外国姓になってパスポートが変わった時の話



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

今回の記事は、国際結婚の諸手続きについてです。久しぶりの国際結婚ネタ。

お話しするのは、ポーランド人との国際結婚に限らず、外国籍の人と結婚した場合は皆同様に適用されるルール。国際結婚をしていない人も、興味があれば読んでみてください。「へぇ〜!そうなんだ!」と面白い発見があると思います。

 

このページの目次
1. 外国姓のエピソード
2. 新しいパスポートを申請
申請時に用意する書類

 

外国姓のエピソード

夫が外国人の場合、婚姻届を出す時に迷うことといえば名字の選択。

 

国際結婚では夫婦別姓も可能

実は外国籍の人と結婚した場合に限っては、日本の姓(両親といっしょの姓)または配偶者の外国姓のどちらを取るか自由に選択が出来ます。

つまり日本の姓のままがいいのであれば、夫婦別姓も可能なんです。

このケースの場合、迷った挙げ句に夫婦別姓を選択する人が圧倒的に多いそうですが、日本に住まない人の場合は思い切って外国姓に変えてしまう人も割といるとか。私もその1人です。

私は、結婚当初からポーランドに永住するつもりだったのと夫婦別姓というのは違和感があったので、迷わず外国姓を選びました。外国姓にするとまあ、大変なことがたくさんあるわけですが(だから夫婦別姓を選ぶ人が多いんですね)本題に入る前にその一部の苦労話をちょっとだけご紹介しましょう。

 

外国人姓になると結構大変

まだ日本人の誰もが「どこかで聞いたことがある」というような名字であれば、そこまで苦労はしないかもしれません。
.

photo: flickr by Sarah Murray

photo: flickr by Sarah Murray

1. どうカタカナに直すべきか
外国姓の場合は中国人や韓国人の姓を除いて、カタカナに直す必要があります。まだスミスだとか、ジョンソンならまったく問題ないのですが、私の場合はポーランド人の名字。ポーランド人と結婚している人は数百人ぐらいだと思うのですが、それもあってうまい訳し方(カタカナに直した呼び方)の前例がありません。どうカタカナに直すべきか…。1日中、彼の名字を聞き、やっとカタカナに直したのが今の姓です。

2.  絶対に聞き返される
私の名字は “カスプシュイック” ですが、これは発音するのも聞き取るのも大変なようです。そのため、特に電話でやり取りする時は困ります。なので、特に本名を使う必要のないシーンでは旧姓を使っていますが、たまにうっかり、カスプシュイックと言っちゃうことも…。また、アルファベットだと “Kasprzyk” なのでポーランド以外でパスポートを見せるときも「…」とまず沈黙が走ります。

3. ハンコが使えなくなる
外国姓になると、まずハンコが使えなくなります。そういう時は例外として署名でたいてい済ませられるのですが、特に”署名” ではなく、”ハンコ” が必要となるシーン(銀行印や訂正印など)では、窓口の人や受付の人がよく慌てるんです。「確認をしてきます」と言われてから5分10分と待たされることも。やはり、国際結婚が多くなってきたと言えど外国姓はレアなようですね。

 

新しいパスポートを申請

はい、やっと本題です。

実はこれ、外国姓に限らず日本人で姓が変わった人も同じような手続きをしなければいけないのですが、外国姓の場合は提出書類が少し違います。

 

2014年春からの新ルール

2014年の3月20日から姓の変更など、パスポートの記載事項を変更する場合の手続き変わりました。

従来は変更があった際、900円 の手数料を支払うと別のページにて姓が変わったことを証明できたのですが、この方法は国際的にも稀だったようです。そのため、外国の審査官も日本と他数カ国の国だけがこのような仕様だったために、わざわざ別ページで名前を確認するのは煩わしいと思っていたんだとか…。

そこで、やっと日本も「姓が変わったら、パスポートも新しく申請し直しましょう」という新ルールを制定しました。

いや、迷惑ですけどね(-   -)

また新しく申請するにあたって申請料金を支払わないといけないので…。新規取得ではないので大した金額ではないのですが、なんだか損した気分です。ちなみに私はこれで、6年間数ヶ月の間に3回もパスポートを取得しました。

補足説明
私の場合、初めてパスポートを取得したのが17歳の時だったので最初は5年パスポートを申請しました。その5年後に10年パスポートを申請したのが2013年の2月。夫と婚姻届を出したのは2014年7月だったので、前のパスポートは1年と5ヶ月しか使っていません。でもそのパスポートで既に15ヵ国訪れていました(笑)。

 

こんな風になりました

以前のパスポートはたった1年数ヶ月前に申請したものでしたが、デザインが微妙に変わっていました。

上が現在のもの

上が現在のもの

ちょっと指で隠れてしまいましたが、上部のデザインが若干ちがいます。

※本名で公に活動しているので先に名字を書いてしまいましたが、念のためにパスポートに表記されている名字は隠しています。

 

申請時に用意する書類

では、外国人姓になった場合、どのような書類が必要なのか見ていきましょう。

申請時に必要な書類
1. 以前のパスポート
2. 一般旅券発給申請書
(記載事項変更用 )
3. パスポート用証明写真
4. 外国姓を証明できる書類
5. 戸籍謄本
6. 申請料 収入印紙代6000円

パスポート番号も変わるため、旧パスポートは申請窓口で預け、新しいパスポートの受け渡しの時に写真のように穴を開けられた状態で返却されます。

外国姓を証明する書類については、配偶者のパスポート原本を持って行くのが手っ取り早いです。もし入手が難しい場合は配偶者の出生証明を提出しましょう。

また名字を変わったことを証明する書類として、婚姻後の戸籍謄本も必要です。

婚姻届を出してから新しい戸籍が発行できる状態になるまで、最短3日営業日はかかります。新しいパスポートがすぐ必要だという方は、宣誓書を記入して後日戸籍を提出することも出来るようですが、申請窓口で相談してください。

 

非ヘボン式の姓

日本人の名前を記載する場合は必ずヘボン式(いわゆる通常のローマ字)にしないといけませんが、外国姓はヘボン式にする必要はなく、配偶者のパスポートの表記に合わせられます。

例えば私の名字、”カスプシュイック” であれば、ヘボン式にすると “KASUPUSHU….” となりますが、彼の国ではアルファベットを使っていますし、”KASPRZYK” と表記するのでわざわざ更に変換する必要はありません。

外国姓で非ヘボン式の名字をパスポートに記載する場合は、申請書裏面で非ヘボン式による名前の申請が可能です。でもややこしいことに申請時点では、表側の氏名を記入する欄にはヘボン式で書かないといけません。ご注意を!

 

photo: flickr by Ian Mackenzie

photo: flickr by Ian Mackenzie

余談ですが、私の以前のパスポートはスタンプだらけでスパイだと友人のネタにされることが多かったです。

空港の審査官に怪しまれることも度々ありました。イギリスだけでも10回の出入国がありましたし、マイナーな国も複数回訪れていたり、若い女性にしては渡航歴が異常だったんでしょう。パスポートの裏にもビザのための管理シールがペタペタ貼られていました。

おかげで今のパスポートはまっさらに見えます。スタンプが欲しい!

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

5 件のコメント

  • ひろ より:

    こんにちは、はじめまして!
    今ロンドン在住の日本人です。
    今ポーランド人の彼と交際して約一年。結婚を考えています。
    結婚の際に必要な物は日本に取りに行くか、ポーランドへ行くか、どちらにしろ日本に帰らないとできないですよね??
    聞きたいことがたくさんあります。

    • Ayaka より:

      ひろさん、はじめまして。
      コメントの承認と返信が遅くなり、申し訳ありません。

      ポーランド人と結婚する日本人で、ポーランドに暮らすというパターンはあまり多くないようですが、イギリスやアメリカで出会って第3ヵ国で暮らすという方は多いようですね。
      私が役所で婚姻手続きをしたのはかれこれ2年以上前になり、またそのような手続きは随時変更されるようです。
      大使館で直接お尋ねされた方が確実だと思いますよ (^_^;)
      日本大使館でしたら、メールでも割と迅速に返事が来ます。

      • ひろ より:

        コメントありがとう御座います!!
        とっても嬉しい気持ちになりました😊
        そうなんですね!直接大使館に連絡してみます!

  • justyna より:

    こんにちは!
    私は逆の場合です。日本で住んでいるポーランド人です。日本人と結婚前、長いカタガナの名前は大問題ですね。

    • Ayaka より:

      justyna さん
      はじめまして!
      ポーランド人の方からの初コメント、とても嬉しいです♪
      確かに、ポーランド人の名前はたまに長いので枠に入りきらないこともありそうです。
      私は Kasprzyk と短めの名字ですが、ホテルへ行くと「カスペルスキー」なんて言われたりしてそれもそれで問題です(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です