一人旅日記4 ウクライナの異国情緒感は桁外れ



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)
当記事をご覧の方へ

ポーランド情報ではないのですが、過去のアメブロを削除するにあたり “消してしまうのはもったいない記録” をこちらに一部編集した上で載せることにしました。興味のある方はぜひ私の学生時代の日記をお楽しみください。

 

ウクライナに到着

Ukraina

2013年9月10日

ウクライナの入国審査ではまったく何も聞かれずに通過。日本のパスポートの力?

もうお馴染みですが、早速ATMでお金を下ろそうとするものの、そういえばウクライナの通貨ってなに?\(^o^)/の状態でした。

幸いにもフリーWi-Fi が空港で使えたので調べてみると “グリブナ” だそう。初耳です。

とりあえず、4泊分として6000円の500グリブナを下ろしました。宿泊代はないから、これだけでも十分足りるはず (^_^)

Ukraina

ちゃんと考えてお金を出さないと1グリブナや2グリブナがたまっていきます。

硬貨よりお札の方が見やすくて軽いから良いですよね。補助通貨は “コピーカ” といいます。小さくて軽く、見分けづらい。で、平気で1コピーカをお釣りで大量に返してくる… (> <)

絶対5コピーカあるやろ!

さて、ボリスピーリ空港からキエフ市内までの行き方を簡単に説明しましょう。

空港を出て右側に停まる322のバスに終点まで乗車します。片道40グリブナで、出発後すぐにバスを止めてドライバーがお金だけ回収しに来ました。もっと効率良い方法、絶対あると思うけどなぁ。なかなかユニークです。

あと本当に英語が通じない!空港だからって英語が通じると思ったら大間違いですね。

Ukraina

そしてここが終点。

着いた瞬間 йцщзждбюф…こんな文字だらけ!アルファベットそっくりのものも読み方は違うから下手に発音しない方がいいくらいです。こんな国に現地通貨の名称はおろかガイドブックすら持たずに来た自分も勇者。

しかもこの駅かなり大きい!そして立派。

 

キエフのメトロの仕組み

ukraina

メトロに乗るにはまず、この青色のプラスチックのコイン、トークンを窓口か自動販売機で購入します。本当におもちゃみたい。

1枚2グリブナで24円。そう、たったの24円で外に出ない限り、乗り放題なのです!

10グリブナ紙幣があれば5枚単位で自動販売機で購入可能。紙幣がない場合や5枚もいらない場合は窓口で1枚から購入します。

Ukraina

これがキエフの地下鉄車両。海外の地下鉄はたまに地上も走るので違和感がありますね。

ラインは赤青緑と色で分けています。今まで15カ国以上の地下鉄に乗ったけどキエフが一番分かりやすくて一番安い!でもエスカレーターがめちゃくちゃ長い…。軽く3分以上は乗らないといけないところもあります。

あと、厄介なのは一度地上に出たらもう後戻りできないこと!私が知る限りでは。

間違えても引き返せないのです。しかも自分が今どこの駅にいるのか外の駅名のサインではわかりにくい。次の駅しか書いていないから。英語で駅名を言ってくれるのが救いですね。

同じ場所にある駅なのにラインによって名前が変わったりと最初は難しく感じますが、それでも日本の地下鉄よりどこの国の地下鉄より簡単です。個人差はあるでしょうが  (´・ω・`)

Ukraina

これがトークン自動販売機。

トークンを数枚と持っていればあれこれ考えずに地下鉄に乗れちゃいます。本当に便利なシステムですよね。こういうのは発展途上国だからこそ出来るのかもしれません。

Ukraina

これは改札。改札を越えたらさっそくエレベーターに乗って下へ下へと向かいます。

改札の右側にトークンの投入口がありますが、混雑時はテンポよく入れないと後ろから「もたつくなよ!」と聞こえてきそうでした。

Ukraina

なかなかゴールが見えない長いエスカレーターです。地下鉄って早いイメージがありますが、キエフではそうでもないですね。

 

すごいVIPなホストだった

Ukraina

ここでもポーランド同様、カウチサーフィンでリクエストをくれた人のアパートに宿泊。

アメリカ人の50歳男性で単身赴任。キエフのアメリカ大使館で働いていて、趣味で海外飛び回っているそうです。写真も大好き。

典型的なアメリカンで体が大きく、テキサス英語で何言ってるのか分かりません\(^o^)/

すごく優しいけど、見た目は怖い人。そして彼のアパートは政府から与えられたものなので、豪華です。私にはまさかのシングルルーム、びっくりしました。CSってすごい。

夜中は警備員がわざわざチェックしにくるし、立地も政府の建物が集まっている場所だから駅からアパートまでの道にも警備員。ホテルに滞在するよりよっぽど安全です。

Ukraina Ukraina

 

雰囲気が怖い地下鉄の駅

ukuraina

2013年9月11日

あまり寝ていなかったので翌朝目が覚めたのは10時。「やばい!」と起き上がり、ホストから届いていたFBメッセージを確認。

内容は、「おはよう!机の上、見た?」

なんと彼はわざわざ手書きで駅までの道のりと、念の為に…と携帯電話まで置いていってくれていました。もう優しすぎです。

そしてキエフ初日はとりあえず、ふつうに観光しました。地図がないからどこに観光名所があるかも分からず、メトロの地図にある観光スポットマークを頼りに適当に降りていきます。そしたらこんな怖い駅に降りてしまった!

Ukraina Ukraina

誰もいない長い地下通路、照明器具が落ちて宙にぶら下がり、横でマフィアが薬を売っていても全く違和感がありません。

あ、この駅は Dnipro といいます。

本当にもなんにもない駅だけど、地図で見る限りでは近くに観光地があったはず。しかし、この駅の裏には丘があってその真裏に観光スポットがあるようでした。紛らわしい!

 

出店がたくさんで賑やか

Ukraina

目があって、おいでおいでをされたので寄ってしまいました。この人たち、片言の英語を喋るけど何言ってるのか全く分かりません。

アジア人が珍しいのか記念撮影もせがまれ、「夜の9時に会おう」って言われたけど、あまりにもしつこいから、「うん」って言っちゃいました。もちろん行っていません。

ところで、このマクドナルドのMをひっくり返したようなロゴのワゴンは、メトロの駅前で結構見かけるラップサンドのお店です。

Ukraina

22グリブナで約270円。

表示より高かったけど、たぶんチーズのトッピング代でしょう。想像通りの味。ソースがこぼれて非常に食べにくいですね。

Ukraina

こういうお店も駅前にかなり多いです。でもこのお店は、後ろがちょっと気になるなぁ。

単にテーブルにありったけの食べ物を並べているお店もあれば、キオスクみたいなお店も。しかし、売っている物はだいたい同じです。

Ukraina

さっきのお店ではこのお菓子を購入。湿気ていたけど、ほのかに甘くて食べられないこともありません。でも全部は食べれなかった…。

10グリブナで約120円です。

こんな感じで、次の日も出店フードを楽しんでいました。間食だらけで太りそうです。

Ukraina Ukraina

なにも伝わってきませんね(笑)。

ウクライナには本当にこんな感じのお店が多く、カフェでランチをする時間ももったいない私にとってはすごく重宝しました。

 

ペチェールシク大修道院

Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina Ukraian Ukraina Ukraina Ukraina

ポーランドにしてもそうだけど、東欧の教会はどこも素晴らしいの一言に尽きる。

ここは世界遺産ペチェールシク大修道院、洞窟大修道院とも言われています。噂によると大きな洞窟があるはずだけど、聞いても見つけられませんでした。最初は英語で道標がでてたけど、途中からウクライナ語に変わるし…。

小さい洞窟なら見つけられましたが。

洞窟に入る前、女性はロングスカートみたいに布を腰に巻き付けて、髪を隠すように頭にも布を被せないといけません。私はそれを知っていたから最初からロングスカート!

洞窟には本物のミイラが真っ暗闇の中、たくさん眠っていました。と、言っても布を被せてあるから片方の腕しか見えません。大英博物館以来のミイラ、本当に神秘的です。

 

ここでもアイスを堪能

Ukraina Ukraina

エスキモーのアイス!スロバキアでもこういう紙で四角形に包まれたアイスばかり食べていましたが、ウクライナでも発見。

みんな長袖着てるけど、結構暑いですよ。

補足説明

このアイスはポーランドにもありますが、今でも変わらず私のお気に入りのアイスです。軽くてあっさり、しかも40円くらい。安くておいしい!

.
よくみんな長袖着てるなぁ。確かに夜は寒いけど。そこらへんの犬も干からびてるし、とにかく暑い!でも教会に行くなら、なるべく肌は見せない方がいいと思って私も長袖です。

Ukraina

o0480048012687495208
Ukraina

Ukraina

いかにアイス好きかが十分に伝わる。

ところで奇妙なのが最後のキウイ味のソフトクリームです。なんか食べかけみたいになっているけど、この時点では開けていないはず。包装を破かないと上のカップは取れない仕組みだから食べてから戻したわけでもない。

元からこんな、異様に長いフタの商品なんでしょうか。溶けてはいませんでした。

 

大祖国戦争博物館

Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina Ukraina

先ほどのペチェールシク大修道院の先をもっと進むと奥には、第二次世界大戦の悲惨さを物語る博物館と広い公園(墓地?)があります。

外には写真のようなモニュメントがあり、暗い歌が流れていて、それが余計に悲しい。

ここで、写真最後の右手にいるイスラエル人にえらく長いこと話しかけられました…。日本が好きなのは分かった、でもしつこい!「電話番号教えて」と言われ、「これは借り物の携帯だから教えられない」って言っているのにしつこいから、教えてしまうはめに (T_T)

この人に話しかけられなければ、もっと見れたのになぁ。その後もロシア人男性にやたら話しかけられるし、もう散々。私も無視をする勇気が必要です。顔は「いい加減にしろ!」のはずなんですが、なかなか引いてくれません。

一人旅日記5 ウクライナ続編 チェルノブイリへ…

2016.07.19

.
※今日のポーランド語はお休み

 .

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です