。

今後ポーランド国内、あるいは近隣国の都市を訪れた時、朝日新聞デジタル版に私が書いた旅行記事を掲載していただく機会があるかもしれません (^o^)

ちなみに久土地さんをご案内したのは、1ヶ月以上前の9月15日。私がポーランドに来てちょうど2年の日です。

この節目でもある日に久土地さんをご案内させていただいたことは、忘れられない思い出になりそう。記者という仕事のタフさも色々と教えていただき、入社してから中国語を叩き込むように勉強されたそうですが、そんな話を聞いていたらある意味タフな世界で生きていく者として勇気づけられたような気がしました。

よくブログの文章については褒めていただけるのですが、プロのライターである久土地さんから「よく書けている、読みやすい」と言っていただけて、記事を書き続ける自信がさらに付きました。
.

今日のポーランド語

gazeta

gazeta(ガゼタ)は「新聞」です。

経済新聞は “gazeta finansowa/ekonomiczna”、デジタル新聞は “gazeta internetowa” といいます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です