特訓!ポーランド語の格変化その1 主格と生格



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)
この記事をご覧になる方へ
ここは、ポーランド語の先生でもない私がレッスンをするコーナーです。ん?と思った方はこちらをどうぞ。
.
最近、旅行ネタばかり書いていましたが、そろそろまたポーランド語レッスンにも力を入れていこうと思います。

今回は2つの記事に分けて、格変化について書きました。きっと多くの方がここで挫折しているとと思うのですが、欲張らずに1つずつモノにしていけば、あとは慣れの問題です。

 

このページの目次
1. それぞれの用法を確認
主格の用法
生格の用法
2. 主格と生格の格変化
主格の場合
生格の場合

 

それぞれの用法を確認

格変化がどんなものであるか、これについては過去に何回か触れてきました。

ポーランド語を美しい音に変換?格変化とは

2016.04.13

ポーランド語は超難解言語ではありません 前編

2015.11.01
.
上の記事を読んでいない方は、まずこの2つを読んでからここに戻って来てください。それを面倒がっているようだと格変化は絶対身に付きません

読んだ方、それでは主格と生格の格変化を覚えていく前に、それぞれの格の用法を確認していきましょう。

 

主格の用法

主格は基本形=辞書で引く単語

主格は基本形=辞書で引く単語

主格はもっとも基本的な形。辞書で単語を引く時は常に主格となるので、ある単語を知っている時点で主格はほぼマスターしているということになります。

さて、ここで私が「ほぼ」と言ったのは何故だかお分かりでしょうか。

それは複数形を表す場合、その基本形から変化させる必要があるためです。でも、あとでちゃんと解説するのでご安心ください。難しくはありません。

それでは、用法を確認してましょう。
.

  • ※1 文の主語
    Surowe warzywa są zdrowsze od gotowanych.
    生野菜は茹でた野菜より健康だ。
  • タイトルや名前
    Mam na imię Ayaka Kasprzyk.
    私の名前はカスプシュイック綾香です。
  • to を用いる等位型の文
    Moja mama to lekarka.
    私の母は医者です。※両者ともに主格
  • to jest, to są, oto で導かれる述語
    To jest nasza szkoła.
    これは私たちの学校です。
  • ※2 形容詞の述語的用法
    Ona wydała się miła.
    彼女は素敵そうに見えた。
  • 感嘆文
    Jakie (to jest) cudowne dziecko!
    なんて可愛い子どもなんでしょう。
  • ※3 前置詞や疑問文の jak の後
    Jaka temparatura jest dzisiaj?
    今日の気温は何度ですか。

.

補足説明

※1…文の主語が常に主格かといえばそうではありません。主語が2〜4つ以上や最後の桁が2〜4(12と13と14は除く)のものを指す場合、5つ以下でもそれが人を指す名詞であれば2つ以上から生格となります。ただし後者の場合、主格を使っても構いません。詳しくは数量生格のレッスンで解説したいと思います。

※2…つまり述語となる形容詞が主格になるということですが、形容詞+名詞とする場合は造格を用います。例文で言うと、Ona wydała się miła とは表現できても Ona wydała się miła kobieta とは表現しないといことです。正しくは、Ona wydała się miłą kobietą(彼女は素敵そうな女性に見えた)です。

※3…ほとんどのケースで jak の後ろは主格だと考えていいでしょう。例えば、前置詞としての jak では On wegląda jak kobieta(彼は女性のように見える)などやはり主格を用います。

 

生格の用法

生格の機能はかなり多い…

生格の機能はかなり多い…

こまかく分けると多くなるだけで、それだけ使うシチュエーションがハッキリしているということです。

生格の基本的な機能はを知らないと「なんでここで生格が出てくるの?」と思うこともしばしば出て来るでしょう。

数量生格は説明すると長くなるので別のレッスンで解説しますが、きちんと用法を把握していれば生格の役割がだんだん掴めてくると思います。私もまだ特訓中なので一緒に乗り越えましょう!
.

  • ※1 名詞を修飾する
    ①所有関係
    dom kopelnika コペルニクスの家
    ②物質の性質・特徴
    komórka kolor czarnego 黒色の携帯電話
    ③動作の主体・客体
    budowa domu 家の建設
    ④関係を表す
    szef Piotrka ピオトルの上司
  • ※2 否定生格
    ①対格をとる動詞が否定形となる場合
    Nie chcę mięsa 肉はいらない
    ② jest / ma で存在を否定する場合
    Tu nie ma Jana. ヤンはここにいない
  • 名詞 brak, trzeba, potrzeba, wstyd, żal, szkoda の対象(主体は与格)
    Szkoda mi Ciebie あなたを可哀想に思う
  • ※3 形容詞 ciekawy, warty, bliski, chciwy, żądny, świadom(y), pozwabiony, godny の補語として
    pozwabiony pieniążków 金を奪われた
  • ※4 時期・日付を表す場合
    ①日付
    dziesiątego października10月10日に②時期
    następnego lata 来年の夏に
    ③毎年、毎日、毎朝、毎夏…
    każdej nocy 毎晩  każdego razu 毎回

.

補足説明

※1…基本的に、英語の場合に所有を表す of や ‘s 、所有代名詞 which is/are (made by) などで結びつく(関係を表せる)単語は生格です。ただし、所有代名詞で関係を表せる場合は主体と同じ格になります(例 moja siostra)。

※ 2… ①の項目について、nie が動詞の直前にある場合に生格となることに注意してください。②の項目について、存在を表す być の反対は nie mieć です。しかし過去形では、był (a/o) の反対は nie był (a/o) になります。生格の用法に関わることではありませんが、知らなかった方は覚えておきましょう。

※3…これらの形容詞が生格をとる場合、形容詞がまるで動詞のような働きをします。例えば、To jest warty zjedzienia(食べる価値がある)、On był bliski przewrócenia się(彼は転びそうになった)など。

※4…同じように時期や日付を表す場合でも、月だけ、年だけ、季節だけを言う場合は w+前置格をとります。日にちだけの場合は生格のみでOK。

.
ほか、生格をとる動詞や前置詞もあります。これは、暗記しましょう。

生格 kogo czego を要求する動詞・前置詞一覧

2016.09.21

 

主格と生格の格変化

それでは、主格と生格の格はどう変化していくのか説明します。

読む前に「人間名詞ってなに?」「有生名詞ってなに?」という方は、こちらの記事を読んで復習してください。

実はおもしろい?"名詞の性"の考察と見分け方

2016.02.17

ポーランド語は超難解言語ではありません 前編

2015.11.01
.
格変化は1つの変化パターンしかないものもあれば、複数のパターンに分かれる場合があります。それらは音の関係や名詞の種類によって区別されるのですが、それらを書き出すとキリがないのでここには書きません。すみません。。

このページの需要が出てきたら、詳しく書こうと思います。レッスンを見ている方は、ごくごく少数なようなので…。

 

主格の場合

img_3412.jpg単男性…語幹なし
複男性… -‘i, -‘y/i, -e

男性名詞の例

list/listy, tigrys/tigrysy, ptak/ptaki, kubek/kubki, dom/domy, lekarz/lekarze, kosz/kosze, student/studenci, film/filmy

.
単女性… -a
複女性… -y/i, -e

女性名詞の例

koszla/koszle, kolacja/kolacje, noc/nocy, toaleta/toalety, kuchnia/kuchnie, szansa/szanse, szafa/szafy, guma/gumy

.
単中性… -o, -e, -ę, -um
複中性… -a

中性名詞の例

mieszkanie/mieszkania, miejsce/miejsca, lotnisko/lotniska, lustro/lustra, liceum/licea, wino/wina, dziecko/dzieci(注意)

 

生格の場合

img_3411.jpg単男性… -a / -u
複男性… -ów/y/i

男性名詞の例

list/listy, tigrys/tigrysy, ptak/ptaków, kubek/kubki, dom/domy, lekarz/lekarzy, kosz/koszy, student/studenci, film/filmów

.
単女性… -a
複女性… -y/i, -e

女性名詞の例

koszla/koszl, kolacja/kolacji, noc/nocy, toaleta/toalet, kuchnia/kuchni, szansa/szansy, szafa/szaf, guma/gum

.
単中性… -o, -e, -ę, -um
複中性… -a

中性名詞の例

mieszkanie/mieszkań, miejsce/miejsc, lotnisko/lotnisk, lustro/lustr, liceum/liceów(注意), wino/win, dziecko/dzieci

.
今日のレッスンはここまで。

これだけの説明では「納得いかないぞ」と思う方もいるかもしれませんが、今1つ1つ丁寧に書いている時間はありません。また私が時間を持て余すようになってきたら(そんな日は来るのか?)、ゆっくり解説していこうと思います。

※今日のポーランド語はお休み

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です