ポーランド風ドーナツ、ポンチュキが食べ放題の日



※コンテンツの無断転載禁止(リンク歓迎)
この記事をご覧になる方へ
元記事は移転前のホームページにて2015年2月7日に公開したものです。移転時期の関係で時期外れの記事となってしまいました。
.
今回の記事では、ポーランドの変わったおもしろい行事を紹介します。

この行事は毎年、四旬節期間直前の木曜日にやって来るのですが、なぜ「ポンチュキ食べ放題の日」となったのでしょうか。その経緯を紹介する前に、四旬節とポンチュキについてお話しましょう。

 

このページの目次
1. 四旬節とは
2. ポンチュキって?
3. ポンチュキを食べる理由
4. どれだけの量を食べる?
5. アメリカでのポンチュキ
6. ポンチュキのレシピ

 

四旬節とは

復活祭のようす

復活祭のようす

カトリック教会などの西方教会において、復活祭の46日前から復活祭の前日までの期間を四旬節といいます。

復活祭(イースター)はイエスの復活を喜ぶ、キリスト教で最も重要な祝いの日。そしてカトリック教会では、その前の四旬節中に祈り断食慈善の3点を通じて悔い改めを行います。

昔は、肉や卵などの乳製品も食べなかったそうですが、現代ではそこまで厳格ではなくなってきました。それでも各家庭独自の断食の仕方があり、私の夫の場合、自分が好きな食べ物やお酒は四旬節中には取らないことにしています。

四旬節の最初の日は “灰の水曜日” とよばれ、”ポンチュキ食べ放題の日” はその日の前の木曜日。”灰の水曜日” についてはこちらの記事をご覧ください。

灰の水曜日、40日間の断食が始まりました

2016.02.11

 

カーニバルのようす

謝肉祭(カーニバル)のようす

ちなみに謝肉祭というのは、四旬節で肉が食べられなくなる前に行う “肉に別れを告げるための祭り” であって、肉に感謝をする日ではありません。

ブラジルのカーニバルとまではいきませんが、食べたり踊ったりします。

 

ポンチュキって?

ポンチュキ

典型的なポンチュキ

スーパーなどでよく見かけるポンチュキは上の写真のような感じです。

シュガーパウダーがたっぷりとかかっていて(できたては真っ白!)、とっても甘そうですね。このポンチュキは年中食べられるものですが、四旬節期間直前の木曜日になると、こぞってポーランド人がポンチュキを食べまくります。

この特別な日を日本語では「脂の木曜日」といい、ポーランド語では、 Tłusty Czwartek (トゥステ チュファルテク:脂の木曜日)と呼びます。
.

さて、日本でもこのような見た目のドーナツ(特にマラサダ)はたくさん見かけますが、ポーランドのポンチュキはそのようなドーナツではありません。

ポンチュキの中身

ポンチュキの中身

中にワイルドローズのジャムが入っているのが伝統的なポンチュキです。

最近では杏子の風味がきいたフルーツジャム、マルモラダ(marmolada)で代用されることも多くなりました。

日本のドーナツのようにカスタードクリームや生クリーム、チョコレートクリームが入っていることはありません。

スピリタス

スピリタス 度数96%!

そしてポーランド名物ウォッカ、スピリタスを生地に混ぜるのも特徴的。

スピリタスには、揚げる時に油が生地の奥に浸入するのを防ぐ役割があるそうです。ポーランド人らしい知恵ですね。

 

ポンチュキを食べる理由

四旬節の期間中は断食として肉だけではなく、砂糖や卵、果物なども口にすることが禁じられていたことから、四旬節の前に食材を使い切っておこうということで、そのような甘いお菓子を作り始めたのがきっかけだと言われています。

今でこそ厳しい断食をする人はあまりいませんが、四旬節の食べ納めからはじまった行事だったんですね。

ポンチュキを買いにきた人たち

ポンチュキを買いにきた人たち

しかし実際にはカトリック教徒かどうかなど関係ありません。

毎年脂の木曜日の前になるとパン屋さんやお菓子屋さんではポンチュキのポスターを貼りだし、当日は朝からポンチュキがお目当てのお客さんで賑わいます。

 

どれだけの量を食べる?

ポーランド人はこの日、一体どれほどのポンチュキを食べるのでしょうか。

グーグルで調べると、一人

平均2.5個

だそう。スーパーでよく見かけるポンチュキの大きさは、日本に売っている手のひらサイズのドーナツと変わらないので意外と少ないと思いました。

ちなみにポンチュキは約250〜500キロカロリー。油っこくはないですが、甘さが強いのであまりパクパク食べられるものでもありません。

でも2.5個は何かの間違いかと思うくらい少ないです。だって、食べ放題の日ですよ。もっと食べてほしいです…。

 

アメリカでのポンチュキ

アメリカのポンチュキ

アメリカのポンチュキ

ところで、ポーランド系アメリカ人が作るポンチュキがポーランドのポンチュキと違っていて問題となっています。

真ん中に穴を開けてしまったり、チョコレートやキャンデースプリングをトッピングしてしまったり、フィリングにはカスタードクリームやチョコレートクリームを入れってしまったりと、もうポンチュキの原型をとどめていません。

美味しそうに見えませんよね…。

このようなポンチュキは主にポーランドコミュニティーが栄えた街で見受けられますが、やはりポーランド系アメリカ人を中心として食べられているようす。

そんな事実を夫に教えると…

私の夫
彼らはもう、アメリカ人だからしょうがないよ(苦笑)

.
まあ、それもそうですが… (^^;)

 

ポンチュキのレシピ

お義母さんオリジナルのポンチュキレシピを教えてもらいました!

お母さんから教わったポンチュキの作り方

2016.02.10

.

旦那の実家にて

夫の実家にて

今年(2015年)は2月15日が脂の木曜日でした。

そういえば、去年の脂の木曜日では、ワルシャワ空港でポンチュシェと呼ばれるひと口サイズのポンチュキが無料で食べられるようになっていましたよ (^_^)

ポーランド航空でも、脂の木曜日にはポンチュキが配られるようです!

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆
あやか
この記事が役立ったら、イイネ!をお願いします。FBページではここには載せていないポーランド最新情報や注目の記事更新情報をお届けします ^^


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です