【日帰り】クラクフからザリピエ村への行き方



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

.
最終更新日:2017年3月23日

2年前のポーランド旅行からずっと行きたいと思っていたザリピエ村。

ついに念願叶って、クラクフから日帰り旅行で車で行ってきました。でも今回の記事では、電車やバスでの行き方を写真付きで詳しくお伝えします。
.

このページの目次
1. ザリピエってどんな村?
2. ザリピエへの行き方
クラクフ発ザリピエツアー
公共交通機関・列車で行く
公共交通機関・バスで行く
ミニバスに乗り換える
追記:タクシーを利用する

 

ザリピエってどんな村?

ポーランドのことを色々と調べていると、ザリピエというキーワードを目にすることがあると思います。

ザリピエは2006年にフジテレビ “あいのり” で紹介され、それからはテレビ取材はもちろんのことガイドブックでも取り上げられるようになり、密かな穴場スポットとして有名になりました。

Google Map

Google Map

どこにあるのかというと、上の地図を見てもらえれば1番早いのですが、このようにクラクフからそう遠くない場所にあります。車では1時間半の距離。

しかし、公共交通機関のみでザリピエに行くのはそう容易くありません。

そこで今回の記事では、「どうしてもザリピエに行ってみたい!誰かが詳しく解説してくれていたらなぁ」と思っている方のために書きました。

こんな家がいっぱいあります

こんな家がいっぱいあります

ザリピエをひと言で言うならば「可愛い花のペイントでうめつくされた、とても小さな村」。そんなポーランドでは注目もされない小さな村を日本人が知っているというのも面白い話です。

具体的にどんな村なのか、覗いてみたい方はこちらの記事もご覧ください。

ザリピエをめいっぱい観光してきました 前編

2016.05.18
.

ザリピエへの行き方

ザリピエはクラクフから北東に約70キロの位置にあり、一見、そんなに遠くはないように思えます。

しかし車やバス、列車で行くと約120キロの距離となり、決して近くはありません。クラクフからそのまま北東に行くことができれば良いのですが、その間にあるヴィスワ川に橋が架かっていないので遠回りをする必要があるんです。

フェリーも一応あるのですが、時刻表の関係や車を乗せる手間と料金を考えると余分に走った方が早いそう。

でもこの興味深い村には時間をかけても足を運ぶ価値はあると思います。

ザリピエ村の人達はとてもフレンドリーですから、遠い国から来たあなたを精一杯もてなしてくれることでしょう。

では、どうやって行くのか。

まずはクラクフ中央駅からタルヌフ駅に列車移動、またはクラクフバスターミナルからタルヌフバスターミナルまでバス移動し、そこからミニバスに乗り換えてザリピエへ行くことができます。

Google Map

Google Map

しかしザリピエへのミニバスは頻繁に走っておらず、またザリピエに着いてからの徒歩移動も楽ではありません。

それでも多くの日本人が日々この小さな村に訪れているのだから、出来ないことはないはずです。「行く!」と決意したい方は先を読み進めてください。

 

クラクフ発ザリピエツアー

個人で行く方法をお伝えする前に、皆さんに伝えておこうと思います。

これを後出しで言うと「ツアーでも行けるんかい!」とツッコミを入れる方がいるかもしれないので…。

以下は、クラクフ発のザリピエ日帰りツアーを催行している会社です。

.
口コミなどもきちんとチェックできるよう、トリップアドバイザーのページリンクを貼りました。そこから各ツアーの公式HPに行くことができます。

ただ、英語ツアーになってしまうのだけは仕方ないですね…。料金はホームページを確認しても確認することができなかったので直接問い合わせてください。

 

公共交通機関・列車で行く

それでは本題のお話。

まずタルヌフという街に向かう必要がありますが、クラクフからタルヌフまで列車移動する場合を先に書きましょう。

タルヌフ駅

タルヌフ駅(夕方に撮影…)

列車はICやPRを利用します。これらの違いは関連記事をご覧ください。

個人旅行に便利!ポーランドの列車の種類一覧

2015.11.17

.
乗車料金は片道で、ICでは18PLN(二等)、PRでは11PLN。ICだとクラクフ〜タルヌフの所要時間は約1時間ですが、PRだと1時間15〜24分とかかります。

下記に2016年10月現在の時刻表/平日を載せておくので参考にしてください。すべて乗り換えなし、所要時間は1時間〜半程度となっています。

ただし乗る前に必ず現地でご確認を。または関連記事で紹介している “Bilkom“のアプリを活用して調べてください。

ポーランド旅行者・在留者に絶対役立つアプリ

2016.03.18

 

クラクフ中央駅 – タルヌフ駅

緑色はIC列車となります。

クラクフでの滞在日程に余裕があれば、昼から行ってザリピエで一泊するのもいいかもしれませんね♪

08:00-09:24 09:44-10:44 13:03-14:24
14:00-14:59 14:30-15:51 15:14-16:35
16:45-18:04 17:13-18:12  17:33-18:57

.

タルヌフ駅- クラクフ中央駅

緑色はIC列車となります。

08:42-09:38 08:48-10:08 10:54-11:54
11:14-12:38 13:17-14:24 14:38-16:02
15:38-17:02 16:38-17:54 17:08-18:05

 

 

公共交通機関・バスで行く

バスで行く場合、列車より時間がかかり1時間35分の所要時間となります。

乗車料金は片道15PLN前後。

補足説明
2016年現在、バス会社の公式サイトや経由サイトから事前購入した場合は13〜15PLN、現地で購入すると16PLNとなります。

バスは20〜30分毎と頻繁に走っており、バス会社は主に “Voyager” です。

公式HPに時刻表があるので、クラクフ→タルヌフはこちら、タルヌフ→クラクフはこちらをご覧ください。

Kraków MDA がクラクフバスターミナル(クラクフ中央駅の横)、Tarnów DA がタルヌフバスターミナル(タルヌフ駅の前)で、互いに終点となっているので間違って降りることはないでしょう。

クラクフバスターミナルでの時刻表確認方法やバスの乗り方は “アウシュヴィッツへの行き方” の記事 “バス/ミニバスで行く” の項目でも少し触れています。

【最新版】クラクフからアウシュヴィッツへの行き方

2016.02.08
.
.

ミニバスに乗り換える

ミニバスのバス停はタルヌフ駅またはタルヌフバスターミナルのすぐ近く。

タルヌフ駅に到着した場合は正面出口を出て、前にそのまま進んで行き(すぐ左側にバスターミナルがあります)角を右に曲がってください。通りの名前は、Ul. Krakowska(クラコフスカ通り)です。

Google Map

Google Map

この画像の通りに進むだけ。

黄色の丸で囲んだところがバスターミナルで、赤の道を進んで行きます。オレンジで囲んだ辺りに3つのバス停があるのでその最も手前のバス停でザリピエ行きのミニバスを待ってください。

待つバス停からの眺め

待つバス停からの眺め

意味は "私営バス会社"

意味は “私営バス会社”

ちなみに、キオスクを挟んで向こう2つのバス停には市営バスが止まります。

乗車料金は片道4〜6PLN。

気になるミニバスの時刻表はこちら。方面は Gręboszów/Bieniaszowice なので、もし時刻表が変わっていればその情報を頼りに探してください。

真ん中の時刻表がザリピエ行き

真ん中の時刻表がザリピエ行き

  • DNI ROBOCZE…月〜金曜日
  • SOBOTY…土曜日
  • NIEDZIELE…日曜日

.

注意説明
こちらは2016年5月3日に撮影したものです。バスの時刻表は参考程度に載せているだけなので変わっていたとしても一切責任を持ちません。頻繁に変わっているようなので、必ず現地でも確かめてください。

時刻表はこちら(EURO TRANS 公式HP)にも掲載されています(ただし、更新日がないので常に最新の状態かは分かりません)。タルヌフ→ザリピエは “TARNÓW ul.Krakowska Planty→DĄBROWA T→GRĘBOSZÓW→BIENIASZOWICE”、また万が一  DĄBROWA T で降ろされてしまった場合は DĄBROWA TARNOWSKA ul.B Joselewicza→GRĘBOSZÓW→BIENIASZOWICE の時刻表でザリピエまで行くことができます。

.
上の画像の時刻表は “EURO TRANS”というバス会社のものですが、去年より平日のバス本数が半分以上も減ってしまい、より交通の便が悪くなりました…。

また、”R.T.M Trans” というバス会社を利用して、同じバス停から Gręboszów 方面でザリピエへ行くこともできます。

時刻表をバス停で見つけることは出来なかったのですが、公式HPにはこのバス停から発車することになっているので時間になるとミニバスは来るでしょう。

“R.T.M. Trans” の時刻表はこちら(下から2番目の “Tarnów ul.   Krakowska   Planty ” の欄)から確認できますが、平日運行3本のみ。不便ですね…。

道路を挟んで向こう側にある教会

道路を挟んで向こう側にある教会

ちなみに帰りのバス停は向こう側、行きのバス停からも見える大きな教会を通り過ぎて直ぐですし、ここが終点なので心配する必要はないでしょう。

さて、バスに乗ってからは約1時間でザリピエに到着します。

これが目印となります

これが目印となります

しかし Zalipie(ザリピエ)とハッキリ書かれている場所で降りるわけではありません。上の写真に写っている家が右手に見えたらすぐ降りる準備をしてください。間もなく停まります。

それでも心配な方は、ミニバスに乗って料金を支払う時に運転手さんに
.

あなた
“Proszę powiedzieć mi kiedy będziemy w Zalipiu.
(プロシェン  ポビエヂェチ  ミ  キェデ  ベンヂェメ  ヴ  ザリピュ)
意味:ザリピエに着いたら、教えてください。

.
と言っておくといいでしょう。降りる場所の地図はこちらになります。

Google Map

Google Map

緑色が降りるバス停、黄色が帰りのバス停(タルヌフ方面)となります。

赤の道を進んで観光していきますが(記憶は曖昧ですが目新しいものはなかった気がします)、角を曲がる前に帰りのバス時刻もチェックしておきましょう。

タルヌフ方面へのバス停

タルヌフ方面へのバス停

EURO TRANS の時刻表が見にくい!

EURO TRANS の時刻表が見にくい!

しかもこれは間違っているようなので(たぶん新しいのが剥がれてしまっている)、現地で必ず確認してください。

ただ、R.T.M. Trans のものはきちんと確認することが出来ました。

R.T.M. の時刻表

R.T.M. Trans の時刻表

行きは3本しかないのに帰りは10本もあります(上部の大きいサイズで書いてある方)。しかし行きと同様、平日のみの運行なのでご注意ください。

“R.T.M. Trans” の時刻表はこちら(上から3番目の “Niwki  Zalipie” の欄)でも確認できます。朝に集中していますね。

時刻を確認したら、さっそく観光!

祝日だったで国旗がありました

祝日だったで国旗がありました

さっき貼った地図の方向に歩いて行くと、Zagroda Fericji Curyłowej Zagroda(フェリツィア・ツレウォヴァ農園)が見えてくるので、そこが最初に訪れる観光地となります。

私は車でしたが、同じくここから観光をスタートしたので、次の記事で観光スポットを順番に紹介していきましょう。

Google Map

Google Map

ショプカのある農園
文化センター
聖ヨゼファ教会
行きのバス停
帰りのバス停

道が細くて見にくいと思いますが、私が他に周った観光スポットと先ほどのバス停を丸で印付けました。

Dom Malarek(文化センター)で村の地図を貰えますが、ザッと把握するためにもぜひ参考にしてください。

ザリピエをめいっぱい観光してきました 前編

2016.05.18

 

追記:タクシーを利用する

最も便利な移動手段の1つ

最も便利な移動手段の1つ

タルヌフ〜ザリピエをタクシーでスムーズに移動したいという方へ。

おすすめは EFEKT というタクシー会社です。これまでにタルヌフ〜ザリピエのタクシーの予約をご依頼されたことが二度ありましたが、その二組の方から満足だったという感想をいただきました。

2016年9月の時点で、片道130PLN、往復200PLN。また、2017年3月の時点では祝日料金が適用される土・日・祝は片道150PLNとのことでした。あくまで目安です。

また運転手の懐の深さにもよりますが、待ち料金もきっちり請求されます。特にチャーターをお考えの方は、少し余裕を持って現金をご用意ください。

以下、EFEKT を利用した方からいただいたご感想です。参考にしてください。
.

K様からいただいたご感想

今回はタルヌフでの、ザリピエ行きタクシー予約代行ありがとうございました。
待ち合わせの駅には思いの外タクシーが何台も並んでいてとまどったのですが、綾香さんがタクシー会社のシールを添付で送ってくださっていたので、どのタクシーかわかりやすく助かりました。

運転手さんに声をかけると、最初わかってるようなわかってないような感じがしたのですが、”I knou you” と言われ、またタクシー会社の無線から私の名前やザリピエの地名が出てきたので、ほっとしました。
ドライバーの方は英語が話せる方で、彼自身はザリピエは今回で2度目、前回は10年くらい前と言われてました。
ザリピエに着いても最初ピンときていない感じでしたが、私たちが「かわいい!」「すごい!」とか言ってるうちに、どういうのが好きなのかわかってきたようで、途中からは私たちが何も言わなくても、車を止めてくれるようになりました。

またこちらが言った訳でもないのに、人がいる気配のあるお宅では庭に入って写真を撮る許可を得てくれるなど、積極的に助けてくださり、本当に良いドライバーさんでした。私たちもまさか庭の中に入ることができるとは思っていなかったので、嬉しいし、良い写真がたくさん撮れました

今回は同行者の腰が悪かったためタクシーチャーターを選んだのですが、結果本当に良かったと思います。  トラベロコ

M様からいただいたご感想

 ザリピエまでの道のりですが、ほぼ綾香さんの案内通りに進むことができました。
一日目は片道130PLN(チップ別)だったと思います。タルヌフからザリピエまでは、ドライバーさんもあまりザリピエには行ったことがなかったせいか若干迷い始め別の町に行ってしまいましたが、親切にもタクシーのメーターを止めてくれ、定額で案内を頂きました。

ザリピエ到着後もタクシーで案内をしていただき、私たちが散歩や博物館を見ている間は待機していてくれて大変親切な対応を頂きました。待機時間中の料金は、ドライバーさんは「いらない」と頑なに断ってきましたが、こちらも大変親切な対応をしていただいたので、確か、綾香さんが教えてくれた料金で2時間分を渡しておきました。帰りは同じドライバーさんに宿泊先まで来ていただき(約束した時間通りに)、タルヌフまで乗せていってくれました。料金も固定で130PLNでした。

ドライバーさんは英語が全く通じず、身振り手振りと地球の歩き方の後ろにある辞書、ネットのEnglish – Polish辞書でなんとか意思疎通ができたという感じでした。それも楽しかったですが。

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

1 個のコメント

  • 牧村美雨 より:

    タルヌフのクラコウスカ通りは工事中で写真と違い、分かりにくかったですが、人がいっぱい待ってたので大丈夫でした。
    8.9月の時点で。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です