ポーランド人はどうやって自由/休日を過ごす?



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)

 

Jak Polacy spędzają czas wolny?
(ヤク ポラツェ スペンザヨン チャス ヴォルネ)

ポーランド人たちはどうやって自由な時間を過ごすのか、という意味です。

一見どうでもいいようなテーマですが、すごくヒマだった時になんとなくこの答えをネットで探したことがありました。すると興味深い結果が出たので、今回はそれについて記事を書くことにします。

 

IMG_5884

 

よっぽどヒマだったのかと驚かれるかもしれませんが、グラフまで作ってしまいました。正確さは保証しません。

さて、ご覧の通り、多くのポーランド人はヒマなとき家にいるようです。
.

photo: flickr by Ellie

photo: flickr by Ellie

これらの幾つかのことを同時にする人もいれば他のことをする人もいるので、あまり数字に捉われず、だいたいこんなものだと見てください (^ ^;)

ハッキリ言えるのは大多数の人はテレビを見ているということ。これはどの調査でもナンバーワンの結果でした。

 

パンダ
ふーん。でも日本人もヒマなときはだいたいこんなもんでしょ。

と、思った皆さん。
もうちょっとだけ聞いて下さい。

ポーランド人は自由時間を家で過ごすのが鉄板、という結論がでましたが、このグラフを見てちょっと不思議に思いませんか。これがもし日本なら

photo: flickr by i a walsh

photo: flickr by i a walsh

ショッピング

この項目、ありますよね。

もしかするとその他の分類に入るのかもしれませんが、これってすごく奇妙なことだと思いませんか。

どのアンケートにも “買い物” の選択肢がないなんて…。
.

でもよくよく考えてみると、私たち夫婦もそう。というより、こちらに来てから買い物に対する考え方が変わりました。

まずヒマだからどこかのお店に行くなんてことは絶対ありません。

こちらにも大きなショッピングモールはありますが、やはり暇つぶし目的では行かないですね。お金の無駄とかそういうことより、必要性がないからという意味合いの方が強い気がします。
.

特に日曜日の買い物は、旅行中以外ありえません。いや、そもそもポーランド人でわざわざ日曜日にパンを買いに行くような人はいるのでしょうか?

いるにはいるでしょうが「なぜ平日に買っておかないの?」となるのが大多数のポーランド人の考え方でしょう。

パンは一例ですが、「日曜日に買い物をすること自体が普通ではない」と思う人とそう思わない人の意見がキレイに分かれるのがこの国の特徴だと思います。

その証拠に…
.

・ワルシャワでは人口の2%だけが日曜日に大きな買い物をする
・日曜日の買い物禁止?
・人気ではない日曜日の買い物
・日曜日は買い物より家にいたい

.
という見出しも見つけました。

日曜日にショッピングモールで時間をつぶすポーランド人もいますが、全体的に見るとその割合は “家で過ごす人” よりは少ないはずです。多くなってきている傾向はあるでしょうが…。では、

 

なぜ日曜日に
買い物をしないのか

これは、ポーランドがカトリックの国であることとも深く関係しています。

.
それは「日曜日は聖なる日、安息日であり、平安に1日を過ごさなければならない」という聖書の教えがあるから。

photo: flickr by Chris Parfitt

photo: flickr by Chris Parfitt

つまり日曜日は、余計な労力を使わずに心を落ち着かせて休む日なのです。

他の日にできるようなことをわざわざしてはいけません。日曜日に買い物をしたり、特に用もないのにショッピングモールへ行く人が増えた理由は、単にポーランド人のキリスト教離れが増しているということでしょう。

また、家族や友人との時間が何より大切という典型的なポーランド人の考え方からも日曜日は実家で過ごしたり友人を招いたりする人が多いようです。

注意説明
日曜日というのが強調されていますが、日曜日に出勤する必要のある仕事(警察官や消防士、バスや電車の運転手など)をしている人に限っては例外で、その代わりに他の曜日を安息日として定める必要があります。

 

それではなぜ、日曜日以外のヒマなときに買い物をしないのでしょうか。

photo: flickr by Stefan Baudy

photo: flickr by Stefan Baudy

.
これは単純に日本人だからこそ思い浮かぶ疑問だと思います。

自由な時間や休日に買い物をしてお金を使う必要はありません。それなのに日本人がお金を使ってしまう理由は、日本にはお金を使うための場所やきっかけが多いことに原因があります。

テーマパークや小規模でも遊べるところがたくさんあって、おしゃれなお店もたくさん。女性であれば美容やファッション関連で数万円とお金をかけることも珍しくありません。

仕事帰りに友人同士で飲みに行ったり、買い物をしたりでお金を使ったという経験は誰にでもあることでしょう。

また暇つぶしとしてゲームセンターへ通ったり、パチンコや競馬などのギャンブルでお金を使うことも普通ですよね。

単純にいえば日本は裕福な国だからこそ余裕があるのでしょうが、借金をしてまでお金を使う人もかなり目立ちます。
.

photo: flickr by John Morgan

photo: flickr by John Morgan

しかし、ポーランドにはそこまでお金を使う動機となるものがありません。

毎月服を買うほどファッションに夢中な人もあまりいませんし、子どもと遊べるような遊園地もなく(夏限定の簡易遊園地はあります)、ギャンブル関係の場所はひっそりと存在する程度。

飲み屋といえばパブですが、日本のようにたくさんのおつまみや食事がメニューとしてあるわけではないので、結構飲んでも比較的安上がりです。

そこで興味本位で夫に、たくさんお金を持っているポーランド人は、何にお金を使うのか聞いてみたところ、即答で

 

私の夫
そういう人はたいてい自分の家を5年ごとにリフォームしているよ。あと良いお酒を買うとか。
.
とのことでした(笑)。

もちろん他にお金を使う人もいるでしょうが、しっくり来る答えです。

また、”経済的に余裕がなくてお金を使わない” というポーランド人達を対象とした「もしお金に余裕があれば何にお金を使いたい?」というアンケートには、”パブや映画館(自分たちが田舎に住んでいるために周りにそういった施設がない、街に出るのにお金がかかる)” を挙げている人がとても多かったです。

そもそもお金をかけたいところが日本人とはちょっと違いますね
.

この記事を読んでいる皆さんは自由な時間は何をして過ごしていますか?

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です